カテゴリー「音楽」の記事

2011年5月15日 (日)

東日本大震災被災地支援チャリティーコンサート

110515concert00  東日本大震災の被災された方々を歌声で励まそうと「波多野均チャリティーコンサート」が、2011-5/15(日)に三重県伊賀市文化会館で開催され、私・水無月生は妻と一緒に楽しんできました。

 このコンサートは『思いよ とどけ、被災地に! ~一日も早い復興に祈りをこめて~』という願いで、この収益金は108万円、日本赤十字社を通じて全額を被災地に送られます。
 そしてコンサートでは、一般参加者の合唱もプログラムに組み込まれていました。ご存知の、伊賀上野の俳聖「松尾芭蕉」が訪ね歩いて句を詠んだ東北地方に、声援を送ろうと組曲『奥の細道』が一般参加者を交えた合唱に選ばれていました。
 合唱するに当たっては、事前に4/24、5/9、5/14の3回の練習が行われています。一般参加者は約70名、波多野均さんの指導の下、熱の入った3日間レッスンを経験されたそうです。この日の本番の合唱では「大阪ゲヴァントハウス合唱団」37名のプロの方々や大阪音楽大、名古屋音楽大、京都芸術大の学生の方々との総勢120名余りの混声4部で歌い上げられています。

 このようなコンサート第一部では、波多野均さんの格調高いテノール独唱に圧倒され、一般参加者と共に歌われた混声合唱に感激、そして第二部では、「フォーレの鎮魂歌」、「親鸞聖人ご和讃による曲集」には陶酔させていただきました。また、友情出演されました奥さんの波多野みち子さんの素晴らしいソプラノにはうっとりと聞き惚れさせられました。
 コンサートのフィナーレは、大合唱団と一緒に会場全員で「見上げてごらん夜の星」を歌って、私たち二人は余韻を残して会場を後にしました。

(指揮者の波多野均さんとコンサートのプログラムを紹介します)
【波多野均さん】名張市桔梗が丘在住。伊賀市上野出身、62歳。ウィーン国立音楽大学を卒業後、ドイツ、オーストリアでテノール歌手、指揮者として活躍。1992年に帰国。現在はテノール歌手及び大阪ゲヴァントハウス合唱団の常任指揮者
【被災地支援チャリティーコンサートプログラム】
【プログラム】
[第一部] シューベルト : 音楽に寄せて 野ばら ミューズの子
山田 耕筰 : この道 からたちの花 あわて床屋
《一般参加者と共に》
栗田 三郎 : 組曲「奥の細道」より、「あらたふと~」「夏草や~」「しずかさや~」
源田俊一郎 : 唱歌メドレー「ふるさとの四季」(故郷、春の小川、朧月夜、鯉のぼり、他10曲メドレー)
[第二部] フォーレ : 鎮魂歌「レクイエム」
平田 聖子 :親鸞聖人ご和讃による曲集「本願力にあいぬれば」「弥陀の名号となえつつ」
【友情出演】
前川 園(ソプラノ)  波多野 みち子(ソプラノ)・・・均さんの奥さん  足立 恭(ピアノ) 垣内 みどり(ピアノ)

(写真はクリックで拡大します)

110515concert01
【開会前の観客席】・・・おおよそ700名ほどの観衆でした

110515concert02
【一般参加者と大阪ゲヴァントハウス合唱団との混声合唱】・・・120名余りの素晴らしい混声合唱を楽しく聞かせていただきました
(撮影は禁じられていましたが、歌のないときに差し支えない範囲で撮らせていただきました。申し訳ありませんでした)

110515concert03
【フィナーレの「見上げてごらん空の星」を合唱】・・・合唱団には一旦舞台を離れた一般参加合唱の方々も加わって
(この撮影も歌のない差し支えないときに撮影させていただきました。度々の無礼、お許しください)

110515concert04
【義援金の手渡し】・・・伊賀市を通じて日本赤十字社へ送られます

110515concert05 110515concert06
【入場券とプログラム】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月29日 (金)

【続報】画面表示が無茶苦茶に/パソコンディスプレイ

 前回のブログで「画面表示が無茶苦茶になったパソコンディスプレイ」を掲載しましたが、その続報として、トラブル修復後の対策を行いましたので報告します。
前回の記事は次よりご覧いただけます・・・http://kys-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-4dff.html

 グラフィックボードの交換をして修復しましたが、故障した原因はボードの熱放散が適切ではなかったと考えていました。そのようなことで、その対策を次のように行いました。

《原因追及と考察》
(1)使っていますグラフィックボードは
 ・Gigabyte GV-N76G256D-RH ファンレス仕様
(2)次の写真を見ていただきましたら解かる通り、熱放散用の放熱フィンが下向き方向になっています。その為に、発生した熱は放熱フィン内に滞留してしまい、熱放散が適切に行われ難くなっています
(3)マザーボードでのレイアウトの関係からこのようになってしまったので、この場合は仕方がないことです
(4)騒音を考えてファンレスを選定しましたが、結果的にはファン付きを選んだ方がよかったと思っています

100129agpcooling05_2
【冷却対策の必要なグラフィックボードの取付状態】・・・放熱フィンが下向き方向になっているため、熱が滞留して熱放散がうまくいかない

《対策》・・・【対策をしました写真は下記に掲載】
(1)ケースファンを使ってグラフィックボードの放熱フィンに直接冷却用の風を当てることを考えました
(2)冷却ファンは次を選定
 ・サンワサプライ・ケースファン TK-FAN2
 ・サイズ:W80×D80×H25mm 2400rpm
 ・風量:31.3CFM ノイズレベル:29dBA
 ・DC12V 0.14A 1.68W
(3)取付はケース内にうまく収まるように考えました結果、ホームセンターで適当な金具を買ってきて少し加工を加えて出来上がりました

《結果の検証》
・目的にしていました温度低下がどのようになったかを確認しました
(1)対策前はボードの放熱フィンの温度は45~50℃以上になっていたと推定します(測定は温度計の持ち合わせがありませんので、指の触覚で判断しました)。多分、この状態であったら熱発生しているチップのところでは、60℃を超えていたと想像します
(2)対策後の触覚判断では、30℃以下になっている感じです。まったく暖かさもなく、温度を感じませんから、体温より低いことは確かです

 ということで、この度のディスプレイの表示が無茶苦茶になってしまったトラブルの修復から、その後の対策までの結果報告としたいと思います

【対策しました状況の写真】

100129agpcooling01_2 100129agpcooling02_2
左:【冷却用に使ったケースファン】・・・サンワサプライ TK-FAN2
右:【冷却ファン取付用に加工した金具】・・・金具はホームセンターで適当なものを探した

100129agpcooling03_2
【冷却ファンと金具をセットした状態】

100129agpcooling04
【パソコンケース内に取り付けた冷却ファン】・・・グラフィックボードの放熱フィンに向かって風を当てるようにしました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月13日 (金)

2007年市民夏期大学第1回目

 桔梗丘公民館の2007年市民夏期大学第1回目の講座が本日開講。今日の講座は同じ桔梗丘に在住されていますソプラノ歌手・波多野みち子さんの「ドイツ民謡について」という演題でした。
 波多野みち子さんはウイーン国立音楽大学、ドイツデトモルト国立音楽大学留学。ヨーロッパ各地で多くのコンサート出演、音楽学校講師、コンクール審査員として活躍された方です。
 講演は、「ドイツ民謡」を通じてドイツの季節の移り変わりと四季折々の人々の生活の姿、習慣のお話とそれに密接の結びついている民謡を歌っていただきました。また、子供たちへの家庭教育や学校の情景、働く人の社会システムのお話とその中で歌われる民謡も歌っていただきました。民謡を通じてドイツの人々の生活が大変よくわかり、ドイツ文化に触れることができるひと時でした。
 また、聞かせてもらったドイツ民謡の中に、私たち日本人が子供の頃から歌っている唱歌のいくつかがドイツ民謡だったという新発見をしました。
(ドイツ民謡だった日本の唱歌)
・蝶々・・・ちょうちょう ちょうちょう 菜の葉にとまれ なのはにあいたら 桜にとまれ ~
・霞か雲か・・・霞か雲か はた雪か とばかり匂うその花ざかり 百鳥さえも歌うなり
・夜汽車・・・いつもいつも通る夜汽車 静かなひびき聴けば 遠い町を思い出す ~
 この中の「霞か雲か」は明治16年小学唱歌第1号だそうです。

 この後の市民夏期大学講座は次の予定になっています
・7/20(金) 「黒田の悪党」 黒田荘史跡顕彰会 森本弘一氏
・8/3(金)  「介護報告・母と私の5年間」 ジャーナリスト 細身三英子氏
・8/23(金) 「テレビ技術の誕生からデジタル放送の時代まで」 元読売テレビ 神島治美氏

(本日の夏期大学の講座風景写真)
070713summercollege1
【波多野みち子氏の講演】
会場はぎっしり満員でした

070713summercollege2 【ドイツ民謡を歌う波多野みち子氏】
美しいソプラノで歌っていただいています

| | コメント (0) | トラックバック (1)