カテゴリー「健康」の記事

2016年2月23日 (火)

暗峠(くらがりとうげ)を歩いてきました/奈良・生駒 ~ 東大阪・石切

160221kuragaritouge00奈良と大阪を最短で結ぶ旧街道の「暗越奈良街道・暗峠(くらがりごえ奈良街道・くらがりとうげ)」を奈良・生駒~東大阪・石切までを歩いてきました。

2016.2.21()奈良県橿原考古学研究所の友史会の2月例会は、生駒・往馬大社を出発点に生駒山山麓の古代遺跡を見聞して「暗越奈良街道・暗峠」を越えて東大阪・石切神社までの道程がこの日の学習コースでした。参加者は140名余でした。今回のこのブログは、古代遺跡のことは無しにしまして「暗越奈良街道」のお話にいたします。

「暗越奈良街道」は現在は国道308号線で自動車の通行は可能ですが、道幅はいたるところで車幅いっぱいのところがあるむしろ「酷道」ともいえる道筋です。江戸時代では数ある奈良街道、伊勢参宮街道のうちの一つになります。

「くらがり」の名前の由来は、『木々がうっそうと茂るところの意味の“くらなり”からきている』とか、『道の勾配がきついため、馬の鞍が“仰向けに鞍返り”してしまうという』ことからとも言われているそうです。

江戸時代には奈良見物やお伊勢参りの往来で賑わっています。NHK朝ドラの「あさが来た」では、次のような話のシーンがありました

・・・あさの嫁ぎ先・両替屋「加野屋」の主の「正吉」が病で倒れて療養しているとき女房の「よの」に、『元気になったら、お伊勢参りをしよう。「暗峠」を越えて奈良の町に入り、そして榛原を越えれば伊勢はもうすぐ先やからな』と言っていました・・・
 

実際に峠越えを歩いてみますと話にある通りものすごい過酷な道のりでした。峠の標高は455m、最大勾配37%、平均勾配20%がそれを物語っています。往馬大社から石切神社までの全行程10㎞の内、暗峠道は4㎞でしたが、この日のエネルギーの90%はこの道のウオーキングで使い果たしてしまった感じでした。では、どのような道であったかを以下の写真でご覧ください。

160221kuragaritouge01
【暗越奈良街道を歩いた行程】・・・歩いた行程10㎞、その内、峠越え道は4

160221kuragaritouge02 160221kuragaritouge03
(左)【往馬大社】・・・この神社を中心に生駒山麓の古代遺跡を見聞しながら、暗峠へ向かいました
(右)【暗(くらがり)峠へ】

160221kuragaritouge04
【峠への登り道①】・・・このあたりより狭い道が続きます。路面はアスファルトでなくコンクリートで、滑り止め処理をしています


160221kuragaritouge05

【峠への登り道②】・・・登ってきた後ろを振り返ります。勾配のきつさをご覧ください


160221kuragaritouge06
【峠への途中で奈良方面を眺めました】・・・遠く向うの山は、奈良奥山あたりでしょう

160221kuragaritouge07
【峠の家屋】・・・峠の茶店と家々。大正時代初期までは20件ほどの茶屋や旅籠がありました/県境の標識が見えます

160221kuragaritouge08
【河内名所図絵に描かれた暗峠】・・・江戸時代/享和元年(1801)に刊行された図絵

160221kuragaritouge09
【暗峠へ道標】

160221kuragaritouge10
【峠の頂点】・・・県境の標識のあるところに、峠の頂点が見えますね

160221kuragaritouge11
【峠の石畳】・・・江戸時代に街道の整備がなされて石畳が敷かれたそうです。奈良見物やお伊勢参りの往来で賑わったことでしょう。現在は国道308号線。車はこの狭い道幅ギリギリに通行しています(道の向こうからくる車を見てください)

160221kuragaritouge12
【峠より大阪への下り道】・・・やっぱり道幅は狭く勾配はきつい。下りは人は背をそらし気味に歩いています。車も道巾いっぱい

160221kuragaritouge13
【眼下の大阪市街】・・・大阪への下り道で大阪市街が眼下に見えます。向うの少し黒っぽいビル群のところが「上町台地」。その手前が、現在も低地になっていて昔は「河内湖」だったところです

160221kuragaritouge14
【河内湖地図】・・・上の写真と見比べてみてください。建物をすべて取り払ったイメージで眺めますと、上町台地と河内湖だったところが想像できますね。
 
いま、NHK大河ドラマの「真田丸」で真田幸村が大坂冬の陣で「真田山」に築いた砦「真田丸」は、上町台地の森ノ宮のすぐ南側です

160221kuragaritouge15
【石切神社】・・・この日の終着点。宝物館を見学して例会は終了でした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

Excelで「バイオリズム診断遊び」を発表・桔梗が丘公民館展

 名張市・桔梗が丘公民館での公民館展が10/19(土)、20(日)に開催されました。私・水無月生が講師を担当しています、「イルカパソコンクラブ」「かがやきパソコンサークル」の二つのサークルが合同発表しました。テーマはサークルで勉強しましたエクセルで作りました『あなたのバイオリズムを診断します』でした。

 サークルで進めていますエクセルでは、関数を勉強しています。今年のテーマとしました「バイオリズム」は「日付関数」「IF関数」「検索関数」を主に使います。これらの関数を使って、生年月日に応じたバイオリズム値を計算して、バイオリズムの「身体リズム」「感情リズム」「知性リズム」を診断値として表示するとともに、診断水準と診断に対するコメントを表示し、リズム曲線をグラフ表示するものです。

 二つのサークル員の方々はこのテーマを始めるときには、エクセルでの論理関数といわれています「IF関数」にはなじみが少なかったのですが、苦しさと楽しさの混在する中でその面白さを見い出し、データ処理の快感に浸りながらの勉強が進んできました。そして、公民館展での展示発表の日を迎えることになりました。

 

 公民館展の2日間、観覧にこられました方には、自分や家族の診断をしてその日の体調とか、1か月先までの体調予想を行って、ワイワイガヤガヤの楽しい雰囲気を過ごしていただきました。 また、診断結果データは、お持ち帰りの印刷サービスも行いました。

 

このブログをご覧になって、『あなたのバイオリズムを診断します』を実際に遊んでみたいと思われる方は、次よりダウンロードしてください。

(Excelでバイオリズム診断)

       ・・・「シニア青年・水無月生」HPへ

 

(写真はクリックで拡大します)
 

131019bio01_2 131019bio011
【準備作業中】・・・公民館展開催日の前日はみんなで協力して、展示物の設営です 

131019bio02
【設営完了】・・・展示ブースのできあがり。モニタは32インチにして見やすくしました

131019bio03 131019bio04

(左)【賑わいの展示ブース】・・・バイオリズム診断は椅子に座って順番待ちです 

(右)【診断結果を見くらべて】・・・印刷した診断結果を見くらべて話がはずむ

131019bio05 131019bio06

(左)【楽しみながら入力(1)】・・・子供たちも興味を持って入力をしました 

(右)【楽しみながら入力(2)】・・・ 高齢者にはサークル員が入力のサポートを

131019bio07

Excel画面】・・・バイオリズムの診断画面。誕生日とバイオリズム開始日をリスト入力します。診断数値と診断水準、コメントを表示。リズム曲線をグラフ表示しています。診断結果は印刷サービスしました

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

ゴーヤで緑のカーテンを【その5・高校生レストラン】

110724goya05_00  「おいしいゴーヤ料理の作り方伝授」のキャッチフレーズで、三重県立相可高校・食物調理科・高校生のゴーヤ料理を楽しむパーティが開催されました。ご存知と思いますが、いま評判になっている相可高校生が経営するレストラン「まごの店」は三重県多気町で営業していますが、それはこの高校の村林新吾教諭が率いる高校生調理軍団なのです。

 名張市・桔梗が丘では昨年から「ゴーヤで緑のカーテン活動」を取組んでいますが、今年はその活動に「ゴーヤ料理を楽しむパーティ」を付け加えました。そして7/23(土)は桔梗が丘公民館で、その村林先生と高校生が作った13種のゴーヤ料理レシピ―とその作り方の伝授、そしてこれらの料理の試食パーティが開催されたのでした。
 まもなくゴーヤはどんどん収穫される時期になりました。パーティは村林先生からそれぞれのレシピ―についての説明と調理のコツの伝授のあと、ゴーヤ料理が配膳されます。200名近くの参加者は料理の味を思い思いの感覚で確かめながら、ワイワイガヤガヤとにぎやかな時間が過ぎていきます。おいしそうに夢中に食べる人、親子で仲良く分けあいながらのほほえましい風景、村林先生と記念撮影をするグループなど等。そして、テーブルの上の料理はあれよあれよという間にお腹の中に入っていってしまいました。

 参加されました奥様方、いただいたレシピ―で今年の夏はゴーヤ料理に精がでることと思っています。

「ゴーヤで緑のカーテン」シリーズ記事は次よりご覧ください
ゴーヤで緑のカーテンを【その1】
ゴーヤで緑のカーテンを【その2・花が咲く】
ゴーヤで緑のカーテンを【その3・受粉の仲間たち】
ゴーヤで緑のカーテンを【その4・収穫はじまる】

【写真はクリックで拡大します】

110724goya05_01 110724goya05_02
【村林新吾先生と高校生調理軍団】…(美味しいゴーヤ料理をありがとうございました)

110724goya05_03
【ゴーヤ料理を楽しむパーティ】…ワイワイガヤガヤにぎやかに過ぎていく

110724goya05_04 110724goya05_05
【食事はすすむ(1)】
左:食べるのが忙しいですね
右:親子で仲良く分け合って

110724goya05_06 110724goya05_07
【食事はすすむ(2)】
左:ゴーヤの味はどうだった
右:ほっぺがついついゆるむ・・・美味しいのでしょう

110724goya05_08 110724goya05_09
【テーブルのゴーヤ料理】
左:ただ今食事中・・・前からも横からも箸を持った手が伸びてきて
右:しばらくするとこのようにからの皿が並んでしまって

110724goya05_10 110724goya05_11
左:【料理に使ったゴーヤ】・・・こんな大きなのも
右::【レシピー】・・・もらってきたレシピーの1ページ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

ゴーヤで緑のカーテンを【その2・花が咲く】

110610goya02_07  「ゴーヤで緑のカーテンを(その2)」は順調に生育してきています。植えてから33日目の6/10(金)、一輪の花が咲きました。

 5/8(日)にプランターに植えた二株は、日に日に生長をしていきました。そして、やがて2週間、15日目には本葉は7枚になりました。そして摘芯、その後は枝茎どんどん伸びていきます。そして、今日の開花を迎えました。
 あした以降からは順次あちこちの枝にはつぼみが膨らんできて花が咲くのではないかと楽しみです。ではまた、次の生育記まで。

「ゴーヤで緑のカーテンを」シリーズ記事は次よりご覧ください
ゴーヤで緑のカーテンを【その1】
ゴーヤで緑のカーテンを【その3・受粉の仲間たち
ゴーヤで緑のカーテンを【その4・収穫はじまる】
ゴーヤで緑のカーテンを【その5・高校生レストラン】

(写真はクリックで拡大します)

110610goya02_01 110610goya02_02
左:【1日目】・・・(5/8)
右:【4日目】・・・(5/12) 早くも芽が伸びてきています

110610goya02_03
【10日目】・・・(5/18) すくすく生長

110610goya02_04
【15日目】・・・(5/23) 本葉が7枚になりましたので摘芯しました

110610goya02_05_2
【15日目】・・・(5/23) 切り取った芯

110610goya02_06
【32日目】・・・(6/9) つぼみが一つ

110610goya02_07_2
【33日目】・・・(6/10) 花が咲きました

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月26日 (土)

近江富士/三上山に登る

100625mikamisan_03  6/25(金)は梅雨の晴れ間の幸運に恵まれて、近江富士/三上山に登ってきました。4年前に滋賀県・野洲市の御神神社を参拝したときに三上山の美しい姿に興味を持ちました。機会を見つけて一度登ってみたいと思っていましたが、やっとその願いがかないました。
 前日は、近江八幡で一泊。ゆっくりと過ごした後の翌日の登山です。まずは、御神神社に参拝して山麓へ。登山道の案内には、裏登山道と表登山道が示されています。山頂までは432mで行程は1.5km。女房と二人、あたりには誰も人影なしの中、裏登山道を行くことにしました。

 歩き始めてすぐわかったことは、この山道はほとんど人の手が加わっていない自然の状態が保たれた感じでした。この文のあとの写真をご覧になりましたらお分かりいただけると思いますが、岩や石ころがごろごろ、木の根っこが道のあちこちに露出しています。多分、雨のときに登山道が川になってしまって、そのようになったのだろうと想像しながら歩きました。道は結構険しく、一歩いっぽしっかりと進まなければなりません。
 案内板には山頂まで40分と書いていましたが、私たち夫婦は途中休憩を2回ほどとっての登山でしたので、結局55分かかってしまいました。

 山頂には奥宮が祀られています。いまは三上山が御神神社のご神体ですが、昔はここに御神神社があったと聞いています。奥宮にお参りして、山頂で弁当を食べて、下界を眺めて、それから下山しました。下山道も同じ裏登山道をとりましたが、何回かは腹ばいになって下りなければならないところがあって、改めて、この山の険しさを思い知りました。表登山道はもっと険しいと聞きましたので、次の機会には挑戦したいと思っています。往復2時間50分の楽しい山歩きでした。

【三上山登山の写真をご覧ください】

100625mikamisan_01 100625mikamisan_02
左:【御神神社・鳥居】
右:【御神神社・本殿】

100625mikamisan_04 100625mikamisan_05
左:【登山道案内板】
右:【裏登山道上り口】

100625mikamisan_06 100625mikamisan_07
左:【登山開始5分後の山道】
右:【登山開始10分後の山道】・・・このあたりはまだ石ころは小さい

100625mikamisan_08
【登山開始15分後の山道】・・・道というより岩の上を歩く

100625mikamisan_09
【登山開始30分後の山道】・・・このあたりは岩と木の根っこばかりの道

100625mikamisan_10
【登山開始40分後の山道】・・・頂上まぢかなったがやっぱり岩と木の根っこばかりの道

100625mikamisan_11
【頂上より下界を眺める】・・・注連縄の向こうには神の岩がありその向こうが下界。神秘さを感じながら眺めました

100625mikamisan_12 100625mikamisan_13
左:【頂上の奥宮】
右:【三上山頂上】・・・この丸みが山頂。標高432m

100625mikamisan_14
【展望台よりの眺め】・・・頂上の少し下に展望台より西方向の展望。下界は曇りでしたので眺めはいまいちでした

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

矢作川の源流をみる/愛知県根羽村

090619yahagigawa_0  茶臼山高原シリーズ第3報をお届けします。茶臼山高原(標高1237m)のホテル「休暇村茶臼山高原」から歩いて15分ほどのところに、『矢作川の源流』を見ることができる。川の源流というものを今までお目にかかったことがないので、どのようなものかを想像しながら歩いて行った。
 矢作川はこの茶臼山高原の愛知県根羽村から、豊田市・安城市・岡崎市・西尾市・一色町を流れて三河湾にそそいでいる全長117km。

 高原のゆったりした景色を眺めながら、第2報でお知らせした茶臼山山頂への道とは異なった山道に入っていくと、山の中腹から水が3本の竹の樋を伝って流れ出ていた。源流というものとの初対面である。私は、源流といったら山のどこかでチョロチョロと水が流れ始めるところかと思っていた。そうではなくて山の斜面の地面から水がわき出てくるところが源流なのだ。考えてみればそんなものなんだろう。そうでないと流れ始めが地表を流れる水なら、天候に左右されて少ない水ならすぐ枯れてしまう。当たり前のことが、再認識した次第です。

 まったりとした冷たい山水を口に注いで、周囲の自然環境の美しさをここでも味わいました。ホテルの飲料水や風呂の水、トイレの水も全てこの水で賄っていることも聞いていました。生水が美味しかったのは当然のことでした。

(写真はクリックで拡大します)

090619yahagigawa_1 090619yahagigawa_2
左:【矢作川源流の水落ち場】…観光と保全のためなのか水落のところは石積みされていて人の手が入っている
右:【源流の水を飲む】…まったりと冷たくいい気持ちになります

090619yahagigawa_3
【源流のすぐあとの自然の小川】…源流の水落ち場から流れて、ここは本来の自然の小川のせせらぎ

090619yahagigawa_4 090619yahagigawa_5
【小川のせせらぎのほとりで見つけた野草の花】…何という花なのか私にはわからない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

1415m茶臼山に登る/愛知県豊根村

 ホタル観賞をした翌日(6/19/金)は標高1415mの茶臼山(愛知県豊根村)に登りました。茶臼山高原シリーズ第2報をお届けします。
 茶臼山高原(標高1237m)のホテル「休暇村茶臼山高原」のすぐ裏にそびえる山が「茶臼山」。ここからは標高差200m足らずで山頂に登れる。距離1.2km、時間は40分程度。
 登り始めてわかったが、勾配が結構厳しくちょっとハードな行程だったが、山頂に到着するとそこからの眺めは雄大だった。やっぱり愛知県の最高峰だけはある。また、山そのものはそれなりに人の手が入っているが、登山道とその周辺はブナ林の自然を保存した原生林に覆われていて、自然環境を楽しむことができました。
 山頂では、野生菊にミツバチが何匹かとまって蜜を吸っている。近づいて写真を撮っても逃げようとしない。これらのミツバチも野生なんだろうと思うが、素朴なもので警戒心が全くないようだった。それから、この野生菊は何の花だろうかと帰ってから調べてみたが、まだわからない。花びらの形は「リュウノギク」によく似ているが葉っぱの形は違っているようで、開花時期もこの季節でない。まあそんなことより、素朴な光景を楽しむことで深く詮索はやめにしました。

では、茶臼山の自然を次の写真でご覧ください
【写真はクリックで拡大します】

090618chausuyama6
【茶臼山高原より茶臼山山頂を眺める】

090618chausuyama1
【茶臼山山頂からの眺め(南方向のパノラマ)】…右手の山は「萩太郎山(1358m)」。冬はスキー場、春から夏は芝桜が美しいらしい

090618chausuyama2 090618chausuyama3
【ブナの原生林の登山道】・・・山道には岩が露出しているが、コケが生えている。人の踏みいれが少ないからこのように生息できているのか。また、右の写真のように人が一人歩ける程度の幅しかないところもある

090618chausuyama4
【野生菊の蜜を吸っているミツバチ】・・・山頂に群生している野草菊に何匹かとまっているが、近づいて撮影しても逃げていかない。ここでは外敵の恐れがないのか。

このシリーズ、あと2つのブログを投稿したいと思っています。鹿肉を食べたことと、矢作川源流です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月20日 (月)

同窓会幹事役は任務完了

090419tenridokikai00_2   昨日の4/19(日)は中学・高校の同窓会でした。私・水無月生は相棒の女子同級生とともに幹事役でしたが、無事任務完了しました。昭和30年(1955)中学卒業、昭和33年(1958)高校卒業です。
 今年70歳の元若者27名が元気に集まりました。6年間ともに過ごし気心がわかった連中ばかりです。毎年集まっていますが、何の話をしているのでしょうか、会えば話はいつまでも尽きません。不思議なものです。

 今年はちょっと趣向を凝らし、パソコンで作成したスライドムービーをプロジェクターで投影して仲間たちに見ていただきました。中学高校時代のお宝写真とその当時の時代の出来事写真を組み合わせたものと、最近15年の写真でストーリーを10分間で構成しました。スライドはパワーポイントとムービーメーカを併用し、当時の流行音楽をバックミュジックに取り入れました。50数年前への10分間のタイムスリップを楽しんだ次第です。

 お互いこの歳です。毎年会える機会があることそのものが幸せです。残念ながら旅立たれた仲間もいます。一次会と二次会合わせて6時間の語り合いの時間を、楽しく過ごし喜びを感じて来年もまた会えることを約してお開きにしました。

090419tenridokikai01 090419tenridokikai02
左:【会場受付】・・・元美女たち
右:【食事】・・・宴はたけなわ

090419tenridokikai03 090419tenridokikai04
【食事中も話ははずみます】

090419tenridokikai05
【宴を終えて全員集合】

090419tenridokikai06 090419tenridokikai07
左:【二次会カラオケ】・・・歌ってしゃべってそれでも話は尽きない
右:【二次会お開き】…「星影のワルツ」を全員で歌って

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月22日 (土)

69才は、この日は12才に

 69才の「じじばば」が11/22(土)に集まりました。小学校同窓会、卒業して57年が過ぎます。しかし、何年かに1回の同窓会ですが、集まればその瞬間からみんなは12才の少年少女になってしまいます。どうしてなんでしょうかね。この心理、皆さんも共通したものではないかと思います。

 私たちは1946年(昭21)入学です。「国民小学校」でした。学校には高等小学校という怖いお兄さんがいました。今でいう中学1,2年生です。そして、小学1,2年は男女共学、3年生からは「男子は女子と席を同じとせず」で、男女別学になります。そのころは男の子はみな日本男児の気構え強く、私は、早く3年になりたいと思っていました。しかし、3年になっても女の子が同じクラスにいる。どうしてかなと思っていましたが、あとでわかったことながら、六三三制の新しい教育制度が始まっていたのでした。

 そんな時代からの私たちです。33名が集まりました。同窓生は66名ですが、この年齢です6名の物故者がいます。昨年は私も危うく物故者の仲間入りをしかけましたが、お陰さまで元気な仲間と楽しく語り合えましたことは、この上ない喜びでした。3時間の食事会、席のあちこちは話に話をはずませて、食事に手をつけるのも忙しくあっという間の時間でした。

***【写真は全て解像度を悪くしてあります】***

081122yanagisho_classmate12 081122yanagisho_classmate01
左:【会場の割烹料理店】
右:【食事会の始まり】…幹事の挨拶

081122yanagisho_classmate03r 081122yanagisho_classmate04r
081122yanagisho_classmate05r 081122yanagisho_classmate06r
081122yanagisho_classmate07r 081122yanagisho_classmate08r
【どの席も食べるのを忘れて話は弾む】…何の話か皆さんそれぞれ夢中になって

081122yanagisho_classmate02r 081122yanagisho_classmate10r
左:【カラオケはデュエットばかりが続く】
右:【お愛嬌の写真】…私たちはお互い初恋同士でしたかね/???!!!

081122yanagisho_classmate09r
【今年まで元気にきました】…食事終わって記念写真に整列しましょう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

赤ひげ医者・鎌田實先生の講演

081116_ikuseien_kinenkoen3  「現代赤ひげ医者」として全国に名声がとどろいています『鎌田 實先生』の講演を、11/16(日)に聞きに行きました。
 この講演は、社会福祉法人・名張育成園創立50周年記念行事で行われたものです。名張育成園は名張市に1958年(昭和33)に知的障害者を対象とした入所施設を設立しています。当時は障害者への理解が少なかった時代でしたが、それ以来、地道に活動を続け着実に実績をあげてきています。今では、知的障害児・障害者の150名余の入所施設、100名余の通所施設や、精神障害者授産施設を運営しています。
 実は、私・水無月生は精神障害者施設で生活支援の一環としますパソコン指導を担当していまして、少しでも精神障害者のお役にたてればと協力しています。

 前置きが長くなりました。本論の「現代赤ひげ医者・鎌田 實先生」の講演の話に進みます。テーマは【『がんばらない』けど『あきらめない』~命を支えるということ~】でした。先生は、長野県・諏訪中央病院名誉院長として心のこもった人と人との付き合いからの医療を続けておられまして、患者からは絶大なる信頼を得るとともに、からだの病気を治すだけでなく、病気でボロボロになろうとしている心まで癒していただくという治療を続けておられます。

 このような先生の講演の要点のいくつかを記します。
(1)命を守るには「いい加減」が必要。交感神経は「がんばる神経」、副交感神経は「ホッとすることを刺激する神経」。人生は、副交感神経優位が大切。交感神経優位になるとガンの誘発となる。
(2)命は、「人と人のつながり」、「人と自然のつながり」。地球には38億年前に単細胞生物が現れて以来、DNAを受け継いで進化した。生物は海から陸にあがり人類へと進化している。人類はすべての生物のDNAを受け継いで進化している。この過程は胎児の10月10日の生育過程にも凝縮してあらわれている。胎児の32日目の顔は不気味な魚の化け物、34日目は両生類の顔で海から陸に上がる進化過程の苦しみの顔に、36日目は爬虫類の顔に、38日目で哺乳類の顔に、そして、40日目で笑顔が見られる。この時期には母親は笑うことで、胎児に穏やかな心を伝えていくことになる。
(3)告知をするのであっても、医師からは「最後まで面倒をみる」「苦しまない努力をする」ことを約して、心のこもった治療とケアーをすることで、患者に生きる喜びと生きたい思いを持ってもらえて、余命が伸びた事例のいくつかが紹介された。
(4)その他、「人を大事にする気持ち、人をもてなす気持ち」の大切さを、93歳で亡くなる前のおばあさんの例や、チェルノブイリでの白血症の子供の治療にあたった時の心の通った付き合いでの話。
(5)また、日本の介護現場の貧弱さとますます悪化している現状の元凶は、政府の政策からきていること。
 これらのいくつかの話は、涙の出るような心の感動するものばかりでした。話はまだまだたくさんあって、もっともっとたくさん書きたいのですが、これ以上は長文になり過ぎますのでこの辺にします。

(写真はクリックで拡大します)
081115_ikuseien_kinenkoen01 081116_ikuseien_kinenkoen4
左:【鎌田 實先生の講演案内】
右:【鎌田 實先生会場到着】…偶然にも会場玄関でお会いできました

081116_ikuseien_kinenkoen5 081116_ikuseien_kinenkoen6
左:【講演受付風景】
右:【講演壇上の鎌田 實先生】

081116_ikuseien_kinenkoen7
【講演会場】…500名余りの聴衆で会場はほぼ満席(名張市青少年センター)

081116_ikuseien_kinenkoen8
【先生のサイン会】…講演を終わって販売された先生の著書に毛筆サインをもらっています

| | コメント (0) | トラックバック (0)