« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の4件の記事

2011年7月25日 (月)

ゴーヤで緑のカーテンを【その5・高校生レストラン】

110724goya05_00  「おいしいゴーヤ料理の作り方伝授」のキャッチフレーズで、三重県立相可高校・食物調理科・高校生のゴーヤ料理を楽しむパーティが開催されました。ご存知と思いますが、いま評判になっている相可高校生が経営するレストラン「まごの店」は三重県多気町で営業していますが、それはこの高校の村林新吾教諭が率いる高校生調理軍団なのです。

 名張市・桔梗が丘では昨年から「ゴーヤで緑のカーテン活動」を取組んでいますが、今年はその活動に「ゴーヤ料理を楽しむパーティ」を付け加えました。そして7/23(土)は桔梗が丘公民館で、その村林先生と高校生が作った13種のゴーヤ料理レシピ―とその作り方の伝授、そしてこれらの料理の試食パーティが開催されたのでした。
 まもなくゴーヤはどんどん収穫される時期になりました。パーティは村林先生からそれぞれのレシピ―についての説明と調理のコツの伝授のあと、ゴーヤ料理が配膳されます。200名近くの参加者は料理の味を思い思いの感覚で確かめながら、ワイワイガヤガヤとにぎやかな時間が過ぎていきます。おいしそうに夢中に食べる人、親子で仲良く分けあいながらのほほえましい風景、村林先生と記念撮影をするグループなど等。そして、テーブルの上の料理はあれよあれよという間にお腹の中に入っていってしまいました。

 参加されました奥様方、いただいたレシピ―で今年の夏はゴーヤ料理に精がでることと思っています。

「ゴーヤで緑のカーテン」シリーズ記事は次よりご覧ください
ゴーヤで緑のカーテンを【その1】
ゴーヤで緑のカーテンを【その2・花が咲く】
ゴーヤで緑のカーテンを【その3・受粉の仲間たち】
ゴーヤで緑のカーテンを【その4・収穫はじまる】

【写真はクリックで拡大します】

110724goya05_01 110724goya05_02
【村林新吾先生と高校生調理軍団】…(美味しいゴーヤ料理をありがとうございました)

110724goya05_03
【ゴーヤ料理を楽しむパーティ】…ワイワイガヤガヤにぎやかに過ぎていく

110724goya05_04 110724goya05_05
【食事はすすむ(1)】
左:食べるのが忙しいですね
右:親子で仲良く分け合って

110724goya05_06 110724goya05_07
【食事はすすむ(2)】
左:ゴーヤの味はどうだった
右:ほっぺがついついゆるむ・・・美味しいのでしょう

110724goya05_08 110724goya05_09
【テーブルのゴーヤ料理】
左:ただ今食事中・・・前からも横からも箸を持った手が伸びてきて
右:しばらくするとこのようにからの皿が並んでしまって

110724goya05_10 110724goya05_11
左:【料理に使ったゴーヤ】・・・こんな大きなのも
右::【レシピー】・・・もらってきたレシピーの1ページ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月21日 (木)

ゴーヤで緑のカーテンを【その4・収穫はじまる】

 ゴーヤの収穫が始まりました。ゴーヤカーテンの窓は、緑におおわれています。西日を受ける窓からの日差しはやわらかくなっているように感じられます。
 大きくなった実が、そしていまから生長していく小さな実まで葉っぱの陰で元気いっぱいという感じです。うまい具合に収穫ができるようになった大きな実、中ぐらいの実に小さな実と順次時間差を持ちながら育っているのも、生物の生き様そのものなのでしょうかね。しばらくはゴーヤカーテンに熱気を吸収された日差しを実感しながら、ささやかな収穫を楽しみたいと思っています。
 今日、7/21はわが家の収穫第一号でした。そして今夜の食卓には「ゴーヤのかき揚げ」。玉ねぎがたくさんに、ニンジンと竹輪が仲間入り。味はどんなものかと興味を持ちながら、冷やしソーメンで美味しくいただきました。ゴーヤのほろ苦さに竹輪の味が加わって、ちょっとした味を楽しみました。

 今週末は桔梗が丘公民館で三重県立相可高校・食物科の教諭と生徒による「ゴーヤの料理教室と試食会」。どのような風景になるのかを取材に行ってきます。

「ゴーヤで緑のカーテン」シリーズ記事は次よりご覧ください
ゴーヤで緑のカーテンを【その1】
ゴーヤで緑のカーテンを【その2・花が咲く】
ゴーヤで緑のカーテンを【その3・受粉の仲間たち】
ゴーヤで緑のカーテンを【その5・高校生レストラン】

【写真はクリックで拡大します】

110722goya04_01_2
【収穫間近のゴーヤ】…(室内側より撮影)実は葉っぱの陰で太陽の熱気をさえぎってもらって実っていくのですね

110722goya04_02 110722goya04_03 110722goya04_04
【生長中のゴーヤ】…葉っぱをかき分けて撮影しました
左:大きく成長
中:中くらい
右:受粉後3~4日ぐらいでしょうか

110722goya04_05_2
【ゴーヤのカーテン】…屋外側

110722goya04_06
【ゴーヤのカーテン】…(室内側より撮影)ゴーヤの葉っぱと実の隙間から太陽が差し込んできます

110722goya04_07 110722goya04_08
左:【収穫第一号のゴーヤ】
右:【ゴーヤのかき揚げ】…ゴーヤのほろ苦さに竹輪の味が加わって、冷やしソーメンで美味しくいただきました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

ゴーヤで緑のカーテンを【その3・受粉の仲間たち】

ゴーヤの雌花がたくさんできてきています。雄花もたくさん咲いていまして、雌花の10倍ぐらいの数です。まさに紅一点の世界のあり様という感じです。

受粉がどのようになって行われていくのかを観察しました。一般的には蜂とか蝶々がその役割を果たしてくれますので、そのつもりで時々カメラを持って観ていました。蝶々が来ましたが、カメラを構えてもあっという間に飛んで行ってしまいます。蜂も飛んできましたがタイミングよく撮影できませんでした。
その代りこの子たちも受粉のお役目を果たしてくれているのではないかというのを発見しました。アリんこ達やハチなのかアブなのかわからない昆虫たちでした。懸命に雄花の蜜を吸っているではないですか。よろしくお願いしますという気持ちで彼らの営みの姿を見守りました。

それではと、私も受粉の仲間になろうと人工受粉を行いました。雌花の開花するのを待って、雄花をはさみで切っておしべを、雌花のめしべにチュウチュウをさせました。アリんこ君も雌花のおしべのところに歩いてきましたので、手伝ってくれているのでしょうね。
 既に受粉の終わった雌花たちはあちこちで結実していますので、収穫が間近になってきました。可哀そうに受粉ができなかった雌花さんは黄色くなってしまっています。

「ゴーヤで緑のカーテン」シリーズ記事は次よりご覧ください
ゴーヤで緑のカーテンを【その1】
ゴーヤで緑のカーテンを【その2・花が咲く】
ゴーヤで緑のカーテンを【その4・収穫はじまる】
ゴーヤで緑のカーテンを【その5・高校生レストラン】

【写真はクリックで拡大します】

110716goya03_01 110716goya03_02
【開花前の雌花】…(左)つぼみかたしの雌花 (右)花が少しふくらむ

110716goya03_03 110716goya03_04
(左):【開花した雌花】
(右):【開花した雄花】

110716goya03_05
【人工受粉をする雄花と雌花】…左が人工受粉用に摘み取った雄花。右が雌花。アリんこ君がめしべの周りでお手伝いをしてくれています

110716goya03_06
【人工受粉をする雄花】…受粉をやりやすいいように花びらをカットしました

110716goya03_07
【人工受粉】…おしべをめしべにチュウチュウ

110716goya03_08 110716goya03_09
【受粉の仲間たち(1)】
(左):クモのような昆虫
(右):小さなありんこ

110716goya03_10 110716goya03_11
【受粉の仲間たち(2)】
(左):大きめのありんこ
(右):この昆虫は小さな蜂かアブかどちらだろうか

110716goya03_12 110716goya03_13
(左):【受粉のお役目が終わった雌花】
(右):【受粉ができなかった雌花】…かわいそうに黄色くなって、しおれていくのでしょうかね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

急性緑内障発作で苦しい思いをしました

 突然襲ってきた急性緑内障の発作で、大変苦しい思いをしてきました。緑内障という目の病はよく聞く話ですが、なかでも急性緑内障が発作した時の痛みは、『鼻の穴の奥から頭の中心に向かって千枚通しを差し込まれたような・・・』極めて耐えがたい苦痛でした。今回のこのような耐えがたき苦痛、4年前に発症したときの心筋梗塞でも生死をさまよった痛みと苦しみと合わせて、この歳になってまた一つ苦しみの経験を重ねた次第でした。
 
 発作を起こしたのは左目。6/26(日)に津市・「東海眼科」で救急診療を受けると眼圧は60。正常値の10~20を大きく超過。応急的に眼圧を低下させる点滴を2回行い37まで低下。そして、「茶目」にレーザーにて涙の流れ道をつける応急処置を行ってもらい、頭の痛みは少し和らいだので、その日は帰宅しました。
 翌日の月曜日、経過診察を受け、その後かかりつけの名張市・「福喜多眼科」へ転院。そして月曜日と火曜日に受診。その結果、ドクターより更なる処置の必要性の提案がありました。元々の私の目の構造から、再び同じ発作の懸念があるということで、水晶体を人工レンズに取り換え涙の流れ道を確実に確保する処置を早急に行うことになりました。
 そして、翌日の水曜日に緊急手術を行うことになり、ドクターの紹介で日本赤十字の伊勢・「山田赤十字病院」入院。発作のショックで瞳孔が開きっ放しになっていましたので、手術は少し手間がかかったようで、1時間余りの時間となりましたが無事終了。3日後の金曜日には退院。
 左目の状況は、まだ回復には程遠く、左目視界はさながらカスミの中でみている感じで、視力は0.02。右目一つの生活が当分続きます。
 
 そして更に、この突発事態の第二弾があります。ドクターからは、右目にもいつ爆発するかもしれない状況なので、左目の手術の後に引き続き処置をしましょうとの勧めがありました。そんなことで、翌週の7/6(水)再び入院。右目も人工レンズに変更手術を行いました。
 右目は予防処置の白内障手術なので、前回と比べて短時間の手術で、前処理と後処理を除いて実質の手術時間は12分で完了しました。
 入院日数は4日間。7/9(土)に退院。退院時の左目視力はこの1週間で0.02から0.3まで回復してきました。まだ、左目視界のなかの対象物の輪郭ははっきりしませんが、回復の実感を持てました。山田赤十字病院の主治医・西井ドクターからも「焦らずに回復を待つように・・・」にとのアドバイスもありますので、時間経過での回復を期待したいと思っています。一時は失明も覚悟をしていましたのですが、うれしいことです。
 
 なお、入院中での余談です。かかりつけの福喜多眼科の福喜多ドクターは山田赤十字で1日/週の診察もしておられます。今年の3月までは、山田赤十字病院の常勤医で眼科副部長でした。
 そのようなことで、入院中は主治医の西井ドクターと福喜多ドクターのお二人に診察を受ける幸運に恵まれました。その折に福喜多ドクターから「野戦病院さながらの風景です」との冗談がありました。
 まさにそのような状況でした。入院患者の診察は朝の外来診察の前に行いますが、待合室は眼帯を掛けた入院患者が20名余り、椅子に座りあるいは車椅子で診察を待つことになります。ほぼ全員が老人の男女です。人生の様々な戦いを経験してきて、戦いで痛めた目の治療を受ける人たちばかりだったのです。冗談ではなく事実そのもの、戦争で傷ついた目や手足に身体に包帯を巻いた兵士が横たわっている野戦病院さながらの雰囲気を改めて感じとりました。
 私も同様に、戦いで傷ついた身体を治療してもらって再び残された人生を元気に楽しく生活していく望みを、この病院のドクターをはじめ看護師の方々とそしてスタッフの方々は、私たち老兵に与えてくれているのだとの思いで感謝の気持ちを深めています。

110710ryokunaisho_03
【急性緑内障手術後の左目】・・・この状態で一晩を過ごしました

110710ryokunaisho_04
【急性緑内障手術後の翌日の左目】・・・まだ充血していて、発作のショックで瞳孔が開いたままになっています。左目視界は焦点が合わなくて、見えるものはすべてカスミの中で見ている感じ。視力は0.02

110710ryokunaisho_05
【手術、3日後の左目】・・・このように保護メガネを着けて外出できます。1~2週間はほこりや水滴から目を保護します。左目は瞳孔が開いたままなので、日中の光はまぶしくて少しの時間しか目を開けていられません。右目は正常の目。この1週間後に右目も予防的に手術をしました

110710ryokunaisho_02 110710ryokunaisho_01
左:【手術前の弾性ストッキング】・・・手術中に下肢の静脈に血栓が生じるのを防止するための処置。下肢全体またはつま先から膝下までの血流のうっ滞の予防
右:【手術を受けた伊勢の山田赤十字病院】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »