カテゴリー「地域活動」の記事

2015年10月26日 (月)

ワードで作った「オリジナル・ジグソーパズル」を発表・2015桔梗が丘公民館展

 2015.10/24()25()は三重県名張市桔梗が丘公民館で公民館展が開催され、私・水無月生が講師を担当しています3つのパソコンサークル、「イルカパソコンクラブ」「かがやきパソコンサークル」「ひまわりパソコン」サークルが、ワードで手作りしました『オリジナル・ジグソーパズル』の展示発表をして、私たちの展示ブースを訪れていただきました方々にジグソーパズル遊びを楽しんでいただきました。

 ジグソーパズルは小さくコマ切れにした片々(ピース)を組み合わせて画像を完成させるパズルですが、この発表作品はパソコンのワードの上でマウスを使ってピースを移動させて遊ぶという趣向をしました。

今年の発表は3サークル合同で行い、23名で46作品の出展です。作品の素材は、自身が撮影した山や自然の景色、ネットで探したアニメキャラクタや話題の画像・写真等を使っています。そして作品を作り上げていくのは、Microsoftの画像加工ソフト「ペイント」を使って、画像の一部を切り取って「ワード」に貼り付けていきます。作品の出来上りピース数は、10ピースから30ピースぐらいまでとして、短時間で遊んでもらえるように考えました。そして、作品は各自が思い思いにピースの切り口の形を工夫しながら切り取って作り上げています。

2日間の公民館展で私たちのブースには、マウスをはじめて触ったという高齢者の方々から、幼児を連れた家族連れや少年少女まで、幅広い方々に興味をもって訪ねていただき、パズルを楽しんでいただけました。通常のジグソーパズルは厚紙を裁断したピースを組み合わせていく遊びということで馴染んでいますが、このようにパソコンの上で遊ぶという発想はなかったものですから、物珍しさも手伝って「これはこっちや」「それはあそこや」と、ワイワイガヤガヤ遊びの中の大賑わいの騒がしい会場風景でした。

 展示ブースの賑わい振りとサポートしましたサークル員の活躍ぶりの写真を掲載しています。どうぞご覧になっていただければ嬉しく存じます。

 

151024kominkanten0001
【展示ブース設営作業中】・・・メインタイトルの貼り付が完了して、3つのサークルは思い思いのレイアウトを工夫しての飾り付を

151024kominkanten0002
【展示ブース設営完了】・・・設営完了後のパズル操作の調整作業中。パソコン画面を大型モニタに写して、観覧者にもパズルを共に楽しんでいただくようにしました

151024kominkanten0003

【展示会の賑わい風景】・・・たくさんの方が興味を持って集まってきてくれました

《展示ブースを訪ねてくださった方々》
151024kominkanten0101 151024kominkanten0102

【年配の方】・・・担当員の説明を聞きながら操作に挑戦

151024kominkanten0103 151024kominkanten0104

【小学生】・・・この年頃は簡単な説明をしたら、あとは自身でどんどんやってしまいます

151024kominkanten0105 151024kominkanten0106

【パパとママと一緒に】・・・幼児はパパやママが手を添えて一緒に楽しんでくれました

151024kominkanten0107 151024kominkanten0108

【姉妹も一緒に】・・・姉妹で、楽しくほほえましく遊んでいます

151024kominkanten0109

【家族で一緒に】・・・家族そろって一緒に楽しく

151024kominkanten0110 151024kominkanten0111

【主婦も若いお姉さんも】・・・主婦も若いお姉さんも真剣な眼差しで

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月28日 (火)

2015年名張市民囲碁大会に74名参加

2015年度「名張市民囲碁大会」を開催しました。今年で30回目を迎えます。その大会風景をお届けします。 

今年の「名張市民囲碁大会」は、7/26(日)に桔梗が丘公民館で開催しました。名張市内の各地区の公民館で活動しています囲碁サークルの、年一回の合同囲碁競技会ということになります。
 

今年は74名の参加でした。大会は74名を12のリーグに分け、四段以上の「高段位グループ」が4リーグ、「二・三段位グループ」が4リーグ、「初段・級位グループ」が4リーグで、それぞれのグループ内の予選リーグ戦で4局の対局を行います。持ち時間は一人35分です。 

予選を勝ち上がったそれぞれのグループのリーグ1位者の4名は、グループ別に決勝トーナメントを準決勝戦の対局を行い、その後、決勝戦と34位決定戦を行います。決勝トーナメントの持ち時間は一人40分です。 

3つのグループの決勝トーナメントに勝ち上がった方12名には、優勝から4位まで賞品をお渡しします。優勝者には持ち回りの優勝カップと合わせて副賞の賞品を、そして翌年には優勝カップのレプリカをお渡しすることにしています。また準優勝者、3位、4位にも副賞賞品をお渡ししました。
 

大会は、朝845から受付。930より大会開始、1730頃に全てを終了しました。 

今年も暑い夏ですが、囲碁を楽しんでおられる名張市の公民館サークルの皆さんは、丸一日の囲碁三昧を、囲碁を愛する仲間が集まって楽しく過ごしました。私は「桔梗が丘囲碁同好会」所属で参加しました。残念ながら力およばず予選敗退でした。
 

例年この大会は名張市内の各公民館囲碁サークルの代表者で「実行委員会」を作り大会準備から運営までを行っています。また、私はこの実行委員会事務局を担当していまして、対局の組合せわせ、その他の大会関連の事務作業の裏方を引き受けています。そして今年も、各公民館サークルの方々の大活躍のお手伝いのお蔭をもちました、盛会となりました。

150726igotaikai01

【大会会場全景】・・・74名の参加でした

 
150726igotaikai02 150726igotaikai03
(左)【高段位グループの予選リーグ対局(1)】・・・ABリーグ/(対局時計使用・持ち時間35分)

(右)【高段位グループの予選リーグ対局(2)】・・・CDリーグ/(対局時計使用・持ち時間35分)


150726igotaikai04 150726igotaikai05

左)【二・
三段位グループの予選リーグ対局(1)】・・・ABリーグ/(対局時計使用・持ち時間35分)
(右)【二・三段位グループの予選リーグ対局(2)】・・・CDリーグ/(対局時計使用・持ち時間35分)


150726igotaikai06 150726igotaikai07

(左)【初段・級位グループの予選リーグ対局(1)】・・・ABリーグ/(初段のみ対局時計使用・持ち時間35分)

(右)【初段・級位グループの予選リーグ対局(2)】・・・CDリーグ(初段のみ対局時計使用・持ち時間35分)

 
150726igotaikai08

【決勝トーナメント対局(1)】・・・高段位グループ/(対局時計使用・持ち時間40分)

 
150726igotaikai09

【決勝トーナメント対局(2)】・・・二・三段位グループ/(対局時計使用・持ち時間40分)

 
150726igotaikai10
【決勝トーナメント対局(3)】・・・初段・級位グループ

150726igotaikai11
【優勝カップ】…左から高段位優勝カップ、二・三段位優勝カップ、初段・級位優勝カップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月21日 (火)

Excelで「すごろく遊び」を発表・桔梗が丘公民館展

 2014.10/18(土)、19(日)に名張市・桔梗が丘公民館で公民館展が開催されました。私・水無月生が講師を担当しています、「イルカパソコンクラブ」「かがやきパソコンサークル」の2つのサークルが日ごろのパソコン勉強の成果を合同発表しました。テーマはサークルで勉強しましたエクセルで作りましたオリジナル『すごろく遊び』でした。

 この「すごろく」は、地元桔梗が丘住宅地の循環バス路線を一回りするという手づくりすごろくです。名付けて『ぐるーっと桔梗が丘・すごろく遊び』としました。サークルで勉強してきましたエクセルでの関数は、2年余りになり理解度も順調に進んできました。

すごろくは、この関数の使い方をちょっと工夫して、画面上にサイコロを作り、乱数関数でサイコロを振って「さいの目」をだす仕組みです。サイコロ目の数字を入力すると、地図上のバス路線の停留場をコマに仕立てた画像が進みます。近鉄桔梗が丘駅を振出しとして、循環バス路線の各停留場を一回りして、上がりは元の桔梗が丘駅に戻ってきます。ゲームは、このバス路線の内回りと外回りに分かれて、二人で勝ち負けを競うようにしています。

 2つのサークルは、昨年もエクセルの論理関数の「IF関数」で「バイオリズム診断遊び」をしました。理解をするのが難しいIF関数を少しずつではありますが、設定したとおりにデータが処理された時の気持ちよさを味わいながら、発表資料作りを進めてきました。エクセルでの表作りに欠かせない論理関数の理解と活用を通じて、一歩一歩着実にパソコンを楽しんでいます。

 

 公民館展の2日間、観覧にこられました大人から子供さんまで、わが地元の地図を見ながら、「僕の家はここや」「君の家はどこにあるのや」と言いながら、バス路線を回るすごろく遊びに興じていただけました。近年は、「すごろく」を遊ぶ子供たちが少なくなりましたが、この展示を機会にすごろくに馴染んでくれる子供が増えることを期待しています。

 

 

141019sugoroku01 141019sugoroku02
【準備作業中】・・・公民館展開催日の前日、2つのサークルがそれぞれのボードに展示物の設営

141019sugoroku03

【設営完了】・・・展示ブースができあがり。モニタは42インチにして見やすくしました

141019sugoroku04

【すごろく画面】・・・キーボードの「F9」きーを長押しすると、画面上でサイコロが転がります。指を離すと止まり、その時のサイコロの目を入力セルに入力します。すごろくコマは停留場の数を進みます

141019sugoroku05 141019sugoroku06

【すごろくに興じる子供たち】・・・子供はやり方を説明すると、すぐにゲームをはじめられます

141019sugoroku07 141019sugoroku08

【大人も童心にかえってすごろく遊び】・・・キーボードに慣れないおじさん、おばさん方も、操作を簡略化していますのですぐに馴染んでいただけました

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年10月20日 (月)

『オリジナルカレンダー』の展示発表・桔梗が丘公民館展

 2014.10/18()19()は三重県名張市桔梗が丘公民館で公民館展が開催され、私・水無月生が講師を担当しています「ひまわりパソコン」サークルが『オリジナルカレンダー』の展示発表をしました。

 ひまわりパソコンサークルでは、今年の初めよりワードで表操作のお稽古をしています。その一環として、写真と表を組み合わせた自作作品の『2015年オリジナルカレンダー』を展示発表して、観覧に来られたご希望の方に印刷してお渡しすることにしました。

出展しました作品は全部で14点の力作ぞろい。素材はネットよりダウンロードした画像や自身が描いた水彩画等を使っています。そしてワードの表で作ったカレンダーと組み合わせて各自が趣向を凝らしたレイアウトで作り上げています。

展示場では、日本に一つしかないこのオリジナルなカレンダーの中から、お好みのものを選んでいただきましてお渡しするのですが、予想を上回る注文が殺到して印刷をする展示担当者は大わらわ。一旦注文を受け付けてしばらくほかの展示場を観覧してもらってからお渡しするというあり様の賑わいでした。

展示当番の担当者も大忙しでしたが、プリンターは全く休み暇なしの稼働状態で、壊れないかと心配するほどでした。ありがたいことに日本のプリンターの品質は素晴らしい。2日間まったく休む暇なしでも無事お役目を務めてくれました。

そして、会期中の2日間でのカラー印刷は580枚。印刷に使いました用紙は、普通紙よりはちょっといい「マット紙」で紙厚0.13㎜」を使いました。写真用光沢紙だと更に美しくできあがるのですが、マット紙は用紙の上に文字を書き組むことができますのと、比較的に画像の鮮明度も良好なのでこれを選びました。プリンターインクも大容量タイプの6色組をほぼ3パック使いました。

会場は絶え間なく数多くの観覧者で大賑わい、オリジナル作品の人気ぶりにサークル員全員は大満足の2日間でした。無料配付したカレンダーの印刷費用はサークルにとっては出費でしたが、多くの方に喜んでいただけたという満足感の充実との引き換えは貴重なものになっています。

141019calendar01 141019calendar02
(左)【展示準備作業中】・・・メインタイトルの貼り付が完了して、まわりの飾り付はどのようにしようかと、みんなであれこれ思案中 

(右)【展示会場設営完了】・・・サンプルのカレンダーを貼り付けて、パソコンと大型モニタ、プリンターの配置も完了

141019calendar03
【展示会の雰囲気】・・・子供たちは興味を持って集まってきてくれました

141019calendar04

【カレンダー作品の印刷受付】・・・質問に答えて担当者が説明して、印刷注文を受け付け

141019calendar05
【カレンダー作品の印刷中】・・・展示担当が印刷作業中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月24日 (木)

『ポップん笑句』の2回目の発表会・桔梗が丘公民館展

 10/19()20()は三重県名張市桔梗が丘公民館で公民館展が開催され、私・水無月生が講師を担当しています「ひまわりパソコン」サークルが『ポップん笑句』の発表をしました。

 ひまわりパソコンサークルでは、写真を使った作品つくりのお稽古をしています。その一環として、写真と川柳を組み合わせたお遊び『ポップん笑句』を、今年の発表テーマとしました。

出展しました作品は「ひまわりパソコン」から14点、館外サークルの「つくしの会」から3点の応援出展、それに講師のデモ用作品3点の合計20点でした。この2日間の主役はひまわりパソコン。14点の出展作品には作品ポスターを作りまして、観覧に来られましたお客様にポスターから見たい作品を選んで、リクエストしていただくように進めました。

 

『ポップん笑句』は写真を動画風にストーリづくりをしたショートムービーと、『ポップん』という感じでとび出す川柳を『オチ』にして、1分程度に編集して発表しています。会場には絶え間なく数多くの観覧者を迎えることができました。そして、軽やかな笑いの雰囲気が溢れる中で、楽しく遊んでいただけましたことは嬉しいことでした。

 

 デジカメとパソコンを活用したパソコン操作スキル向上へのお手伝いができます『ポップん笑句』が、お陰さまでこのように楽しい発表会で披露することができました。 興味を持たれました方は、どうぞ、次の中からご覧になりたい作品名をクリックして、「Youtube」でお楽しみください。

 

(ひまわりパソコンサークル作品)

おねがい  ★キョロキョロ家族旅行 ★野球好き
フルムーンインハワイ  ★ママの誕生日

やっぱりね  ★会津磐梯山  ★学習にいったけど

よく食べてよく遊ぶ  ★ちまき ★春になれば

今日は楽しいお祭り  ★一石二鳥  ★

 

(応援出展・つくしの会の作品)

元の木阿弥  ★電化製品と会話  ★どこかな?

 

(デモ用の講師作品)

あれこれと  ★いまどき女房殿  ★じいちゃんのプライド

 

(写真はクリックで拡大します)
131019poppun01 131019poppun02
(左)【準備作業中】・・・公民館展開催日の前日の展示物設営。あれこれワイワイ騒がしく 

(右)【設営完了】・・・展示ブースができあがり試写中。モニタは42インチで雰囲気を盛り上げます

131019poppun03
 

【賑やかな展示ブース(1)】・・・モニタの前はひっきりなしに観覧者が訪れました

131019poppun04
 

【賑やかな展示ブース(2)】・・・親子そろっての家族連れにも楽しんでいただけました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

Excelで「バイオリズム診断遊び」を発表・桔梗が丘公民館展

 名張市・桔梗が丘公民館での公民館展が10/19(土)、20(日)に開催されました。私・水無月生が講師を担当しています、「イルカパソコンクラブ」「かがやきパソコンサークル」の二つのサークルが合同発表しました。テーマはサークルで勉強しましたエクセルで作りました『あなたのバイオリズムを診断します』でした。

 サークルで進めていますエクセルでは、関数を勉強しています。今年のテーマとしました「バイオリズム」は「日付関数」「IF関数」「検索関数」を主に使います。これらの関数を使って、生年月日に応じたバイオリズム値を計算して、バイオリズムの「身体リズム」「感情リズム」「知性リズム」を診断値として表示するとともに、診断水準と診断に対するコメントを表示し、リズム曲線をグラフ表示するものです。

 二つのサークル員の方々はこのテーマを始めるときには、エクセルでの論理関数といわれています「IF関数」にはなじみが少なかったのですが、苦しさと楽しさの混在する中でその面白さを見い出し、データ処理の快感に浸りながらの勉強が進んできました。そして、公民館展での展示発表の日を迎えることになりました。

 

 公民館展の2日間、観覧にこられました方には、自分や家族の診断をしてその日の体調とか、1か月先までの体調予想を行って、ワイワイガヤガヤの楽しい雰囲気を過ごしていただきました。 また、診断結果データは、お持ち帰りの印刷サービスも行いました。

 

このブログをご覧になって、『あなたのバイオリズムを診断します』を実際に遊んでみたいと思われる方は、次よりダウンロードしてください。

(Excelでバイオリズム診断)

       ・・・「シニア青年・水無月生」HPへ

 

(写真はクリックで拡大します)
 

131019bio01_2 131019bio011
【準備作業中】・・・公民館展開催日の前日はみんなで協力して、展示物の設営です 

131019bio02
【設営完了】・・・展示ブースのできあがり。モニタは32インチにして見やすくしました

131019bio03 131019bio04

(左)【賑わいの展示ブース】・・・バイオリズム診断は椅子に座って順番待ちです 

(右)【診断結果を見くらべて】・・・印刷した診断結果を見くらべて話がはずむ

131019bio05 131019bio06

(左)【楽しみながら入力(1)】・・・子供たちも興味を持って入力をしました 

(右)【楽しみながら入力(2)】・・・ 高齢者にはサークル員が入力のサポートを

131019bio07

Excel画面】・・・バイオリズムの診断画面。誕生日とバイオリズム開始日をリスト入力します。診断数値と診断水準、コメントを表示。リズム曲線をグラフ表示しています。診断結果は印刷サービスしました

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月27日 (土)

デジタルフォトフレームでスライドショー発表・桔梗が丘公民館展

 名張市・桔梗が丘公民館展(10/21・22開催)の発表会報告第2報です。公民館で水無月生が担当講師をしています3つ目のパソコンサークル「ひまわりパソコンサークル」の今年の展示発表テーマは、『デジタルフォトフレームを楽しんでね』でした。
 デジタルフォトフレームを使ってデジカメ撮影した写真を気軽にスライドショー鑑賞されていますのは一般によく見かけます。今回サークルで展示発表しましたのはちょっと手を加えて、スライドにストーリーを付けてBGMと共に再生することにしました。

 スライドを作るにあたっての課題は次のようなこととしました。
(1)スライド写真は15枚から18枚程度とすること ・・・ スライド再生時間は1分30秒以内としました(5秒/写真1枚)
(2)スライド写真にはストーリー効果を考えること
(3)スライドの情景に合わせてBGMを挿入する
(4)スライドのタイトルとシーンに応じたコメントを挿入する

 これらの課題を作品に組み込むためには、写真を撮影するときにもストーリーを描いてやらなければなりません。また、BGM選定にもいろんな音楽をCDで聞きながらそれなりに時間を使うことになります。
 そして、作品として仕上げていく段階になりますと、写真と音楽の保存するフォルダ管理方法、写真の閲覧操作とコピー貼付け操作、音楽CDからの取り込み操作、画像編集ソフト「ペイント」の操作等を一つひとつ着実に進めていきます。これらの過程を経てサークル員一人ひとりは、パソコン操作の基本と応用をしっかりと習得していくことになりました。

 このような工夫と努力のおかげで個性あふれた作品ができあがり、一人1作品の合計8作品を発表することができました。そして、展示ボードには各自が作成した作品を紹介するポスターを貼り付け、観覧者にリクエストしていただいて再生することにしました。
 訪れていただきました数多くの観覧者には、それぞれの作品の出来上りに感心と感動を持って評価していただけました。サークル員の皆さんは、パソコン操作の腕が上がったことの嬉しさと合わせて充実感を存分に味わったことと思います。

121022dpfhappyo01 121022dpfhappyo02
(左)【設営準備作業中】・・・ 掲示物のレイアウトはあれこれ意見を出し合いながら熱が入ります
(右)【設営完了】・・・ デジタルフォトフレームが勢揃い


121022dpfhappyo03
【賑わいの展示ブース】・・・ 次々と観覧者が興味を持って覗き込んできます

121022dpfhappyo04
【スライドショーの鑑賞】・・・ 作品一つひとつをリクエストして鑑賞してくれました

121022dpfhappyo05
【スライドショー作成教材の一つ】・・・ この作成手順系統図をもとに、個別の操作教材で具体的に作品作りを進めます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月23日 (火)

Excelで遊ぶ「この日はどんな日」・桔梗が丘公民館展

 Excelで日付に関する表示方法、関数等を使って、誕生日の話題を集計する遊びをして楽しみました。
 10/20(土)、21(日)は名張市桔梗が丘公民館の公民館展が開催されました。展示部門で、私・水無月生が講師を担当しています2つのパソコンサークルが合同で、このExcel遊びを発表して、観覧に来られた数多くの方々に楽しんでいただきました。お蔭で、ワイワイガヤガヤと賑わいと騒がしい発表会を終えることができました。
 Excelでの日付に関する遊びは次のようなことをやりました。
(1)まず、自分の誕生日の元号と年月日を入力してもらいます
(2)入力した元号年月日から次のことを表示します
 ・和暦の誕生日
 ・西暦に換算した誕生日
 ・誕生した日の「曜日」・・・これを知っている人はほとんどありませんでした
 ・今日現在の「満年齢」と「数え年」
 ・誕生から今日までの日数・・・これも意外性があって興味を持ってもらいました
(3)誕生した「月日」にあった事柄を表示
 ・同じ日に起こった世界の歴史上の事柄
 (例えば10/21の場合)・・・“マゼラン海峡発見(1520)”、“エジソンが日本の竹を使った電球を発明(1879)”
 ・同じ日に生まれた有名人
 (例えば10/21の場合)・・・徳川吉宗(1684)、 A・ノーベル(1833)、 白川由美(1936)
 ・誕生花と花言葉
 (例えば10/21の場合)・・・誕生花:あざみ  花言葉:独立

 観覧に来られました方には、自分や家族の誕生日を入力して表示された項目にちょっとした驚きと感動を持っていただきました。また、このデータ表を印刷してお渡ししまして、喜んでいただきましたことは嬉しいことでした。

 展示発表しましたパソコンサークルは、「イルカパソコンサークル」と「かがやきパソコンサークル」です。公民館展は、サークルの勉強の成果を発表する良い機会となっているのですが、今年は幅広いExcelの中から日付に関することをテーマとして「この日はどんな日」というタイトルで取り組みを進めてきました。
 Excelでの日付のいろんな表示の仕方、年令計算の関数の使い方等を、頭をひねって勉強。また、日付毎の世界の出来事や有名人の誕生日等のデータの整理と検索関数の使い方。これらそれぞれは、発表会に向けてのサークル活動で、Excelのステップアップがまた一つ進んでいったことでしょう。

121022excelasobi01
【準備作業中】・・・掲示物はレイアウトを考えながら念入りに

121022excelasobi02
【設営完了】・・・展示ブースが出来上り。モニタには46インチの大型テレビを使いました

121022excelasobi03
【賑わいの展示ブース】・・・人だかりが絶えず大いに賑わいました

121022excelasobi04 121022excelasobi05
(左)【入力を楽しむ観覧者(1)】・・・若い子は自分で入力ができます
(右)【入力を楽しむ観覧者(2)】・・・年配者はサークル員がサポート


121022excelasobi061
【Excel画面】・・・「この日はどんな日」の画面。「元号と年月日」をリストから選んで入力します。和暦と西暦の誕生日、曜日、満年齢、数え年、生まれてから今日までに日数、そして「この日はどんな日」の出来事、同じ誕生日の有名人、誕生花と花言葉を表示します

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月19日 (火)

岡寺駅周辺を歩く(2)…丸山古墳編

 午前中の散策は「益田岩船編」でした。そして、午後は一旦岡寺駅へ戻り近鉄線踏切を渡り東側方面へ進みました。
 県道多武峰見瀬線のだらだら上り坂を1.3㎞ほど歩き「菖蒲池古墳」へ。菖蒲池古墳は五条野古墳群の東端に位置します。墳丘は封土がほとんど流出して石室の天井石が露出状態。古墳の形や規模がはっきりしない保存状態なのが残念です。
 ・「菖蒲池古墳」は飛鳥にある古墳の中でも謎の多い古墳の一つといわれている。菖蒲池古墳は藤原京の朱雀大路の南延長線上に築かれている。いわゆる「聖なるライン」といわれている天武・持統合葬陵や中尾山古墳、高松塚古墳、文武天皇陵、キトラ古墳と、同じ南北線上に並んでいるのが興味を一層持たせてくれます。築造時期は7世紀中頃と推定。被葬者は不明で、蘇我倉山田石川麻呂との説があるそうです。

120607okaderast_10 120607okaderast_11
(左)【菖蒲池古墳頂部】…右奥の覆い屋が石室
(右)【菖蒲池古墳石室】…保護柵の間からカメラを差し込んで撮影。室内の保存状態は良くないようだ

 菖蒲池古墳より北西方面へ約1㎞、次の目的の「植山古墳」へ。この植山古墳は2000年に発掘調査されているのですが、2012年6月の今になっても現場全体は覆いシートをかぶせられたまま。なぜ、そのままの状態が続いているのでしょうかね。
・「植山古墳」は推古天皇とその子・竹田皇子の合葬墓と考えられ、横穴石室が2基の双室墳。推古天皇はその後、太子町の山田高塚古墳に改葬されている。

120607okaderast_12
【植山古墳】…発掘後12年を過ぎても、このようにシートで覆われて保管されている。古墳の向こう左側には二上山が、正面に畝傍山が望める

 そして、植山古墳のすぐ西へ、午後の散策のメインテーマの「丸山古墳」へ向かいました。
 ・「丸山古墳」は前方後円墳ですが、余りにも大きすぎて長い期間、前方部は単なる丘陵と思われていました。そのため古墳名が「丸山古墳」と呼ばれてきました。それが、昭和30年ころの航空写真で初めて前方後円墳と認識されたそうです。
 ・丸山古墳の規模 … 超ど級古墳といえる。
    全長:318m 高さ:21m 
    前方部(長さ:163m 幅:210m 高さ:15m)
    後円部(直径:155m 高さ:21m)
    大きさ比較:奈良県最大 全国6位 
 ・石室の大きさ … 100トンを超える天井石もあり、全長:28.4mで全国1位の大きさ。石舞台古墳の19.1mをもはるかに超える大きさ/石舞台は蘇我馬子の墓・馬子の父親は蘇我稲目で堅塩媛(きたしひめ)とは兄妹。石棺は刳抜式家形が2基。
 ・築造時期 … 6世紀末~7世紀初め
 ・被葬者 … 欽明天皇と堅塩媛(きたしひめ・欽明帝妃・推古帝の母・父は蘇我稲目)が有力とされています。もう一つの考えは、蘇我稲目と堅塩媛の父子

120607okaderast_13
【丸山古墳・後円部(1)】…南側より見た後円部側面

120607okaderast_14
【丸山古墳・後円部(2)】…前方部(西側)より見た後円部。前方部には通常なら腰の高さぐらいの雑草に覆われているそうですが、この日はきれいに刈り取られたあとでしたので、極めていい眺めとなっていました。7/8(日)にNHKで丸山古墳のドキュメントが放送される予定らしくて、この取材で刈取りがあったのでしょう。私たちはラッキーな訪れでした。

120607okaderast_15
【丸山古墳・前方部】…後円部側より前方部を見る。前方部の向こうの方の樹木のところに点のように小さく見える人影を比較して、前方部の大きさを感じ取ってください。正面向うに畝傍山が、右端の方に耳成山が見える
120607okaderast_16
【丸山古墳・周濠】…古墳北側の周濠側より古墳の北側面を見る

 丸山古墳のような規模の前方後方墳の墳丘上より、古墳の全貌を眺めるのは初体験でしたので本当に有意義だったと感じています。その興奮を残しながら、この日の最終ポイントの「軽島豊明宮」へ。そしてこの日の3つ目の「大軽春日神社・万葉歌碑」を朗詠しました。

120607okaderast_17 120607okaderast_18
(左)【軽島豊明宮】…応神天皇の宮。古事記では軽島の明宮(かるしまのあきらのみや)とあります
(右)【大軽春日神社・万葉歌碑】
    
(あま)飛ぶや 軽の社(やしろ)の 斎(いは)ひ槻(つき)
      幾代まであらむ 隠
(こも)り妻ぞも  《 作者未詳 》

 このあとは、橿原神宮駅までの残りの道を1㎞ほど歩いて帰路につきました。午前と午後の全歩行距離は約9㎞でした。
 ●午前の部の「岡崎駅周辺を歩く(1)…益田岩船編」はここからどうぞご覧下さい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月12日 (火)

岡寺駅周辺を歩く(1)…益田岩船編

 6/7(木)は飛鳥の岡寺駅周辺を歩きました。桔梗が丘公民館学習サークル・万葉の会の6月例会でした。この日の参加者は43名、天候は晴れ、近鉄岡寺駅に10:02着。
 そして岡寺駅前を西へすぐ、「牟佐坐(むさにます)神社」へ。境内への鳥居の横にこの日の目的の万葉歌碑が。「柿本人麻呂の妻死(つまみまか)りし後に泣血(いき)ち哀慟(かなし)みて作れる歌」が揮毫されている。全員そろって朗詠。

120607okaderast_01 120607okaderast_02
(左)【牟佐坐神社】… 壬申の乱で大海人皇子軍が金綱井での戦いの時、高市許梅
(たけちのこめ)に、身狭社(むさ)の生霊神が神がかりして勝利に導いたということでこの地に祀られたという
(右)【柿本人麻呂の万葉歌碑】…「人麻呂の妻死
(つまみまか)りし後に泣血(いき)ち哀慟(かなし)みて作れる歌」
 『わが恋ふる 千重
(ちえ)の一重(ひとえ)も 慰(なぐさ)もる
 
 情(こころ)もありやと 吾妹子(わがもこ)が 止まず出で見し
 軽の市に わが立ち聞けば 球襷
(たまだすき) 畝傍の山に
  鳴く鳥の 声も聞えず 球鉾
(たまほこ)の 道行く人も
   一人だに 似てし行かねば すべをなみ
    妹
(いも)が名喚(なよ)びて 袖そ振りつる』

牟佐坐神社を参拝して、その裏にある沼山古墳へ。そして古墳丘陵内のこの日の二つ目の万葉歌碑、「中大兄皇子の詠んだ大和三山の歌」を再び朗詠。

120607okaderast_03 120607okaderast_04
(左)【沼山古墳石室の前】… 築造は6世紀後半頃。渡来系東漢氏の族長クラスが眠る奥津城だったようです
(右)【沼山古墳石室内部】…石室は柵で仕切られていて内部は真っ暗。柵の隙間から撮影

120607okaderast_05
【中大兄皇子の万葉歌碑】…「中大兄皇子の詠んだ大和三山の歌」
  『香具山は 畝火ををしと 耳梨と 相あらそひき
     
神代より かくにあるらし 古昔(いにしへ)も 
      然
(しか)にあれこそ うつせみも
        嬬
(つま)を あらそふらしき』

 その次は、そのまた西の石船山(いわふねやま)へ。木立の覆い繁った林間道を標高130mほど登ると、そこだけが今までの雑木林が竹藪になっていました。その藪に「益田岩船」といわれる巨石が現れたのです。
 この巨石、外回りは格子状に刻んで仕上げた凹凸が、そして頂部はきれいに彫り刻んだ2つの四角い浴槽のような開口部があります。開口は1.6m四方、深さ1.3m。石の大きさは11m×8m×高さ4.7m、推定800トンの造りもの。誰が何の目的で造ったのか、また、どのようにしてこの山に運んだのか、謎はまだ解明されていないそうです。
 飛鳥には「亀石」等の特異な石造物があちこちに見られますが、その中でもこの「益田岩船」は最大の石造物といえます。

120607okaderast_06 120607okaderast_07
(左)【木立の中、石舩山を登る】
(右)【竹藪内の益田岩船】… 巨石の存在は江戸時代から知られていて、「大和名所図絵」にも描かれている。築造時期や用途も不明

120607okaderast_08
【益田岩船の側面】…格子状に刻んで仕上げた凹凸がよくわかる

120607okaderast_09
【益田岩船の頂部】…石の大きさは11m×8m×高さ4.7m、推定800トン。四角い開口は四方が1.6m、深さ1.3m

 益田岩船の規模に圧倒されて、山を下り沼山古墳公園へ。そこで昼食としました。
…… (午後は、岡寺駅東方面の丸山古墳などを見物に行きました。このあと発行の6/19付ブログ「岡寺駅周辺を歩く(2)…丸山古墳編」をご覧ください) ……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧