カテゴリー「家族」の記事

2020年5月15日 (金)

10万円特別定額給付金の申請しました

2020.05.14 新型コロナの「特別定額給付金」の申請をパソコンで『マイナンバー』を使ってのオンライン申請しました。
操作作業は極めて簡単に、スピーディに進めることができました。妻と二人暮らしですのが、所帯主の私の申請のみで二人分がまとめて受け取ることができます。20万円をいただくことができました。ありがとうございました。
(オンライン申請は総務省/内閣府の次のWebサイトより行います)
https://kyufukin.soumu.go.jp/ja-JP/apply/online.html
(オンライン申請操作手順はつぎのYoutubeからご覧いただけます)
https://www.youtube.com/watch?time_continue=10&v=sGiehCAEZNg&feature=emb_logo

200514kyufukinn011
【オンライン申請の準備】

200514kyufukinn012
【「マイナポータルはこちら」より、申請捜査へ進んでください】

200514kyufukinn031
【申請完了後の「特別定額給付金申請書控」】
200514kyufukinn021
【申請完了後の「申請者情報控」】


| | コメント (0)

2020年5月 5日 (火)

わが家の「花水木」が満開

(2020.05.05)
わが家の庭の「花水木」が満開しました。今年は、武漢ウイルスで外出自粛が続いていますが、この花で滅入る気持ちが和らぎました。
植物は、世の中が大騒ぎでも素直に私たちを楽しませてくれます。

200504hanamizuki01

200504hanamizuki02

200504hanamizuki03

| | コメント (3)

2020年4月 9日 (木)

スーパームーンを撮りました【2020.04.08(水)】

 2020.04.08(水)は今年最大の満月(スーパームーン)を迎えるということで、わが家の居間から写真を撮りました。
 今年は4月のこの日が、お月さんと地球の距離が最も近い距離のときに満月になるのでした。ラッキーなことにこの日の夜は、雲はあったものの適当な切れ目の間から、「美しいお月さま」を鑑賞することができました。

 お月さんと地球の距離は、4月は最接近で「357千km」、10月が最遠で「406千km」になるそうです。4月のお月さまの、見かけの大きさは10月の約1.14倍になります。明るさは1.3倍位なるそうです。

 お月さんと対照する物体がありませんでしたので、単純な写真になりましたが、どうかご覧ください。
【雲のないときに】
 200408supermoon01

【雲から姿を現しました】
200408supermoon02

【撮影モード変更】・・・「夜空を美しく」モードで撮影しました。ブルームーンになりました
200408supermoon03

| | コメント (0)

2019年10月24日 (木)

亡くなった方の初七日から四十九日のお話です

 人がお亡くなりになってから、初七日から四十九日までのことで知っていることを聞かせてほしいという質問を、Twitterのフォロワーの方からいただきました。私の知っている範囲での説明を簡潔にまとめて返事するために、このブログを書きました。
 書いています内容には宗派によって異なっていることもあるかと思いますが、その点はご容赦ください。また、亡くなった方への思いを込めた、私が感じていますことにも触れていますので、ご了承をお願いいたします。

逮夜(たいや)について

・亡くなった方は、冥土の旅に発ってから四十九日をかけて極楽浄土にお着きになります。その旅では観音さまにお導きをしていただきながら、そして四十九日目に極楽浄土に至ることになります。

・極楽浄土では、阿弥陀さまが優しい笑顔でお迎えいただき、大きな心で抱きかかえてくださいます。

・逮夜とは、亡くなった方が冥土の旅のなかで、七日ごとに閻魔さんの裁きを受けることになります。そして、四十九日目に次の生まれ変わる先が決まります。そして、極楽浄土に至ったら、阿弥陀さまのお迎えが待っています。

・七日ごとの閻魔さんの裁きは、生前の「殺生」「盗み」「不貞」「うそ」等を順番に調べられます。

・そういうことで、七日ごとにお坊さんによる逮夜法要を執り行うことになります。初七日、二七日、三七日・・・と七日ごとに法要を行い、七七日で四十九日目となります。

・七日ごとの法要につとめることにより、この世からあの世に善を送ることになるのです。

亡くなった方には、この法要で善がより多く付いてくることになり、生前の罪や穢れが軽くなってくるということになります。

・最近は初七日のあとは四十九日までの中間日での、お坊さんによる法要を省略する人もあります。それはそれで、現代社会の実情からでは、仕方のないことです。

・また、四十九日までは毎夜「ご詠歌」を詠い上げます。家族の元気な歌声は、観音さまにお導をしてもらっている亡くなった方へ届いていくことになります。亡くなった方には聞こえてくる家族の歌声で、極楽浄土へ道も安らかな心で歩んで行かれることになります。

| | コメント (0)

2019年2月23日 (土)

万葉歌の日本画展

190222manyonihonga_04r2 万葉集の歌を日本画で描いた「冬の万葉画展・『万葉集画撰』を辿る」を、2/22(金)に鑑賞してきました。日本画家「大亦観風(おおまたかんぷう)」の作品、全71点を飛鳥の奈良県立万葉文化館で展示開催しています。
 展示していました作品は、万葉歌に詠われています情景を日本画で柔らかいタッチで表現されています。絵を見ながら、その万葉歌を口ずさんでいますと、日本語の美しさが描かれています絵からもほのぼのとした雰囲気で伝わってくるのを感じ取れるのが楽しかったです。日本語の原点であります「やまとことば」を味わいながら、ゆっくりとした空間の中で時間を過ごしてきました。

190222manyonihonga_01r
「『万葉集画撰』を辿る」パンフレット(表面)

190222manyonihonga_02r
「『万葉集画撰』を辿る」パンフレット(裏面) 

190222manyonihonga_03r

「『万葉集画撰』を辿る」入場券

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月24日 (木)

今年も伊勢神宮へ参拝に行ってきました

1/23(水)、妻と一緒に、新年の伊勢神宮参拝をしてきました。10年ほど前から、毎年お詣りに行っています。年初めにはお伊勢さんへが当たり前になって、そして、爽やかな気持ちをいただいてきます。今年一年の平穏をお祈りしてきました。

毎年、お詣りは私たちのお決まりの順序に進むことにしています

・まず、近鉄伊勢市駅を下車、「外宮」へ向かい「正宮・豊受大神宮」を参拝して、別宮の「土宮」、「風宮」、「多賀宮」をお詣りします。そして、外宮前で昼食、その後バスで内宮へ。

・内宮では、「宇治橋」を渡り、別宮の「瀧祭神」、「風日祈宮」をお詣りして、「正宮・皇大神宮」を参拝しました。そのあともう一つの別宮の「荒祭宮」をお詣りしてお伊勢さんをあとにしました。

・それからは、「おはらい町」をぶらぶらしてお茶を飲んで、バスで宇治山田駅へ戻り近鉄で家路につきました。

01geku190123r9 02geku190123r9
【外宮】左:火除橋(ひよけばし) 右:正宮/豊受大神宮

03naiku190123r9
【内宮】宇治橋

04naiku190123r9 05naiku190123r9
【内宮】左:正宮/皇大神宮 右:別宮/荒祭宮

06eto190123r9 07tiket190123r9
【初詣記念の干支/亥の置物と近鉄乗車券】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月31日 (火)

わが家の猫ちゃんの旅立ち

わが家のかわいい猫が、2017.10.30夕方この世を去りました。今日まで何一つ病気らしきものを患うことなく元気に過ごしてきて、195か月の長寿を全うしました。よくもこれだけの長生きができたものだと喜んでいる半面、いま、家族でこの別れを深い悲しみと涙をしています。声をかければいつものように、いまにも起きてきて「ニャ~ン」と返事をしてくるような寝顔していまして、愛おしさが一層です。昨夜は、私の枕もとに亡骸を寝かせて一緒に就寝しました。今日は一日家族と過ごして、明日、火葬にふします。

名前は「春日(はるひ)」で、通称は「はるちゃん」でした。貴婦人のような容姿の気品のある子でした。若いころはほとんど毎日、庭に出て遊ぶのが好きでした。しばらく遊んだ後は必ず帰ってきて、閉まっているサッシュのガラス戸と網戸を、両手で一生懸命引っ張って開いて室内へ入ってきました。また、室内にいるときは、窓の外を見るのが好きで、じっと飽きることなくあちこちに興味の視線を送って過ごしていました。

思い出の写真集を作りました。ご覧いただければ嬉しいです。

Photo_2





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月26日 (月)

ワードで作った「オリジナル・ジグソーパズル」を発表・2015桔梗が丘公民館展

 2015.10/24()25()は三重県名張市桔梗が丘公民館で公民館展が開催され、私・水無月生が講師を担当しています3つのパソコンサークル、「イルカパソコンクラブ」「かがやきパソコンサークル」「ひまわりパソコン」サークルが、ワードで手作りしました『オリジナル・ジグソーパズル』の展示発表をして、私たちの展示ブースを訪れていただきました方々にジグソーパズル遊びを楽しんでいただきました。

 ジグソーパズルは小さくコマ切れにした片々(ピース)を組み合わせて画像を完成させるパズルですが、この発表作品はパソコンのワードの上でマウスを使ってピースを移動させて遊ぶという趣向をしました。

今年の発表は3サークル合同で行い、23名で46作品の出展です。作品の素材は、自身が撮影した山や自然の景色、ネットで探したアニメキャラクタや話題の画像・写真等を使っています。そして作品を作り上げていくのは、Microsoftの画像加工ソフト「ペイント」を使って、画像の一部を切り取って「ワード」に貼り付けていきます。作品の出来上りピース数は、10ピースから30ピースぐらいまでとして、短時間で遊んでもらえるように考えました。そして、作品は各自が思い思いにピースの切り口の形を工夫しながら切り取って作り上げています。

2日間の公民館展で私たちのブースには、マウスをはじめて触ったという高齢者の方々から、幼児を連れた家族連れや少年少女まで、幅広い方々に興味をもって訪ねていただき、パズルを楽しんでいただけました。通常のジグソーパズルは厚紙を裁断したピースを組み合わせていく遊びということで馴染んでいますが、このようにパソコンの上で遊ぶという発想はなかったものですから、物珍しさも手伝って「これはこっちや」「それはあそこや」と、ワイワイガヤガヤ遊びの中の大賑わいの騒がしい会場風景でした。

 展示ブースの賑わい振りとサポートしましたサークル員の活躍ぶりの写真を掲載しています。どうぞご覧になっていただければ嬉しく存じます。

 

151024kominkanten0001
【展示ブース設営作業中】・・・メインタイトルの貼り付が完了して、3つのサークルは思い思いのレイアウトを工夫しての飾り付を

151024kominkanten0002
【展示ブース設営完了】・・・設営完了後のパズル操作の調整作業中。パソコン画面を大型モニタに写して、観覧者にもパズルを共に楽しんでいただくようにしました

151024kominkanten0003

【展示会の賑わい風景】・・・たくさんの方が興味を持って集まってきてくれました

《展示ブースを訪ねてくださった方々》
151024kominkanten0101 151024kominkanten0102

【年配の方】・・・担当員の説明を聞きながら操作に挑戦

151024kominkanten0103 151024kominkanten0104

【小学生】・・・この年頃は簡単な説明をしたら、あとは自身でどんどんやってしまいます

151024kominkanten0105 151024kominkanten0106

【パパとママと一緒に】・・・幼児はパパやママが手を添えて一緒に楽しんでくれました

151024kominkanten0107 151024kominkanten0108

【姉妹も一緒に】・・・姉妹で、楽しくほほえましく遊んでいます

151024kominkanten0109

【家族で一緒に】・・・家族そろって一緒に楽しく

151024kominkanten0110 151024kominkanten0111

【主婦も若いお姉さんも】・・・主婦も若いお姉さんも真剣な眼差しで

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月16日 (日)

森のレストランで家族そろって食事

 お盆休みの8/14()、息子夫婦と娘が帰ってきて、孫が合わせて三人に私たち老夫婦は、「森のレストラン・アーチ」へ行きました。このレストラン、ピザ料理がおいしいと評判で、三重県名張市の青蓮寺湖(しょうれんじこ)湖畔の森の中にあります。久し振りの家族そろっての楽しい昼食時間を過ごしました。勿論、私たち夫婦は「じじバカ、ばばバカ」ですので、孫たちの食べるは食べるはの食欲といろんな仕草で十分満足するとともに、ピザも美味しくいただきました。

 青蓮寺湖は、三重県の名張川上流の青蓮寺川(しょうれんじがわ)に作られたダムによってつくられました人造湖です。ダムの上流は香落溪(こおちだに)という溪谷がありまして、ご存知の方もおられると思います。青蓮寺ダムは1970年に竣工したアーチ式ダムで、堰堤の高さは82mあります。

 

150816forestr01
【青蓮寺湖】・・・向うに見える赤い橋は弁天橋

150816forestr02 150816forestr03

(左)【レストラン外観】・・・「森のレストラン・アーチ」/丸太づくりがよい雰囲気を作っています
(右)【レストラン内部】・・・一番奥のテーブルが私たち家族

150816forestr04

【レストランの外の風景】・・・周囲は山々、森に囲まれています

150816forestr05

【孫の食欲(1)】・・・111か月/食欲モリモリ

150816forestr06

【孫の食欲(2)】・・・36か月/この子も食欲モリモリ

150816forestr07

【孫の食欲(3)】・・・7歳、小学2年生/この歳になるとちょっと大人びて落ち着いて食べています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月21日 (火)

Excelで「すごろく遊び」を発表・桔梗が丘公民館展

 2014.10/18(土)、19(日)に名張市・桔梗が丘公民館で公民館展が開催されました。私・水無月生が講師を担当しています、「イルカパソコンクラブ」「かがやきパソコンサークル」の2つのサークルが日ごろのパソコン勉強の成果を合同発表しました。テーマはサークルで勉強しましたエクセルで作りましたオリジナル『すごろく遊び』でした。

 この「すごろく」は、地元桔梗が丘住宅地の循環バス路線を一回りするという手づくりすごろくです。名付けて『ぐるーっと桔梗が丘・すごろく遊び』としました。サークルで勉強してきましたエクセルでの関数は、2年余りになり理解度も順調に進んできました。

すごろくは、この関数の使い方をちょっと工夫して、画面上にサイコロを作り、乱数関数でサイコロを振って「さいの目」をだす仕組みです。サイコロ目の数字を入力すると、地図上のバス路線の停留場をコマに仕立てた画像が進みます。近鉄桔梗が丘駅を振出しとして、循環バス路線の各停留場を一回りして、上がりは元の桔梗が丘駅に戻ってきます。ゲームは、このバス路線の内回りと外回りに分かれて、二人で勝ち負けを競うようにしています。

 2つのサークルは、昨年もエクセルの論理関数の「IF関数」で「バイオリズム診断遊び」をしました。理解をするのが難しいIF関数を少しずつではありますが、設定したとおりにデータが処理された時の気持ちよさを味わいながら、発表資料作りを進めてきました。エクセルでの表作りに欠かせない論理関数の理解と活用を通じて、一歩一歩着実にパソコンを楽しんでいます。

 

 公民館展の2日間、観覧にこられました大人から子供さんまで、わが地元の地図を見ながら、「僕の家はここや」「君の家はどこにあるのや」と言いながら、バス路線を回るすごろく遊びに興じていただけました。近年は、「すごろく」を遊ぶ子供たちが少なくなりましたが、この展示を機会にすごろくに馴染んでくれる子供が増えることを期待しています。

 

 

141019sugoroku01 141019sugoroku02
【準備作業中】・・・公民館展開催日の前日、2つのサークルがそれぞれのボードに展示物の設営

141019sugoroku03

【設営完了】・・・展示ブースができあがり。モニタは42インチにして見やすくしました

141019sugoroku04

【すごろく画面】・・・キーボードの「F9」きーを長押しすると、画面上でサイコロが転がります。指を離すと止まり、その時のサイコロの目を入力セルに入力します。すごろくコマは停留場の数を進みます

141019sugoroku05 141019sugoroku06

【すごろくに興じる子供たち】・・・子供はやり方を説明すると、すぐにゲームをはじめられます

141019sugoroku07 141019sugoroku08

【大人も童心にかえってすごろく遊び】・・・キーボードに慣れないおじさん、おばさん方も、操作を簡略化していますのですぐに馴染んでいただけました

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧