« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月の6件の記事

2009年1月31日 (土)

「マリと子犬の物語」映画会

090131maritokoinu_0  また映画で泣きました話です。1/31(土)桔梗が丘公民館で「マリと子犬の物語」の映画を鑑賞してきました。地区内の親と子供たち150名ほどが集まってきました。
 この映画ご存じの方も多いことだと思いますが、感動の実話映画です。2004年の新潟県中越地震の被災地「山古志村」の兄妹の子供と母犬マリと3匹の子犬たちの物語です。
 090131maritokoinu_1 物語ではたくさんの「愛」が、語りかけてくれました。「親子兄妹の愛」「犬と人との愛」「犬の親子の愛」「村人たちの隣人愛」、そのほかにも人々が多くの愛の中でお互いが助け合って生きていく姿は、涙なみだの感動をめいいっぱい与えてくれました。このような素晴らしい話があったとは、本当に心うたれる今日の出来事でした。いま、この記事を書きながらも挿入写真を見ながら、また涙がこみ上げてきてしまいます。
 まだご覧になっておられない方がありましたら、是非ともお薦めいたしたいと思います。

(映画のあらすじ)
 山古志村の兄妹、亮太と彩。母親は病気で亡くなり、父親と祖父の4人家族。ある日、彩は野原で捨て犬を拾い、一家で飼うことに。マリと名づけられた子犬は、1年後には子犬を3匹産み彩の家族は幸せの中の日々を送っていた。そんな時、山古志村を悲劇の大地震が襲ったのだ。
 家の下敷きになったおじいさんと彩を助けるべくマリが救援隊を呼びに行く。村人たちは全員村からヘリコプターで避難をするが、母犬マリと3匹の子犬たちは残される。残されたマリは、食べ物を探し外敵から子犬3匹を守り抜いたのだった。
 そして、村人たちの一時帰村のときに、彩とマリと3匹の子犬は涙の再会を果たすことができた。

090131maritokoinu_2 090131maritokoinu_3
左:【のどかな山村「山古志村」の田園】
右:【亮太と彩は捨て犬と出会い】…子犬はいつまでも2人を追っかけてくる

090131maritokoinu_4_2
【マリと子犬と幸せな日々の彩の家族】

090131maritokoinu_5 090131maritokoinu_6
【村から避難のヘリコプターに】…彩は号泣しながら空に吊り揚げられていく

090131maritokoinu_7
【村に取り残されたマリと3匹の子犬たち】…ヘリコプターを見上げるだけ

090131maritokoinu_8 090131maritokoinu_9
【一時帰村で彩はマリと涙の再会】

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月22日 (木)

ノートPCの自作を検討した結果です

 またまた、パソコンのハードウエアのことで恐縮です。ノートパソコンの自作を検討しました。結論を先に書きますと、残念ながら自作をあきらめて、BTOにしたというくだりです。以下その顛末を、要点を絞って記載したいと思います。
(BTOとはbuild to order。つまり機能部品は自分で仕様を決めて注文・組立してもらう…オーダーメイドのこと)

 私のパソコン自作はデスクトップは手掛けていましたが、ノートパソコンの自作は未経験でした。そんなことで昨年末から実行すべく検討に入りました。
 パソコンが現在の市場に提供されている状況を、簡単に整理しますと次のようになります。
(1)大手メーカ製の完成品(OS/Windowsのプリインストール済み品)…大多数の方はこれを購入します。
(2)大手メーカでのオーダーメイド品(BTOになりますが、OSはプリインストールされる)
(3)専門メーカまたはショップでのオーダーメイド品(BTOですが、OSなしでの注文も可能)
(4)ベアボーン(ショップで部品一式をセットして販売。自作組立をするが、部品はセット内容も含めて保証)
(5)部品を全てばらばら購入してすべて自分の責任で組み立てする(保証は部品単体のみ)…私のデスクトップ自作はこれでやっています

090123mouse_pc01  そんなところなのですが、自作ノートパソコンの供給市場はベアボーンが主体になっていますが、最近になってその供給環境は貧弱になってきていました。ノートパソコンを自作する人が少なくなっているのでしょうね。年末に検討しましたところでは、1年前のパーフォーマンス仕様のもの程度しか手に入らないことがわかりました。自作を楽しむ分にはこれで満足すべきなのですが、Vistaが2009年末か2010年初にはWindows7に衣替えすることを考慮すると、やはりハイパーフォーマンスでないとという考えもあります。
 年末から正月休みにかけてあれこれ考え逡巡した結果、この際はノートパソコン自作をあきらめて、マウスコンピュータ製(専門メーカ製)の「BTO」パソコンにした次第です。1/6(火)オーダーをしまして、1/18(日)配送されてきました。

【チョイスした部品仕様の一部を紹介します】
・CPU:インテルCore2 Duo/T9550…2008/12新発売の最高仕様品の1つ下の仕様品
・メモリ:4GB…現時点では最大容量の仕様になります
・ビデオチップ:GeForce 9500M/GT…これも相当のハイパーフォーマンスです
・その他の部品は省略します。肝心の値段はOS・Office等のソフトなしで、130,000円(多分大手メーカ製なら20万円を超えると思いますが、それにはOSやその他のソフトは全てセットしていますので、ハードのみの比較ならほぼ同じ程度ということでしょうか)

Windows VistaとOfficeは次の仕様のものを、インストールしました。
・Windows Vista Business
・Microsoft Office Ultimate 2007

【写真はクリックで拡大します】

090123mouse_pc02 090123mouse_pc03
左:【ノートパソコンの「キーボード」】…テンキー一体型ですので、デスクトップと同じ感覚の操作が可能です
右:【自分でインストールするWindows VistaとOffice2007】…なお、Office2003もインストールしています。講座では「2003」と「2007」を並行してレッスンする必要があります関係です

【以下の写真は、OSのインストール進行状況です】

090123mouse_pc04 090123mouse_pc05
左:【OSインストール前の起動画面】…パソコンは全くのただの箱の状態。これから以降、使えるようにすることになります
右:【OSのインストール開始画面】

090123mouse_pc06 090123mouse_pc07
左:【インストールする言語等の設定】
右:【OSのインストール実行開始】

090123mouse_pc08 090123mouse_pc09
左:【ライセンス認証】…オンラインでプロダクトNoの認証を受ける
右:【インストールが進み最終処理中】…✔マークがインストール済みの状況

090123mouse_pc10 090123mouse_pc11
左:【ユーザセットアップ】…パソコンの使用者を設定
右:【セットアップ完了】…全てのインストール作業が完了

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

デスクトップPCのメモリ増設

 以前ノートパソコンのメモリ増設のことを記載しましたが、今回のは「デスクトップパソコン」のメモリ増設のことです。 手がけましたパソコンは、2002年発売の富士通製のものです。OSはWindows XPの初期段階のものですので、メモリ容量は256MBでした。この度それを1GB(1024MB)へ増強の依頼を受けました。デスクトップパソコンはノートパソコンに比べると極めて容易にできます。

 パソコンは使っていくうちに動作時間が長くなってきたりします。また、ソフトの増設をしたり保存資料が増えてくるとかいろんな環境が変化しまして、どうしても動作時間が悪化していきます。一番の問題は起動時の読み込みでの動作が遅くなることですが、メモリ容量の不足が大きく影響します。そんなことで、今回の結果を見ていただければ、改善効果がよくわかっていただけると思って掲載しました。

(増強前)起動時間:4分40秒
(増強後)起動時間:1分50秒
・改善を行うためにはメモリ増強のみでなく、パソコン内の整理整頓も行わなければなりませんが、その中でも「デフラグ」という処理をまずはやらなければなりません。ハードディスク内のファイルの配列をきっちる並び直すことです。今回は、メモリ増設とデフラグでまずは一件落着でした。

090116memoryup1 090116memoryup2
左:【メモリ増設前のメモリモジュール(256MB×1枚)】
右:【メモリモジュールを取外して、メモリスロットが空になったところ】

090116memoryup3 090116memoryup4
左:【増設するメモリモジュール(512MB×2枚)】
右:【増設完了:1GB(512MB×2枚)装着】

090116memoryup5
【デフラグ処理完了の表示】
 ・上のグラフがデフラグ前
 ・下のグラフがファイル類が整然となった状態を示しています

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年1月13日 (火)

同窓会幹事の役割準備開始

 昨日、1/12(月)は中学高校時代の同窓会の準備を始めました。中学高校と6年間ともにした仲間が毎年集まっています。今年の幹事役は私で、もう1人の幹事役の女の子(とは言っても69才のおばあさん)の自宅へ迎えにいって、目星を付けていた会場のホテルへ予算打診と日程予約に行き、4/19(日)と決めてきました。二次会はお決まりのカラオケになります。その店も予約完了。

 全て首尾よくいきまして、その後、懐かしの高校をひと目見ようと寄り道してきました。校舎は当時のままそっくり残っていまして、嬉しいことでしたが、学校の周辺環境はいろんな建物が出来ていて様変わりには驚きでした。

 そのようなことで開催案内を作る素材にと思って、学校の写真を撮影しましたので、ここでも紹介します。他人の学校なんかどなたにも興味のないことですが、気が向く方はご覧ください。

090112tenri_highschool1 090112tenri_highschool2
左:【母校の校舎正面(ご存知の方もおられることですが、奈良県の天理高校です)】
右:【高校の正面玄関】

090112tenri_highschool3 090112tenri_highschool4
左:【チョット横から失礼して敷地に入って校舎側面を撮影】
右:【休日でしたが生徒たちが隊伍を整え、足並み揃えて歩いてきました。私学ですので、躾をきっちり行われています。50数年前の自分の姿を見た思いでした】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

囲碁・新春打ち初め

 桔梗が丘公民館サークル活動「桔梗が丘囲碁同好会」例会の新春打ち初めが、今日1/11(日)でした。ちょっと遅い打ち初め、今年はカレンダーの関係で例会の日曜日は今日が最初の日になりました。
 会員の方々、午後からそれぞれが三々五々集まってきて相手を見つけけての対局です。今日は会員28名中の16名が集まり、楽しく午後の5時間を過ごしました。

 メンバーは大多数が高齢者になっています。世の中の高齢化の波は私たちのサークルも同様です。一昔以上前は30代40代のものが多かったのですが、今は残念なことです。中学生が入会してくれることもあるのですが、高校生になると学校の勉強の時間のために、囲碁をあきらめてしまっていますのが惜しいことです。囲碁は思考を楽しむ格好のゲームなので、やればやるほど面白さと味わい深い楽しさがあるのですが・・・。

 私の新春打ち初めは5時間足らずの時間でしたが、4局打ちました。盤面での陣取り合戦、競り合い合戦、戦国時代の戦さながらのお互いが緊張と駆け引きの時間空間でした。

090111igo_uchizome1 090111igo_uchizome2
左:【例会の囲碁対局風景】
右:【対局者は夢中になっていますので、話しかけてもすぐには返事がありません】

090111igo_uchizome3 090111igo_uchizome4
左:【石は中指と人差し指ではさんで、指をしならせるようにして打ち下ろします】
右:【昨秋作りました、「桔梗が丘囲碁同好会」の案内ポスター】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

お正月はエクセル教材作り

 新年おめでとうございます。挨拶が遅くなってしまいました。今年もよろしくお願いいたします。
 正月休みは、今年のExcel講座の教材作りをしていました。このブログでも二度ほど書かせていただきましたが、同じパソコン講師仲間でやっています研修会の今年の分の準備をしていました。昨年まではIF関数の講座を9回に亘ってやっていましたのが終了しましたので、このあとの分として「日付関数」を便利に使う講座を3回程度で計画しています。 そんなことで、お正月はのんびり時間を持つことなく、手が空けば教材作り作業で時間空間を埋めてしまっていました。

 作りました演習課題の中からの出来上がり作品を一つですが、「オリジナルカレンダー」を披露させていただきます。紹介させていただきますものは、1ヵ所のセルに日付を入力するだけで4ヵ月連続のカレンダーが出来上がります。またメインの写真はご自身のものに取り換え変更してください。詳しくは、ダウンロードページをご覧ください。

 Excelに関心のある方はダウンロードをしてお試しください。また、さらに興味のある方は自身の手でつくっていただくのもまた、面白いと思います。

(ダウンロードは次からです)
http://homepage2.nifty.com/kys/kys.pc_benricho.htm

090104excelcalendar 090104originalcalendar
左:【Excel画面でのカレンダー】
右:【出来上がりカレンダー】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »