« 2013年3月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年4月の1件の記事

2013年4月12日 (金)

安産祈願を帯解寺で

息子の嫁が二人目の孫を懐妊しましたので、4/11()に「帯解寺」で安産の祈願をしてきました。昔から妊婦は安産のために5ヶ月目の戌の日にお腹を冷やさないように腹帯を巻くことにしているのですが、その腹帯にお寺のご朱印をもらい、お札をいただいてきたのでした。

嫁と12か月の孫娘と私たち老夫婦の4人は、10時過ぎにお寺に到着。持って行った「さらしの腹帯」と共に祈祷をしていただきました。お寺の境内は八重桜が満開、ソメイヨシノは満開を過ぎて花と葉が混じった美しさという状態の、気持ちのいい花見もさせていただきました。

出産予定日は106日。祈祷してもらいました腹帯は、426日の戌の日に巻き始めることにしています。

 

 奈良市の南の端(昔の平城京の南端)の帯解に「子安山・帯解寺」がありまして「本尊帯解子安地蔵菩薩」がお祀りしてあります。1000年ほど前の昔に、55代文徳天皇の皇后が春日明神のお告げにより懐妊祈願を帯解子安地蔵菩薩にされまして、惟仁親王(これひと親王・のちの清和天皇)を無事授かったといわれています。そして天皇より「帯解寺」の寺号を賜っています。 

 江戸時代には二代将軍秀忠の正室お江もこの地蔵菩薩に祈願して、竹千代丸(三代将軍家光)の安産になったとか、また、三代将軍家光の側室の御楽も同様に祈願して四代将軍家綱の安産になっているそうです。 

 そして、美智子皇后陛下をはじめ、雅子妃殿下、秋篠宮紀子妃殿下の方々の皇室の安産法要は、この帯解寺にて行われるようになっているそうです。

 

130411obitokedera01 130411obitokedera02
(左)【帯
解寺】・・・本尊帯解子安地蔵菩薩がお祀りしてあります
 

(右)【香をお供え】・・・香をお供えしてから本堂へ上がりました。本堂は撮影禁止のため祈祷での写真が撮れませんでした

130411obitokedera03
【桜とその向うの本堂】・・・ソメイヨシノは盛りを過ぎていましたが、花と葉の美しさがありました
 


130411obitokedera04 130411obitokedera05
(左)【境内の八重桜】・・・八重桜は満開
 

(右)【12か月の孫娘と桜】・・・この孫娘も2年前にお腹の中で、祈願をして授かっています

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年8月 »