« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月の3件の記事

2013年10月24日 (木)

『ポップん笑句』の2回目の発表会・桔梗が丘公民館展

 10/19()20()は三重県名張市桔梗が丘公民館で公民館展が開催され、私・水無月生が講師を担当しています「ひまわりパソコン」サークルが『ポップん笑句』の発表をしました。

 ひまわりパソコンサークルでは、写真を使った作品つくりのお稽古をしています。その一環として、写真と川柳を組み合わせたお遊び『ポップん笑句』を、今年の発表テーマとしました。

出展しました作品は「ひまわりパソコン」から14点、館外サークルの「つくしの会」から3点の応援出展、それに講師のデモ用作品3点の合計20点でした。この2日間の主役はひまわりパソコン。14点の出展作品には作品ポスターを作りまして、観覧に来られましたお客様にポスターから見たい作品を選んで、リクエストしていただくように進めました。

 

『ポップん笑句』は写真を動画風にストーリづくりをしたショートムービーと、『ポップん』という感じでとび出す川柳を『オチ』にして、1分程度に編集して発表しています。会場には絶え間なく数多くの観覧者を迎えることができました。そして、軽やかな笑いの雰囲気が溢れる中で、楽しく遊んでいただけましたことは嬉しいことでした。

 

 デジカメとパソコンを活用したパソコン操作スキル向上へのお手伝いができます『ポップん笑句』が、お陰さまでこのように楽しい発表会で披露することができました。 興味を持たれました方は、どうぞ、次の中からご覧になりたい作品名をクリックして、「Youtube」でお楽しみください。

 

(ひまわりパソコンサークル作品)

おねがい  ★キョロキョロ家族旅行 ★野球好き
フルムーンインハワイ  ★ママの誕生日

やっぱりね  ★会津磐梯山  ★学習にいったけど

よく食べてよく遊ぶ  ★ちまき ★春になれば

今日は楽しいお祭り  ★一石二鳥  ★

 

(応援出展・つくしの会の作品)

元の木阿弥  ★電化製品と会話  ★どこかな?

 

(デモ用の講師作品)

あれこれと  ★いまどき女房殿  ★じいちゃんのプライド

 

(写真はクリックで拡大します)
131019poppun01 131019poppun02
(左)【準備作業中】・・・公民館展開催日の前日の展示物設営。あれこれワイワイ騒がしく 

(右)【設営完了】・・・展示ブースができあがり試写中。モニタは42インチで雰囲気を盛り上げます

131019poppun03
 

【賑やかな展示ブース(1)】・・・モニタの前はひっきりなしに観覧者が訪れました

131019poppun04
 

【賑やかな展示ブース(2)】・・・親子そろっての家族連れにも楽しんでいただけました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

Excelで「バイオリズム診断遊び」を発表・桔梗が丘公民館展

 名張市・桔梗が丘公民館での公民館展が10/19(土)、20(日)に開催されました。私・水無月生が講師を担当しています、「イルカパソコンクラブ」「かがやきパソコンサークル」の二つのサークルが合同発表しました。テーマはサークルで勉強しましたエクセルで作りました『あなたのバイオリズムを診断します』でした。

 サークルで進めていますエクセルでは、関数を勉強しています。今年のテーマとしました「バイオリズム」は「日付関数」「IF関数」「検索関数」を主に使います。これらの関数を使って、生年月日に応じたバイオリズム値を計算して、バイオリズムの「身体リズム」「感情リズム」「知性リズム」を診断値として表示するとともに、診断水準と診断に対するコメントを表示し、リズム曲線をグラフ表示するものです。

 二つのサークル員の方々はこのテーマを始めるときには、エクセルでの論理関数といわれています「IF関数」にはなじみが少なかったのですが、苦しさと楽しさの混在する中でその面白さを見い出し、データ処理の快感に浸りながらの勉強が進んできました。そして、公民館展での展示発表の日を迎えることになりました。

 

 公民館展の2日間、観覧にこられました方には、自分や家族の診断をしてその日の体調とか、1か月先までの体調予想を行って、ワイワイガヤガヤの楽しい雰囲気を過ごしていただきました。 また、診断結果データは、お持ち帰りの印刷サービスも行いました。

 

このブログをご覧になって、『あなたのバイオリズムを診断します』を実際に遊んでみたいと思われる方は、次よりダウンロードしてください。

(Excelでバイオリズム診断)

       ・・・「シニア青年・水無月生」HPへ

 

(写真はクリックで拡大します)
 

131019bio01_2 131019bio011
【準備作業中】・・・公民館展開催日の前日はみんなで協力して、展示物の設営です 

131019bio02
【設営完了】・・・展示ブースのできあがり。モニタは32インチにして見やすくしました

131019bio03 131019bio04

(左)【賑わいの展示ブース】・・・バイオリズム診断は椅子に座って順番待ちです 

(右)【診断結果を見くらべて】・・・印刷した診断結果を見くらべて話がはずむ

131019bio05 131019bio06

(左)【楽しみながら入力(1)】・・・子供たちも興味を持って入力をしました 

(右)【楽しみながら入力(2)】・・・ 高齢者にはサークル員が入力のサポートを

131019bio07

Excel画面】・・・バイオリズムの診断画面。誕生日とバイオリズム開始日をリスト入力します。診断数値と診断水準、コメントを表示。リズム曲線をグラフ表示しています。診断結果は印刷サービスしました

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

SONY/VAIO液晶モニタ故障修理(2台で1台復旧)

SONY/VAIO 液晶モニタ(PCVD-17SA1/K)の画面表示が不具合となった故障の修理をしました。

画面が全く表示せず真っ暗になってしまった故障品を、3年程まえに廃棄処分の依頼を受けて預かっていました。すぐに処分せずにそのまま放置していました。そして、その1年半ほど後に別の方からですが、同じ機種のモニタで画面表示が、数時間経過すると表示色がおかしくなって夕方の景色のようになる表示不具合のため処分してほしいと頼まれました。

そのようなことでたまたま、同じ機種のもの2台を預かったまま、今まで物置に放置してあったのですが、2台でいいとこ取りをしたら1台は使えるようになるのではないかと考えまして、故障修理に挑戦した次第でした。

モニタの裏蓋をあけて分解しましたところ、「IC基板」が2枚装着されています。モニタが2台ですので、「液晶パネル」2面と「IC基板」4枚を、それぞれの組合せ変更を行いながら動作テストを繰り返し進めることで故障個所の判定をすることにしました。

結果は、画面が真っ暗になっていたモニタのIC基板の中の1枚が故障していることが判明しました。そのようなことで、「液晶パネル」2面と「IC基板」4枚を、いいとこ取りして1台のモニタとして復旧いたしました。

なお、画面表示が変色する故障については、長時間の動作テストを行わないとはっきりしない状況ですので、それぞれの「液晶パネル」2面と「IC基板」3枚の組合せ変更を、もう少し時間をかけて判定していきたいと思っています。

 
以下、分解修理した経緯を説明します(写真はクリックで拡大)

131014vaioshuri01 131014vaioshuri02
(左)【画面が真っ暗】・・・パソコンの状態が全く表示しない
(右)【画面の色が変色】・・・数時間経過するとこのように変な色になってしまう

131014vaioshuri03 131014vaioshuri04
(左)【分解開始】・・・液晶パネルと裏ぶたの溝にドライバーを差し込んで隙間をあける
(右)【裏ぶた外れ始める】・・・少し力を入れて隙間を大きくこじ開けると、パチンという音と共に接合している爪が外れる

131014vaioshuri05
【液晶パネル裏側の内部】・・・裏蓋を取り外した。2つのステンレスカバーの中にIC基板が装着している

131014vaioshuri06 131014vaioshuri07
(左)【IC基板(1)】・・・RGBケーブルがつながっているので、インプットとアウトプット信号用(IO信号用)のもの、その右横のコネクタは12V電源用。この基板はIO信号を処理する役目と電源用のものと思う

(右)【IC基板(2)】・・・液晶パネルの方へケーブルがつながっている。画像処理用と思う 

131014vaioshuri08
IC基板(1)(2)】・・・基板へのケーブルを一旦取り外して、ステンレスカバーを取り除いてから、再度基板にケーブルを接続する。この状態で、動作テストを行った → 本文に記しているように左側の小さい方のIC基板(2)が不良と判明した


131014vaioshuri09
【不良のIC基板(2)】・・・取り外した不良のIC基板(2)(画像処理用と推定します)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »