« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月の3件の記事

2009年4月20日 (月)

同窓会幹事役は任務完了

090419tenridokikai00_2   昨日の4/19(日)は中学・高校の同窓会でした。私・水無月生は相棒の女子同級生とともに幹事役でしたが、無事任務完了しました。昭和30年(1955)中学卒業、昭和33年(1958)高校卒業です。
 今年70歳の元若者27名が元気に集まりました。6年間ともに過ごし気心がわかった連中ばかりです。毎年集まっていますが、何の話をしているのでしょうか、会えば話はいつまでも尽きません。不思議なものです。

 今年はちょっと趣向を凝らし、パソコンで作成したスライドムービーをプロジェクターで投影して仲間たちに見ていただきました。中学高校時代のお宝写真とその当時の時代の出来事写真を組み合わせたものと、最近15年の写真でストーリーを10分間で構成しました。スライドはパワーポイントとムービーメーカを併用し、当時の流行音楽をバックミュジックに取り入れました。50数年前への10分間のタイムスリップを楽しんだ次第です。

 お互いこの歳です。毎年会える機会があることそのものが幸せです。残念ながら旅立たれた仲間もいます。一次会と二次会合わせて6時間の語り合いの時間を、楽しく過ごし喜びを感じて来年もまた会えることを約してお開きにしました。

090419tenridokikai01 090419tenridokikai02
左:【会場受付】・・・元美女たち
右:【食事】・・・宴はたけなわ

090419tenridokikai03 090419tenridokikai04
【食事中も話ははずみます】

090419tenridokikai05
【宴を終えて全員集合】

090419tenridokikai06 090419tenridokikai07
左:【二次会カラオケ】・・・歌ってしゃべってそれでも話は尽きない
右:【二次会お開き】…「星影のワルツ」を全員で歌って

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

デジカメ作品展/公民館IT講座

 昨秋より行っていました、名張市・桔梗が丘公民館での私・水無月生が講師を務めました「IT講座/デジカメコース」は5ヶ月間10回の講座を修了しました。7名の受講者はそれぞれの思いを込めて作品作りに励んでいただきました。35点の力作が出来上がりましたので、公民館内のギャラリーで展示会を行っています。4/16(木)~30(木)までの2週間展示しています。

 作品テーマは海外旅行・国内旅行、ペットや花、かわいい孫、ご主人の陶芸作品等々がたくさん撮影されました。そのデジカメ作品を『写真集』としてA4写真用紙に工夫を凝らして表現されています。下の写真は、35点の作品の中から、2点/1人を選んで掲載しました。
 作品作りをされた方には、楽しくまた、嬉しい出来上がりばかりです。お近くの方はどうぞ桔梗が丘公民館へお越しになってご覧ください。

(写真はクリックで拡大します)

090416dejikame_00
【展示作品全景】

090416dejikame_01 090416dejikame_02
左:【飛騨・白川郷】
右:【宇治散策】

090416dejikame_03 090416dejikame_04
左:【ララちゃんのひとりごと】
右:【エジプト旅行】

090416dejikame_05 090416dejikame_06
左:【お孫さん・1才のけいごくん】
右:【イタリア旅行】

090416dejikame_07 090416dejikame_08
左:【お花と近所の公園】
右:【春の花】

090416dejikame_09 090416dejikame_10
左:【パリ/ヨーロッパ旅行】
右:【ローマ/ヨーロッパ旅行】

090416dejikame_11 090416dejikame_12
左:【ゴンちゃんの生活】
右:【ゴンちゃんのお好み食べ物】

090416dejikame_13 090416dejikame_14
左:【月ヶ瀬梅林】
右:【ご主人の陶芸作品】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

日本最初の文字が書かれた土器

090402uresinosiryokan_1  日本最初の文字が書かれたという「墨書土器」の見学を先週の4/2(木)に嬉野ふるさと会館へ行ってきました。私たちの万葉の会4月例会です。この墨書土器は1995年(平成7年)と1999年(平成11年)に発見された話をご存じの方も多いと思います。三重県嬉野町(うれしの町)の片部遺跡と貝蔵遺跡で『田』と墨書された2つの土器と、人面らしきものを書かれた土器です。
090402bokushodoki_3  日本で書かれた文字の古いものは遺跡からたくさん発掘されていますが、ほとんどのものは飛鳥時代600年代の木簡がよく知られています。しかし、それ以前の日本では文字は本当に使われていたのだろうかという確証は得られていませんでした。それが、この片部・貝蔵遺跡の土器に書かれた墨書が証明してくれたことになります。
 貝蔵遺跡の土器は一つは西暦100年代末、あとの一つの片部遺跡のは西暦300年代初めのものだそうです。ちょうど卑弥呼の時代に重なります。そんなことで、この墨書土器は弥生時代の様子に夢と想像をふくらませてくれる楽しい材料を与えてもらいました。

 片部・貝蔵遺跡は近鉄中川駅周辺になります。長谷街道がここを通っていまして、大和・長谷から伊勢への街道筋になります。やっぱり、そんな時代から大和と伊勢が密接に結びついていたことと、この地域が物資の交流と経済的に重要な役割を果たしていたということも改めて認識できると思います。近鉄の線路がこの中川駅で大阪伊勢方面と名古屋方面の分岐点になっているのも同様にうなずけることでしょう。

090402bokushodoki_1
【墨書土器-1】『田』の文字をご覧ください。1995年(平成7)12月貝蔵遺跡で発掘。西暦300年代の土器

090402bokushodoki_2
【墨書土器-2】これも『田』の文字をご覧ください。1999年(平成11年)12月片部遺跡で発掘

090402uresinosiryokan_3 090402uresinosiryokan_5
左:嬉野町歴史資料館で墨書土器の説明を聞く
右:展示物を熱心に見入る「万葉の会」メンバー

090402uresinosiryokan_2 090402uresinosiryokan_4
左:【嬉野町歴史資料館】…うれしのふるさと会館内
右:【資料館内の展示室】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »