« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月の1件の記事

2013年3月 5日 (火)

「ポップん笑句ってなに?」をプレゼンテーションしました

「ポップん笑句…ってなに?」というテーマで、プレゼンテーションをしました。3/2()に「日本笑い学会・みえユーモア支部笑例会」が三重県名張市で開催されまして、その中のテーマの一つが、私・水無月生が担当するポップん笑句の紹介でした。

この日のみえユーモア支部笑例会には、100名を超す参加者があり大盛会となりました。その笑例会のテーマは次のような内容です。

【1】 暮らしに生かす落語の笑い : 矢野 宗弘氏(ユーモアコンサルタント・日本笑い学会理事)

【2】 ポップん笑句の紹介

(前段説明)私のポップん笑句との出会い他 : 井上 宏氏(日本笑い学会顧問・関西大学名誉教授)

(プレゼンテーション)ポップん笑句ってなに? : 水無月生

【3】 笑いヨガ:三重ユーモア支部・笑いヨガメンバーによる笑いヨガを参加者全員で楽しみました

 

 私・水無月生が担当しました「ポップん笑句…ってなに?」は、次のような内容をパワーポイントでプレゼンを行っています。

・ポップん笑句というものは、どういうものであるかとの説明から始まって

・誕生に至った考案者の紹介とそのきっかけ

・ポップん笑句を楽しむ目的とパソコン操作習得の道としての役割

・デジタルの世界での可能性となる、「デジタル新文芸」への結びつき

・そして、実際のポップん笑句は7作品を披露

 

実例披露しましたポップん笑句には、初めて接する方が大多数で、動きのある写真と文字のアニメーションにアレアレと面白さに引き込まれて見ているうちに、オチの川柳で大きな笑いが湧いてくるというように、会場は楽しい雰囲気に包まれた賑わいとなりました。

 このようにして、ポップん笑句を普及させる一つの機会に恵まれましたことはうれしい限りでした。今回のプレゼンでは、ポップん笑句を考案されました花パソ(京都・伏見)の代表者および担当講師の方の協力と助力を得て成功裏に終えることができましたことを、このブログを通じてお礼申し上げます。こののちも、このようなポップん笑句普及への別の機会が、またありますことを願っているところです。 


130302popnshoku01 130302popnshoku02
(左)【開会前の会場の参加者】…日本笑い学会・みえユーモア支部笑例会には100名以上の参加者で大盛況

(右)【落語】…湯男モアコンサルタント・矢野宗弘氏の「暮らしに生かす落語の笑い」の第2部の落語

130302popnshoku03
【「ポップん笑句ってなに」プレゼン始まり】…水無月生のポップん笑句紹介プレゼンの始まり
 


130302popnshoku04 130302popnshoku05
(左)【ポップん笑句スライド(1)】…前半部の「ポップん笑句とは」の説明
 

(右)【ポップん笑句スライド(2)】…ポップん笑句「誕生のきっかけ」のスライド 


130302popnshoku06 130302popnshoku07
(左)【ポップん笑句スライド(3)】…ポップん笑句は「デジタル新文芸」へ
 

(右)【ポップん笑句スライド(4)】…ポップん笑句を「楽しむ目的」の説明 


130302popnshoku08 130302popnshoku09
(左)【ポップん笑句スライド(5)】…「デジタルと歴史ある川柳との結びつき」説明
 

(右)【ポップん笑句スライド(6)】…「デジタルを車座で遊ぶ」説明

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »