« 画面表示が無茶苦茶に/パソコンディスプレイ | トップページ | e-Tax・今年は操作が改善された »

2010年1月29日 (金)

【続報】画面表示が無茶苦茶に/パソコンディスプレイ

 前回のブログで「画面表示が無茶苦茶になったパソコンディスプレイ」を掲載しましたが、その続報として、トラブル修復後の対策を行いましたので報告します。
前回の記事は次よりご覧いただけます・・・http://kys-blog.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/post-4dff.html

 グラフィックボードの交換をして修復しましたが、故障した原因はボードの熱放散が適切ではなかったと考えていました。そのようなことで、その対策を次のように行いました。

《原因追及と考察》
(1)使っていますグラフィックボードは
 ・Gigabyte GV-N76G256D-RH ファンレス仕様
(2)次の写真を見ていただきましたら解かる通り、熱放散用の放熱フィンが下向き方向になっています。その為に、発生した熱は放熱フィン内に滞留してしまい、熱放散が適切に行われ難くなっています
(3)マザーボードでのレイアウトの関係からこのようになってしまったので、この場合は仕方がないことです
(4)騒音を考えてファンレスを選定しましたが、結果的にはファン付きを選んだ方がよかったと思っています

100129agpcooling05_2
【冷却対策の必要なグラフィックボードの取付状態】・・・放熱フィンが下向き方向になっているため、熱が滞留して熱放散がうまくいかない

《対策》・・・【対策をしました写真は下記に掲載】
(1)ケースファンを使ってグラフィックボードの放熱フィンに直接冷却用の風を当てることを考えました
(2)冷却ファンは次を選定
 ・サンワサプライ・ケースファン TK-FAN2
 ・サイズ:W80×D80×H25mm 2400rpm
 ・風量:31.3CFM ノイズレベル:29dBA
 ・DC12V 0.14A 1.68W
(3)取付はケース内にうまく収まるように考えました結果、ホームセンターで適当な金具を買ってきて少し加工を加えて出来上がりました

《結果の検証》
・目的にしていました温度低下がどのようになったかを確認しました
(1)対策前はボードの放熱フィンの温度は45~50℃以上になっていたと推定します(測定は温度計の持ち合わせがありませんので、指の触覚で判断しました)。多分、この状態であったら熱発生しているチップのところでは、60℃を超えていたと想像します
(2)対策後の触覚判断では、30℃以下になっている感じです。まったく暖かさもなく、温度を感じませんから、体温より低いことは確かです

 ということで、この度のディスプレイの表示が無茶苦茶になってしまったトラブルの修復から、その後の対策までの結果報告としたいと思います

【対策しました状況の写真】

100129agpcooling01_2 100129agpcooling02_2
左:【冷却用に使ったケースファン】・・・サンワサプライ TK-FAN2
右:【冷却ファン取付用に加工した金具】・・・金具はホームセンターで適当なものを探した

100129agpcooling03_2
【冷却ファンと金具をセットした状態】

100129agpcooling04
【パソコンケース内に取り付けた冷却ファン】・・・グラフィックボードの放熱フィンに向かって風を当てるようにしました

|

« 画面表示が無茶苦茶に/パソコンディスプレイ | トップページ | e-Tax・今年は操作が改善された »

コメント

目樽工房さん
使い慣れたソフトはなかなか手放せないですね。しかし、ハードウエアーそのものは寿命があるしシステムそのものも古いものはお役目満了となってしまいますね。ソフト君の永らくの活躍をねぎらってやってください。

   2/5(金) 水無月生

投稿: | 2010年2月 5日 (金) 16時26分

PCのメンテも大変でんなあ・・・
長年使ってきたドロー系ソフト「ドローキット」がMEまでの対応で、大切に使っていたMEがハング起こすわsafetyモードで画面反転など完全に潰れてしもた!新しくXP以降に対応のドローソフトの購入申し込みとバックアップ用のPCを後輩のサポーター君にお願いして組み替え中です。

投稿: 「目樽工房」妹尾 | 2010年2月 5日 (金) 06時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【続報】画面表示が無茶苦茶に/パソコンディスプレイ:

« 画面表示が無茶苦茶に/パソコンディスプレイ | トップページ | e-Tax・今年は操作が改善された »