カテゴリー「家族」の記事

2017年10月31日 (火)

わが家の猫ちゃんの旅立ち

わが家のかわいい猫が、2017.10.30夕方この世を去りました。今日まで何一つ病気らしきものを患うことなく元気に過ごしてきて、195か月の長寿を全うしました。よくもこれだけの長生きができたものだと喜んでいる半面、いま、家族でこの別れを深い悲しみと涙をしています。声をかければいつものように、いまにも起きてきて「ニャ~ン」と返事をしてくるような寝顔していまして、愛おしさが一層です。昨夜は、私の枕もとに亡骸を寝かせて一緒に就寝しました。今日は一日家族と過ごして、明日、火葬にふします。

名前は「春日(はるひ)」で、通称は「はるちゃん」でした。貴婦人のような容姿の気品のある子でした。若いころはほとんど毎日、庭に出て遊ぶのが好きでした。しばらく遊んだ後は必ず帰ってきて、閉まっているサッシュのガラス戸と網戸を、両手で一生懸命引っ張って開いて室内へ入ってきました。また、室内にいるときは、窓の外を見るのが好きで、じっと飽きることなくあちこちに興味の視線を送って過ごしていました。

思い出の写真集を作りました。ご覧いただければ嬉しいです。

Photo_2





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月26日 (月)

ワードで作った「オリジナル・ジグソーパズル」を発表・2015桔梗が丘公民館展

 2015.10/24()25()は三重県名張市桔梗が丘公民館で公民館展が開催され、私・水無月生が講師を担当しています3つのパソコンサークル、「イルカパソコンクラブ」「かがやきパソコンサークル」「ひまわりパソコン」サークルが、ワードで手作りしました『オリジナル・ジグソーパズル』の展示発表をして、私たちの展示ブースを訪れていただきました方々にジグソーパズル遊びを楽しんでいただきました。

 ジグソーパズルは小さくコマ切れにした片々(ピース)を組み合わせて画像を完成させるパズルですが、この発表作品はパソコンのワードの上でマウスを使ってピースを移動させて遊ぶという趣向をしました。

今年の発表は3サークル合同で行い、23名で46作品の出展です。作品の素材は、自身が撮影した山や自然の景色、ネットで探したアニメキャラクタや話題の画像・写真等を使っています。そして作品を作り上げていくのは、Microsoftの画像加工ソフト「ペイント」を使って、画像の一部を切り取って「ワード」に貼り付けていきます。作品の出来上りピース数は、10ピースから30ピースぐらいまでとして、短時間で遊んでもらえるように考えました。そして、作品は各自が思い思いにピースの切り口の形を工夫しながら切り取って作り上げています。

2日間の公民館展で私たちのブースには、マウスをはじめて触ったという高齢者の方々から、幼児を連れた家族連れや少年少女まで、幅広い方々に興味をもって訪ねていただき、パズルを楽しんでいただけました。通常のジグソーパズルは厚紙を裁断したピースを組み合わせていく遊びということで馴染んでいますが、このようにパソコンの上で遊ぶという発想はなかったものですから、物珍しさも手伝って「これはこっちや」「それはあそこや」と、ワイワイガヤガヤ遊びの中の大賑わいの騒がしい会場風景でした。

 展示ブースの賑わい振りとサポートしましたサークル員の活躍ぶりの写真を掲載しています。どうぞご覧になっていただければ嬉しく存じます。

 

151024kominkanten0001
【展示ブース設営作業中】・・・メインタイトルの貼り付が完了して、3つのサークルは思い思いのレイアウトを工夫しての飾り付を

151024kominkanten0002
【展示ブース設営完了】・・・設営完了後のパズル操作の調整作業中。パソコン画面を大型モニタに写して、観覧者にもパズルを共に楽しんでいただくようにしました

151024kominkanten0003

【展示会の賑わい風景】・・・たくさんの方が興味を持って集まってきてくれました

《展示ブースを訪ねてくださった方々》
151024kominkanten0101 151024kominkanten0102

【年配の方】・・・担当員の説明を聞きながら操作に挑戦

151024kominkanten0103 151024kominkanten0104

【小学生】・・・この年頃は簡単な説明をしたら、あとは自身でどんどんやってしまいます

151024kominkanten0105 151024kominkanten0106

【パパとママと一緒に】・・・幼児はパパやママが手を添えて一緒に楽しんでくれました

151024kominkanten0107 151024kominkanten0108

【姉妹も一緒に】・・・姉妹で、楽しくほほえましく遊んでいます

151024kominkanten0109

【家族で一緒に】・・・家族そろって一緒に楽しく

151024kominkanten0110 151024kominkanten0111

【主婦も若いお姉さんも】・・・主婦も若いお姉さんも真剣な眼差しで

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月16日 (日)

森のレストランで家族そろって食事

 お盆休みの8/14()、息子夫婦と娘が帰ってきて、孫が合わせて三人に私たち老夫婦は、「森のレストラン・アーチ」へ行きました。このレストラン、ピザ料理がおいしいと評判で、三重県名張市の青蓮寺湖(しょうれんじこ)湖畔の森の中にあります。久し振りの家族そろっての楽しい昼食時間を過ごしました。勿論、私たち夫婦は「じじバカ、ばばバカ」ですので、孫たちの食べるは食べるはの食欲といろんな仕草で十分満足するとともに、ピザも美味しくいただきました。

 青蓮寺湖は、三重県の名張川上流の青蓮寺川(しょうれんじがわ)に作られたダムによってつくられました人造湖です。ダムの上流は香落溪(こおちだに)という溪谷がありまして、ご存知の方もおられると思います。青蓮寺ダムは1970年に竣工したアーチ式ダムで、堰堤の高さは82mあります。

 

150816forestr01
【青蓮寺湖】・・・向うに見える赤い橋は弁天橋

150816forestr02 150816forestr03

(左)【レストラン外観】・・・「森のレストラン・アーチ」/丸太づくりがよい雰囲気を作っています
(右)【レストラン内部】・・・一番奥のテーブルが私たち家族

150816forestr04

【レストランの外の風景】・・・周囲は山々、森に囲まれています

150816forestr05

【孫の食欲(1)】・・・111か月/食欲モリモリ

150816forestr06

【孫の食欲(2)】・・・36か月/この子も食欲モリモリ

150816forestr07

【孫の食欲(3)】・・・7歳、小学2年生/この歳になるとちょっと大人びて落ち着いて食べています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月21日 (火)

Excelで「すごろく遊び」を発表・桔梗が丘公民館展

 2014.10/18(土)、19(日)に名張市・桔梗が丘公民館で公民館展が開催されました。私・水無月生が講師を担当しています、「イルカパソコンクラブ」「かがやきパソコンサークル」の2つのサークルが日ごろのパソコン勉強の成果を合同発表しました。テーマはサークルで勉強しましたエクセルで作りましたオリジナル『すごろく遊び』でした。

 この「すごろく」は、地元桔梗が丘住宅地の循環バス路線を一回りするという手づくりすごろくです。名付けて『ぐるーっと桔梗が丘・すごろく遊び』としました。サークルで勉強してきましたエクセルでの関数は、2年余りになり理解度も順調に進んできました。

すごろくは、この関数の使い方をちょっと工夫して、画面上にサイコロを作り、乱数関数でサイコロを振って「さいの目」をだす仕組みです。サイコロ目の数字を入力すると、地図上のバス路線の停留場をコマに仕立てた画像が進みます。近鉄桔梗が丘駅を振出しとして、循環バス路線の各停留場を一回りして、上がりは元の桔梗が丘駅に戻ってきます。ゲームは、このバス路線の内回りと外回りに分かれて、二人で勝ち負けを競うようにしています。

 2つのサークルは、昨年もエクセルの論理関数の「IF関数」で「バイオリズム診断遊び」をしました。理解をするのが難しいIF関数を少しずつではありますが、設定したとおりにデータが処理された時の気持ちよさを味わいながら、発表資料作りを進めてきました。エクセルでの表作りに欠かせない論理関数の理解と活用を通じて、一歩一歩着実にパソコンを楽しんでいます。

 

 公民館展の2日間、観覧にこられました大人から子供さんまで、わが地元の地図を見ながら、「僕の家はここや」「君の家はどこにあるのや」と言いながら、バス路線を回るすごろく遊びに興じていただけました。近年は、「すごろく」を遊ぶ子供たちが少なくなりましたが、この展示を機会にすごろくに馴染んでくれる子供が増えることを期待しています。

 

 

141019sugoroku01 141019sugoroku02
【準備作業中】・・・公民館展開催日の前日、2つのサークルがそれぞれのボードに展示物の設営

141019sugoroku03

【設営完了】・・・展示ブースができあがり。モニタは42インチにして見やすくしました

141019sugoroku04

【すごろく画面】・・・キーボードの「F9」きーを長押しすると、画面上でサイコロが転がります。指を離すと止まり、その時のサイコロの目を入力セルに入力します。すごろくコマは停留場の数を進みます

141019sugoroku05 141019sugoroku06

【すごろくに興じる子供たち】・・・子供はやり方を説明すると、すぐにゲームをはじめられます

141019sugoroku07 141019sugoroku08

【大人も童心にかえってすごろく遊び】・・・キーボードに慣れないおじさん、おばさん方も、操作を簡略化していますのですぐに馴染んでいただけました

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年9月17日 (火)

爺さんの幸せのひととき

74歳の爺さんの幸せのひととき」2題のご披露です。

(その1) 
川崎から娘夫婦と5歳の孫娘がこの3連休に里帰りしてきました。そして、爺さんと同じ桔梗が丘に住んでいます息子夫婦と17か月の孫娘も訪ねてきました。01

 その日の夕方、爺さんは孫娘二人と風呂に入りました。大変なことです。二人の体を洗って、頭も洗って、と風呂場は上を下への大騒ぎで大わらわの活躍の340分ほどでした。

 洗い終わって二人を家族に引き渡して、爺さんの本来の入浴になりましたが、湯船につかってゆっくりしてきますと、しみじみと浸ってくる幸せに感じ入るひとときでありました。

 

(その2) その翌日の日曜日は、家族そろって「伊賀の里・モクモク手づくりファーム」へ。台風が迫ってくる前日のこと、雨が降ったりやんだり、時には激しく降ることも。屋外の遊びは全くできませんので、レストランへ直行。ここで、バイキング昼食をとりました。ばあさんともども、二人の孫娘のしぐさに「じじバカばばバカ」そのままに、喜んだり笑ったりのこれもまた幸せなひとときでした。

 そして、みんなが引き揚げてしまった今日は、また年寄り二人だけ。台風も過ぎ去ったことと重なって、嵐のあとの静かな家の中ですが、これもまた幸せなのでしょうね。

 

02 03

【バイキング昼食(1)】・・・5歳と17か月の孫娘

 04
【バイキング昼食(2)】・・・戯れて楽しんでいる二人の孫娘

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月12日 (金)

安産祈願を帯解寺で

息子の嫁が二人目の孫を懐妊しましたので、4/11()に「帯解寺」で安産の祈願をしてきました。昔から妊婦は安産のために5ヶ月目の戌の日にお腹を冷やさないように腹帯を巻くことにしているのですが、その腹帯にお寺のご朱印をもらい、お札をいただいてきたのでした。

嫁と12か月の孫娘と私たち老夫婦の4人は、10時過ぎにお寺に到着。持って行った「さらしの腹帯」と共に祈祷をしていただきました。お寺の境内は八重桜が満開、ソメイヨシノは満開を過ぎて花と葉が混じった美しさという状態の、気持ちのいい花見もさせていただきました。

出産予定日は106日。祈祷してもらいました腹帯は、426日の戌の日に巻き始めることにしています。

 

 奈良市の南の端(昔の平城京の南端)の帯解に「子安山・帯解寺」がありまして「本尊帯解子安地蔵菩薩」がお祀りしてあります。1000年ほど前の昔に、55代文徳天皇の皇后が春日明神のお告げにより懐妊祈願を帯解子安地蔵菩薩にされまして、惟仁親王(これひと親王・のちの清和天皇)を無事授かったといわれています。そして天皇より「帯解寺」の寺号を賜っています。 

 江戸時代には二代将軍秀忠の正室お江もこの地蔵菩薩に祈願して、竹千代丸(三代将軍家光)の安産になったとか、また、三代将軍家光の側室の御楽も同様に祈願して四代将軍家綱の安産になっているそうです。 

 そして、美智子皇后陛下をはじめ、雅子妃殿下、秋篠宮紀子妃殿下の方々の皇室の安産法要は、この帯解寺にて行われるようになっているそうです。

 

130411obitokedera01 130411obitokedera02
(左)【帯
解寺】・・・本尊帯解子安地蔵菩薩がお祀りしてあります
 

(右)【香をお供え】・・・香をお供えしてから本堂へ上がりました。本堂は撮影禁止のため祈祷での写真が撮れませんでした

130411obitokedera03
【桜とその向うの本堂】・・・ソメイヨシノは盛りを過ぎていましたが、花と葉の美しさがありました
 


130411obitokedera04 130411obitokedera05
(左)【境内の八重桜】・・・八重桜は満開
 

(右)【12か月の孫娘と桜】・・・この孫娘も2年前にお腹の中で、祈願をして授かっています

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月15日 (金)

バレンタインは『おはぎ』のプレゼントをもらう

2/14はバレンタインデー。息子の嫁が、“チョコ―レートではなく『おはぎ』を持ってきたよ”、といってプレゼントをしてくれました。北海道十勝産小豆の『こだわりおはぎ』で甘さ控えめのシールが貼っていました。

おはぎは2つ入っていましたので、翌日に女房と一つずつ仲よくいただきました。確かに甘さが控えめで、ヘルシーな印象で美味しく味わい、また、家族のさわやかな愛情をも味わいました次第でした。

 

バレンタインデーはチョコレートをプレゼントする風潮となっていますが、私たちの年代のまだ若かりし20歳代の頃はそのようなことは少なかったです。そういう話は知っていましたが、一部のものがたまにそのようなことをしていましたが、そんなに行われていなかったように思います。

それが、記憶では1970年代になってからでしょうか、製菓メーカの商業政策に乗せられて、今やすっかり生活文化に取り入れられてしまったようですね。セント・バレンタインさんは、遠い昔のあの世から今の日本のこのような風潮を、どのようにご覧になっているのでしょうかね。男女が仲よく幸せに付き合いをする手段としてうまく活用していることで、喜んでおられるのではないかと思っています。

世の中いつの時代でも、その時勢によってそれなりの庶民文化が開花するものですが、こののち時代を経てどのように変化していくのでしょうかね。

 

130215valentine01 130215valentine02
(左)【バレンタインのプレゼント】・・・チョコレートではなくて『おはぎ』をもらいました
(右)【甘さ控えめ】・・・キャッチフレーズが目にとまって買ったそうです

130215valentine03
【いただきます!!!!!】・・・女房と一つずつ仲よくいただきました

130215valentine04
【ごちそうさま】・・・はい、家族の愛情を感じながら、美味しく味わいました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

孫の1歳の誕生日食事会を楽しみました

孫の誕生日のお祝い食事会をしました。2/10()の夕食は、2/131歳の誕生日を迎える前祝いの食事会でした。1歳の孫娘(千歳・ちとせ)、息子夫婦の家に、私たち「じじいとばばあ」が招待されたのでした。

私たちからのプレゼントは、ばあさんからはディズニーキャラクターが遊ぶ手作り「刺繍」。じいさんからは「写真アルバム」。孫娘はふたつ共に初めて見るものへの興味を示して、指差しながら擬声ともとれる幼児語を発しながら、指差して触っていました。喜んでもらって、まずは満足した次第でした。

お祝いの食事は、息子の嫁が作ったごく普通の手作りの家庭料理です。孫娘の食事は、まだ離乳食から少し発展した程度のほとんど味付けのない無添加食。それをお祝膳のようにちょっと趣向を凝らせて作っていました(下に掲載の写真をご覧ください)

ママの差し出すスプーンに大きく口をあけて、元気いっぱい次々と口に運んで食事をする孫娘の食べ方を、ほほえましく見守りながら、家族の会話の弾む中で夕食をゆっくりと楽しみました。

メインディッシュのごはんの盛り合わせは、あっという間に完食。ボテトとブロッコリとトマトの副食と、野菜のお吸い物は半分ほど残して満足したのでしょう。

このようないろんな事がらは身内ならばこその、身びいきの感覚で感じ取るのですよね。子供のすることなすこと、ちょっとしたしぐさや、振る舞いそのものがかわいく感じて喜びとなって楽しませてくれるのですよね。このようにして、家族5人が小さな幸せな時間を過ごしました、今回のブログでした。

130212chitose_birthday05
【誕生祝いの食膳】・・・ママが作った手作り祝い膳。メインディッシュは軟らかく炊いたご飯とほうれん草と海苔に人参だそうです。おかずは、ポテトにブロッコリとトマトに人参。吸い物は、野菜スープ

130212chitose_birthday06 130212chitose_birthday07
(左)【食事(1)】・・・食事開始。エプロンを付けましたが、嫌がってすぐに外してしまいました
(右)【食事(2)】・・・スプーンを差し出して、早く食べさせろとせがんでいます

130212chitose_birthday08
【食事(3)】・・・大きく口をあけて、ぱくぱくと食事は進みます

130212chitose_birthday09
【食事(4)】・・・食事完了。メインディッシュのごはんの盛り合わせは完食。おかずと吸い物は半分残して満足

130212chitose_birthday01
【ディズニーキャラクタの刺繍】・・・ばあさんの手作り刺繍のプレゼントです

130212chitose_birthday02
【写真アルバム】・・・じいさんのプレゼントは、宮参りでおでこに「小」の字と、イチゴ狩りを楽しんだ写真です

130212chitose_birthday03 130212chitose_birthday04
(左)【プレゼントに興味(1)】・・・ディズニーキャラクターに興味を示して指差して幼児語の擬声を発して何事かをしゃべっていました
(右)【プレゼントに興味(2)】・・・自分の写真を指差してしゃべっていますので、自分の存在がわかっているのでしょうかね

130212chitose_birthday10
【大人の食事】・・・大人4人は、赤飯と豚肉のロール巻でささやかなお祝膳をいただきました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 5日 (土)

映画「レ・ミゼラブル」を鑑賞しました

130105remizerable03 お正月休みも明日で終わりの今日の土曜日、映画「レ・ミゼラブル」を女房と一緒に鑑賞してきました。てっきり物語映画だと思っていたのでしたが、映画が始まってからミュージカル映画だとわかりました。そんなことで、予期しないで素晴らしいミュージカルのスクリーン版を堪能した2時間40分でした。・・・【右の写真:映画館のジストシネマ・観覧室入口】
 このミュージカルはロンドンで1985年に初演されて、今日までの27年間、1日も休むことなく上演されてきているそうです。そんな素晴らしいミュージカルの最高傑作をスクリーンで鑑賞できたことも幸運でした。
 レ・ミゼラブルを知らない人はまずないと思います。19世紀のフランスの貧富の差と人間差別の中で生きる人間模様の壮絶な物語ですが、その赤裸々な状況をミュージカルの演技を通じてひしひしと伝わってきましたことは、改めて強烈な感動そのもの覚えた次第でした。

 この映画は、12月21日より全国ロードショーを行っています。関心をお持ちの方はどうぞご覧になってください。
130105remizerable01
【映画「レ・ミゼラブル」パンフレット(1)】・・・表紙

130105remizerable02
【映画「レ・ミゼラブル」パンフレット(2)】・・・見開き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月27日 (金)

ゴーヤの人工授粉…緑のカーテンその2

 ゴーヤの「緑のカーテンシリーズ・その2」は、人工授粉をお知らせします。雄花はたくさん咲いてきているのですが、雌花はなかなか咲いてきません。先週、自然受粉で結実しましたゴーヤは、今日(7/27)現在で13㎝ほどに大きくなってきています。
 7/21(土)やっと雌花が一つ咲きました。さっそく人工授粉をすることにしました。そして6日目の今日・7/27には4㎝の大きさなってきています。
 授粉作業は雄花を取ります。この雄花は雌花と同じ株の花ではなく、別の株のものがよいそうです。そして、雄花の花びらをはさみで半分ほど切り取って雄しべがよく見えるようにしました。その雄花を割り箸ではさんで、上向きになって受粉を待つようにしている雌しべに、雄しべをポンポンと接して花粉を付けてやりました。
 授粉から2日後には、花びらはしぼんできます。そして4日後には上向きになっていた花びらが完全にしぼんでしまい、尻尾のようになって下向きになってしまいました。6日目の今日には確実に成長していくかのように太り始めています。

120727goya_jufun01 120727goya_jufun02
(左)【雌花】… 小さな実をつけて花びらは上向きになっている
(右)【雄花】… 受粉の手助けをしてくれる虫くんたちを待つように、花びらをいっぱい広げて

120727goya_jufun03
【雄花の花びら切り】… 人工授粉作業をやりやすいように花びらを半分ほど切り取りました

120727goya_jufun04
【人工授粉】… 雄花を割り箸ではさんで、雄しべを雌しべにポンポンと当てて花粉を付けてやりました。授粉をさせる雄花は、雌花と別の株がよいそうです

120727goya_jufun05
【授粉後の雌花(1)】… 受粉2日後。花びらはしぼんできました。花びらはまだ上向きのままです

120727goya_jufun06 120727goya_jufun07
(左)【授粉後の雌花(2)】… 受粉4日後。花びらはしぼんでしまって下向きになりました
(右)【授粉後の雌花(3)】… 受粉6日後。実は確実に大きく太り始めました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧