« 2014年6月 | トップページ | 2015年7月 »

2014年10月の2件の記事

2014年10月21日 (火)

Excelで「すごろく遊び」を発表・桔梗が丘公民館展

 2014.10/18(土)、19(日)に名張市・桔梗が丘公民館で公民館展が開催されました。私・水無月生が講師を担当しています、「イルカパソコンクラブ」「かがやきパソコンサークル」の2つのサークルが日ごろのパソコン勉強の成果を合同発表しました。テーマはサークルで勉強しましたエクセルで作りましたオリジナル『すごろく遊び』でした。

 この「すごろく」は、地元桔梗が丘住宅地の循環バス路線を一回りするという手づくりすごろくです。名付けて『ぐるーっと桔梗が丘・すごろく遊び』としました。サークルで勉強してきましたエクセルでの関数は、2年余りになり理解度も順調に進んできました。

すごろくは、この関数の使い方をちょっと工夫して、画面上にサイコロを作り、乱数関数でサイコロを振って「さいの目」をだす仕組みです。サイコロ目の数字を入力すると、地図上のバス路線の停留場をコマに仕立てた画像が進みます。近鉄桔梗が丘駅を振出しとして、循環バス路線の各停留場を一回りして、上がりは元の桔梗が丘駅に戻ってきます。ゲームは、このバス路線の内回りと外回りに分かれて、二人で勝ち負けを競うようにしています。

 2つのサークルは、昨年もエクセルの論理関数の「IF関数」で「バイオリズム診断遊び」をしました。理解をするのが難しいIF関数を少しずつではありますが、設定したとおりにデータが処理された時の気持ちよさを味わいながら、発表資料作りを進めてきました。エクセルでの表作りに欠かせない論理関数の理解と活用を通じて、一歩一歩着実にパソコンを楽しんでいます。

 

 公民館展の2日間、観覧にこられました大人から子供さんまで、わが地元の地図を見ながら、「僕の家はここや」「君の家はどこにあるのや」と言いながら、バス路線を回るすごろく遊びに興じていただけました。近年は、「すごろく」を遊ぶ子供たちが少なくなりましたが、この展示を機会にすごろくに馴染んでくれる子供が増えることを期待しています。

 

 

141019sugoroku01 141019sugoroku02
【準備作業中】・・・公民館展開催日の前日、2つのサークルがそれぞれのボードに展示物の設営

141019sugoroku03

【設営完了】・・・展示ブースができあがり。モニタは42インチにして見やすくしました

141019sugoroku04

【すごろく画面】・・・キーボードの「F9」きーを長押しすると、画面上でサイコロが転がります。指を離すと止まり、その時のサイコロの目を入力セルに入力します。すごろくコマは停留場の数を進みます

141019sugoroku05 141019sugoroku06

【すごろくに興じる子供たち】・・・子供はやり方を説明すると、すぐにゲームをはじめられます

141019sugoroku07 141019sugoroku08

【大人も童心にかえってすごろく遊び】・・・キーボードに慣れないおじさん、おばさん方も、操作を簡略化していますのですぐに馴染んでいただけました

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年10月20日 (月)

『オリジナルカレンダー』の展示発表・桔梗が丘公民館展

 2014.10/18()19()は三重県名張市桔梗が丘公民館で公民館展が開催され、私・水無月生が講師を担当しています「ひまわりパソコン」サークルが『オリジナルカレンダー』の展示発表をしました。

 ひまわりパソコンサークルでは、今年の初めよりワードで表操作のお稽古をしています。その一環として、写真と表を組み合わせた自作作品の『2015年オリジナルカレンダー』を展示発表して、観覧に来られたご希望の方に印刷してお渡しすることにしました。

出展しました作品は全部で14点の力作ぞろい。素材はネットよりダウンロードした画像や自身が描いた水彩画等を使っています。そしてワードの表で作ったカレンダーと組み合わせて各自が趣向を凝らしたレイアウトで作り上げています。

展示場では、日本に一つしかないこのオリジナルなカレンダーの中から、お好みのものを選んでいただきましてお渡しするのですが、予想を上回る注文が殺到して印刷をする展示担当者は大わらわ。一旦注文を受け付けてしばらくほかの展示場を観覧してもらってからお渡しするというあり様の賑わいでした。

展示当番の担当者も大忙しでしたが、プリンターは全く休み暇なしの稼働状態で、壊れないかと心配するほどでした。ありがたいことに日本のプリンターの品質は素晴らしい。2日間まったく休む暇なしでも無事お役目を務めてくれました。

そして、会期中の2日間でのカラー印刷は580枚。印刷に使いました用紙は、普通紙よりはちょっといい「マット紙」で紙厚0.13㎜」を使いました。写真用光沢紙だと更に美しくできあがるのですが、マット紙は用紙の上に文字を書き組むことができますのと、比較的に画像の鮮明度も良好なのでこれを選びました。プリンターインクも大容量タイプの6色組をほぼ3パック使いました。

会場は絶え間なく数多くの観覧者で大賑わい、オリジナル作品の人気ぶりにサークル員全員は大満足の2日間でした。無料配付したカレンダーの印刷費用はサークルにとっては出費でしたが、多くの方に喜んでいただけたという満足感の充実との引き換えは貴重なものになっています。

141019calendar01 141019calendar02
(左)【展示準備作業中】・・・メインタイトルの貼り付が完了して、まわりの飾り付はどのようにしようかと、みんなであれこれ思案中 

(右)【展示会場設営完了】・・・サンプルのカレンダーを貼り付けて、パソコンと大型モニタ、プリンターの配置も完了

141019calendar03
【展示会の雰囲気】・・・子供たちは興味を持って集まってきてくれました

141019calendar04

【カレンダー作品の印刷受付】・・・質問に答えて担当者が説明して、印刷注文を受け付け

141019calendar05
【カレンダー作品の印刷中】・・・展示担当が印刷作業中

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2015年7月 »