« 後期「日本美術の至宝」特別展・名古屋ボストン美術館で鑑賞(2012/11/7) | トップページ | 映画「レ・ミゼラブル」を鑑賞しました »

2012年11月16日 (金)

伏見桃山陵と乃木神社を参拝してきました(2012.10.24)

 10/24(木)に伏見・御香宮神社を参拝しましたその続編です。御香宮神社を参拝したあと、東方向へのゆるやかな上り坂を「伏見桃山陵」と「乃木神社」をめざして歩きました。御陵さんの入り口に当たるところには、「明治天皇陵」「昭憲皇太后陵」と揮毫された石碑があり、そこから先は深い木立に囲まれたゆったりと広い参拝道が続いています。1㎞ほどを20分ぐらいゆっくりと森林浴を楽しみながら歩きますと「明治天皇陵」に着きました。
 「明治天皇」がお祀りされています伏見桃山陵は、元々は豊臣秀吉が建てた伏見城・本丸だったところです。明治天皇の遺言によってこの地に御陵が築かれたそうで、近畿地方での最後の天皇陵になります。墳丘は上円下方墳で「さざれ石」が全面を覆って敷かれています。
 伏見桃山陵のすぐ東には昭憲皇太后(明治天皇妃)の「伏見桃山東稜」あります。また、桓武天皇陵がその北方へ少しのところにもあります。

121024momoyamaryo04 御陵さんを参拝しましたあと、正面の200数十段の大階段を下りてから10数分ほど歩くと立派な神門の「乃木神社」に着きました。明治天皇が崩御され大葬の儀の日の夜、乃木希典(のぎまれすけ)将軍は静子夫人と共に自刃して殉死されています。その後、各地に乃木神社が創建されていますが、この京都・乃木神社は将軍が敬慕した明治天皇陵のふもとに鎮座していることで、一層感慨深いものがあります。
 境内には見どころとなるいくつかの施設があります。その中で私が興味を持ちましたのは、将軍が幼少時代を過ごした長府の乃木旧邸の復元家屋でした。質素で慎ましい生活をしている様子、家事の手伝いで足踏み唐臼(からうす)で精米作業をしながら勉強している様子などが復元展示されていて、苦労しながら成人していったことがよくうかがえます。
 乃木将軍にまつわるその他の遺物や遺構を見学し、もときた道を再び歩いて桃山御陵前駅へ向かいました。

121024momoyamaryo01 121024momoyamaryo02
(左)【伏見桃山陵・参拝道入り口】・・・ ゆったりと幅の広い参拝道がここから1㎞ほど続きます
(右)【明治天皇陵】・・・ 鳥居の向こう見える墳墓は、上円下方墳で「さざれ石」が全面を覆って敷かれています

121024momoyamaryo03
【明治天皇陵パノラマ】・・・ 明治天皇陵をパノラマ撮影

121024nogijinja05 121024nogijinja06
(左)【乃木神社・神門】・・・ 樹齢三千年の幹径2mの台湾ヒノキで造られているそうです
(右)【乃木神社・拝殿】・・・ 拝殿左右には将軍の愛馬の像が

121024nogijinja07 121024nogijinja08
(左)【乃木将軍愛馬・壽号】
(右)【乃木将軍愛馬・璞号】

121024nogijinja09 121024nogijinja10
(左)【乃木将軍肖像画】・・・ 将軍記念館で撮影
(右)【長府の乃木旧邸・米搗き(こめつき)】・・・ 乃木少年が足踏み唐臼(からうす)で米搗きをしながら勉学している復元展示

121024nogijinja11
【乃木家の家庭訓】・・・ 乃木家では父が乃木少年に毎朝、出仕前に一条の教示をされました。この家庭訓が「いろは数え歌」として遺されています。
 ●その中の一条を紹介します … 「日本の教えの基は、仁義礼智信忠孝(じん・ぎ・れい・ち・しん・ちゅう・こう)の道と忘れ給うな」

|

« 後期「日本美術の至宝」特別展・名古屋ボストン美術館で鑑賞(2012/11/7) | トップページ | 映画「レ・ミゼラブル」を鑑賞しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208595/56124040

この記事へのトラックバック一覧です: 伏見桃山陵と乃木神社を参拝してきました(2012.10.24):

« 後期「日本美術の至宝」特別展・名古屋ボストン美術館で鑑賞(2012/11/7) | トップページ | 映画「レ・ミゼラブル」を鑑賞しました »