« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の11件の記事

2008年10月28日 (火)

宇流冨志禰神社の宵宮/三重県名張市より

081027yoimiya_00_uruhusine  10/27は三重県名張市の「宇流冨志禰神社(うるふしね神社)」の宵宮でした。名前が読みにくいということは、歴史のある古い神社ということになります。
 8月にこのブログで記しましたが、名張は畿内の東の端。そして、壬申の乱でご存じの天武天皇の時代には、この地は伊勢への街道の要所として登場してきます。その時代からある神社ですが、戦国時代には織田信長の伊賀攻めで、すべてを焼き尽くされたそうです。その後の名張は、伊勢・伊賀の領主となった藤堂高虎の所領となり、伊勢街道・長谷街道の宿場町として明治まで続くことになります。

 前置きはこれまでにして、「宇流冨志禰神社の宵宮」の話に進みます。名張の街なかの神社の氏子の4つの町が、それぞれ4つの『講』をつくっています。それぞれの講では毎年一つの家が「頭屋(とうや)」として祭りの大きな役割を担うことになります。そして頭屋の中の一つが神の子として祝いを受けることになります。それが「年頭子(ねんどご)」と呼ばれ、祭りの主役を務める神の子として選ばれることになるのです。
 宵宮では、講の人々が御旅所になっている愛宕神社から宇流冨志禰神社までの2kmの道を30分余りかけて巡行します。巡行は「ネンド、ネンド、ゴーエー」と繰り返しくり返し声を掛けながら、松明を先頭にかかげ、年頭子の後ろには裃(かみしも)姿にちょうちんを手に持った人々が100人ほど行列をつくって練り歩くことになるのです。

 今の時代になっても、町の中でこれだけの多くの人が裃姿になってお祝いをすることそのものが珍しいことですし、それぞれの家々で裃(かみしも)と袴(はかま)をこの日のために保管してあることも、素晴らしいことだと思います。このように昔からの伝統を町をあげてしっかり守っていること、そして、この町の人々に根付いていることに、この神社のお祭りの格式を感じた次第でした。

・・・(写真はクリックで拡大します)・・・

081027yoimiya_01_atago
【松明を先頭に集まってくる「頭屋(とうや)」の方々】・・・御旅所の愛宕神社

081027yoimiya_02_atago 081027uruhusi_yoimiya_4
左:【御旅所に集まった「頭屋」の方々】・・・これだけ多くの裃姿が集まると壮観です(愛宕神社)
右:【
祝いの酒をいただいている「年頭子(ねんどご)」の家族】・・・愛宕神社

081027uruhusi_yoimiya_1
【獅子舞の奉納】・・・御旅所の愛宕神社

081027uruhusi_yoimiya_2 081027yoimiya_03_machinaka
左:【「年頭子(ねんどご)」を先頭に「宇流冨志禰神社」まで練り歩く「頭屋」の人たち】・・・街なか
右:【子供たちが鐘つきやぐらで、鐘をついて巡行を祝っています】・・・街なか

081027uruhusi_yoimiya_3 081027yoimiya_04_machinaka
左:【町の家々では軒先に提灯をつけ、「年頭子」巡行を祝っています】
右:【格式の高い家の門前の提灯】・・・提灯にも格式が表れています

081027yoimiya_05_yomise 081027yoimiya_06_yomise
左:【一の鳥居】・・・宇流冨志禰神社(うるふしね神社)参道
右:【宵宮の屋台】・・・神社参道を埋め尽くして

081027yoimiya_07_uruhusine
【大篝火(かがりび)の向こうの神社本殿】・・・宇流冨志禰神社

081027uruhusi_yoimiya_5
【大篝火の向こうで、神事を待っている「頭屋」の人たち・・・宇流冨志禰神社拝殿

081027yoimiya_08_uruhusine
【大篝火の勢い強く拝殿の幕が焼けてしまった】・・・宇流冨志禰神社拝殿

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

ICTマスター認定証/やっと送ってきました

 待ちに待った「ICTマスター認定証」が送られてきました。マイクロソフト社がNPO活動を対象としたホームユーザー向けのパソコンインストラクター資格認定に関する記事は8月中旬に記載いたしましていますのでご覧いただいた方もおられることと存じます。
・(ICTマスター認定研修会関連)はこちらからご覧ください
・(ICT検定受験関連)はこちらから

 そのインストラクター資格の「ICTマスター for NPO認定証」と「マイクロソフトマスターズクラブ・メンバーバッジ」がやっとという感じで、本日送られてきました。
 待ちに待ったといいますのは、8月下旬にICT検定に合格し月末には正式に認定通知をいただき、直ぐに認定料の振り込みをしました。しかし、1か月余り過ぎた10月初めになっても「認定証」が未着状態でした。やむなく問い合わせメールをしましたところ、諸事情があって発送が遅れている旨の返信メールがありました。そんなことで今日まで待った次第でした。

 そんな事情があったわけですが、1か月余り遅れで、ようやくにして正式に手にした「ICTマスター認定証」です。いま現在行っていますパソコン指導のNPO活動に、さらにこの資格が活用されて少なからずの役立てが果たしていけることを期待しながら、明日からの実活動に励んでいきたいと考えています。

081024ict_license2 081024ict_pinbadge
左:【ICTマスター認定カード】
右:【マイクロソフトマスターズクラブ・メンバーバッジ】…直径20mm(1円玉と同じ大きさ)

081024ict_apology_letter
【マイクロソフトの発送遅延詫び状】…認定証に同封されてきたもの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

飛鳥京跡発掘研究講座

081019tokubetuten_pamphlet 奈良県立橿原考古学研究所創立70周年記念行事の「秋季特別展・宮都飛鳥」が同研究所付属博物館で10/4(土)~11/30(日)の期間で開催されています。博物館での特別展と合わせて、その研究講座が10/19(日)開催されましたので参加してきました。

この日の講座は、次の2つの演題でした。
(1)飛鳥京跡の調査成果から 山田隆文さん(博物館学芸員)
(2)飛鳥京跡から出土した木簡 鶴見泰寿さん(橿考研学芸員)

 飛鳥京跡の発掘は50年前の1959年から始まり、現在まで159次の調査が行われています。いままでは文献から推定するだけだった宮殿の所在が、この調査が進むにつれて、その場所が不明だったいくつかの宮跡や宮殿遺構が発見され、天武天皇の飛鳥浄御原宮(あすかきよみがはらのみや)や飛鳥時代の歴代天皇の宮、等が特定されるようになっています。

 博物館での特別展では、飛鳥京跡の発掘調査の成果の紹介、祭祀遺跡や生産遺跡等に加えて、東アジアの都城遺跡の紹介も行われていました。展示品の数々は興味深いものばかりで、改めて飛鳥京の内容を知ることができました。

 研究講座は、2人の30代後半の若い考古学研究者の発表でした。有名な先生の講演と違って、今まで彼ら自身が研究に携わってきた事柄と勉強した成果を新鮮な形で発表していただけました。

081019museum_unebiyama
【畝傍山と橿考研・付属博物館】

081019museum_freezone 081019museum_garden

081019kasikouken 081019kouen_lunch
左:【橿原考古学研究所】
右:【橿考研内廊下で昼食】
・・講座開始は13:00より12:00開場なので、皆さん早々と入場して席確保の後、廊下で昼食です

081019tokubetuten_kouen 081019tokubetuten_zuroku
左:【研究講座の「飛鳥京跡の調査成果」発表の若い研究者】
右:【秋季特別展「宮都飛鳥」図録…90ページ】・・・700円で購入しました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

『要約筆記』ご存知ですか/番外編・裏方稼業3-公民館行事

 桔梗が丘公民館改修記念行事・番外編/裏方稼業報告(3)は、10/5(日)に行われました山田法胤薬師寺副住職の講演で、耳の不自由な方(聴覚障害者)向けに行われました『要約筆記』です。
 『要約筆記』とは、講演内容を逐一要約しながらオーバヘッドプロジェクタ(OHP)に手書きで文章を筆記していくことです。耳の不自由な方への会話手段は、手話が主なものですが、講演会等では会場が暗くなっている場合はうまく使えません。また、手話を理解していない方もおられます。(先般、林けい子さんから「指点字」の紹介ブログがありましたが、これだと1人の障害者に対して必ず1人の指点字操作者が必要になると思います)

 今回、私たち裏方稼業を勤めましたスタッフは、このような障害者向けのいろんな会話手段で、『要約筆記』というものがあるのをはじめて知った次第です。当然、それらを作業するスタッフは、その仕事をボランティアで専門に行っている方です。そのような方々の協力がありまして、今回の講演会では耳の不自由な方にも参加していただける機会を作ることができました。実際に該当する方は1名の参加でしたが、このような活動が浸透していけば、公民館活動の意義もより高まるのではないかと感じた次第です。

081005yoyakuhikki_1
【『要約筆記』を紹介するデモンストレーションをスクリーンに筆記しているところ】

081005yoyakuhikki_2 081005yoyakuhikki_3
左:【準備作業中の要約筆記スタッフの方々】
右:【要約筆記の標準略号】

081005yoyakuhikki_4 081005yoyakuhikki_5
左:【実際の要約筆記作業の様子】・・・ライトが明るいので作業はサングラスをつけて行っています
右:【講演内容を実際に『要約筆記』しているスクリーン】

081005yoyakuhikki_6
【講演中の『要約筆記』スクリーンの様子】

これにて、桔梗が丘公民館改修記念行事報告パート1~4、番外編/裏方稼業報告(1)~(3)を終了します。ご覧いただきましてありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

番外編/裏方稼業2・うどん屋さん-公民館行事

081004udon_kanban  桔梗が丘公民館改修記念行事・番外編/裏方稼業報告(2)は、2日間に亘って模擬店販売した「うどん店」の模様です。公民館サークルとして活躍しています、給食ボランティアグループ「友ー友」の方々と、私たち裏方スタッフの数名、公民館女子職員5名で、1日当たり20数名がこの作業に当たりました。
 販売品目は、きつねうどんとコーヒです。うどんは200円、コーヒは150円です。2日間でうどんは400食、コーヒーは300杯を準備しました。うどんの味は抜群、売れ行き絶好調で完売no
品切れの盛況ぶりでした。

 公民館行事では、毎年必ずうどん販売を行っています。せっかく公民館に足を運んでくださった地区内の市民の方々が、お昼時になって食事に帰宅したり外食に出かけることなく、各種イベントに参加していただくためにもこのような軽食サービスをすることで、公民館にそのまま残っていただいてもらえるようにと考えて行っている次第です。このこともあってか、公民館内は午前午後を通して大いに賑わっていることは、この作戦は毎回大成功を収めているということになります。
 
 もう一つスタッフが喜ばせてもらった小さな話題がありました。小学生2人が200円しかもっていないので、うどんを二人で分け合うといって食べに来たのです。スタッフは気を利かせて2杯のお茶碗に分けてやりました。二人の小学生は「うどんのおいしかったこと」、「親切に2杯に分けてもらったこと」を感謝して、食堂に使っていた部屋のホワイトボードに『感謝の書き込みメモ』を残して行ってくれました。裏方稼業の苦労が報われた一コマでした。

081004udon_junbi 081004udon_junbikanryo
左:【うどん準備作業中】・・・(調理室)
右::【うどん準備完了して】・・・皆さんどこかで休憩

081004udon_watasiguchi 081004udon_ticketstand
左:【開店前のうどん渡し口】
右:【食券販売中】

081004udon_thanx_memo
【小学生からのお礼の書込み・・・食堂のホワイトボードに書き残してありました】

081004udon_diningroom
【満室の賑わいの食堂風景】・・・期間中は会議室が食堂に模様替え

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

番外編/裏方稼業報告(1)・公民館行事

081004tatekanban_1  桔梗が丘公民館改修記念行事・番外編/裏方稼業報告をお届します。先に10/4(土)・5(日)に行われました公民館改修記念行事のイベント状況はパート1~4で報告いたしましたが、この行事に携わりました私たちスタッフの裏方稼業を3回に亘ってお知らせです。他愛のない内容のものですが、どうかご覧ください。
 まず第1回目の裏方稼業報告(1)は準備作業についてです。裏方スタッフの皆さんは、それぞれの持場もち場で活躍です。私・水無月生も若干ながら共に汗していましたので、合間をぬっての写真撮影でした。せっかくの皆さんの働きぶりを、なかなかいいタイミングで撮れなかったのが残念です。適当にサボって幾枚撮りました中からのピックアップです。もちろん私がカメラマンでしたので、私自身は映っていません!!!……

081004kokoroomoi_stage_junbi 081004tatekanban_2
左:【発表ステージ作り作業】(青少年が語るこころの思い発表)
右:【記念行事立て看板を公民館長自ら設置】

081004ticketstand 081004kokoroomoi_uketuke
左:【模擬店のうどん食券販売スタンド】…販売準備ほぼ完了して
右:【発表会受付】…ここの受け付けも準備完了して待機中(青少年が語るこころの思い発表)

081004kokoroomoi_sikai 081004volunteer_stand
左:【発表会進行司会担当】(青少年が語るこころの思い発表)
右:【ボランティア相談・紹介コーナー 】

081004resttime
【準備を終えてスタッフの数人がほっと一息】…ホットコーヒーをお召しです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月10日 (金)

山田法胤薬師寺副住職の講演/公民館行事・パート4

081005yamadahouin_kouen3  桔梗が丘公民館改修記念行事報告・パート4、2日目の10/5(日)午後は記念行事のメインイベントです。薬師寺・山田法胤 副住職をお招きして『名張の里と白鳳文化』と題した講演です。日ごろ多忙な中の山田法胤氏ですが、桔梗が丘公民館の改修記念イベントに快く講演を引き受けていただきました。講堂には椅子を当初200席準備しましたが、結局50席増やし超満員の盛況でした。

 講演のテーマの『名張の里』は天武天皇の皇女「大来皇女(おおくのひめみこ)」ゆかりの地であり、白鳳時代とは深いかかわりのあるところです。また、薬師寺は天武天皇が後の持統天皇である鵜野讃良皇后(うののさらら皇后)の病気平癒を祈願し飛鳥の地に創建され、その後、平城遷都でいまの地に移されています。

 白鳳時代に関しての文献からの話を、興味深く面白く聞かせていただきました。話の中身はこのことが全体の約1/3、残りの2/3はその時代の出来事を今の社会情勢に照らし合わせて、私たちの日頃の生き方や考え方に対して、仏の道、お釈迦さんの教典から見てどのように生きていったらよいかの話しを、約2時間の講演で面白おかしく私たちを笑わせながら聞かせていただけました。
その中の数例を紹介しますと、
●勝つ者は恨みを受ける、負けるのは夜も眠られず、勝つと負けるを離れると安らかになる
●他人のよこしま(邪ま)を見るなかれ、彼が何をなさざるかを言うべからず、我が何をなすべきかを思うべし
●福は徳をもって招く。貪(どん・むさぼる)はよろずのものを欲しがる。貧(ひん・まずしい)はお金を分ける

 その他にも興味の尽きない話がたくさんありましたが、省略いたします。それにしても、偉いお坊さんという方は、当然ですが博識そのものですね。朝は4時に起床してお参りされるそうです。そして夜は早く就寝されるとか。忙しい毎日でこのような日課の中、いつ勉強されるのでしょうか。そして世間の雑学や他愛のない話題や情報もたくさんお持ちになっている。私にとっては、感心することしきりでした。

★これにて「公民館改修記念行事報告パート1~4」を終えます。この次に私たちが活躍しました、「裏方稼業・番外編(1)~(3)」を投稿いたします。引き続きご覧になってください。

081005yamadahouin_kouen1
【会場は超満員の講演会風景】

081005yamadahouin_kouen4
【山田法胤副住職の入場】

081005yamadahouin_kouen2
【演壇の山田法胤副住職】

081005yamadahouin_kouen5 081005yamadahouin_kouen6
左:【名張市長も駆けつけて開演前の挨拶】
右:【公民館長の開会挨拶】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木)

コーラス競演を楽しむ/公民館行事・パート3

081005chorus_program  桔梗が丘公民館改修記念行事報告・パート3は、2日目の10/5(日)です。昨日までの小中学生のイベントから、この日の午前中は大人たちが元気いっぱいサークル活動しています、4つのコーラスサークルの華やかな『コーラスの競演』です。女性コーラスサークルが2つ、男女混声サークルが1つ、男性コーラスサークルが1つ、がそれぞれの歌声を競い合ってくれました。競演は約1時間30分、聴衆の皆さんとともに楽しい時間を過ごしました。

 いずれのサークルも中高年者以上の年配者で構成しています。皆さん歳はとっても日ごろからお腹の底から声を出しているからでしょうか、年齢を感じさせない溌剌さと、活力を感じさせてくれます。練習の活動も活発で、毎週練習を重ねていますサークルもあり、よくもそれだけ時間がとれることだと感心しています。
また、女性サークルの一つの「桔梗秋桜(コスモス)の会」は相当な腕前のサークルでして、各地からのお呼びがかかることも度々あり、練習と公演に多忙な日を送っているそうです。
(本日の出演サークル)
・桔梗南さわやかサークル(男女混声)
・さくらんぼ(女性)
・桔梗秋桜(コスモス)の会(女性)
・グリークラブ(男性)

 そのような歌声に生き甲斐を感じておられるサークルの方々の、華やかなパーフォーマンスを写真から想像してください。

 なおちなみに、裏方稼業の私は舞台の進行役を担当しまして、公演中は時計とプログラムをにらめっこしながら、目一杯の活躍をいたしましたでございます。

081005chorus_kaijou_2  081005chorus_debanmachi
左:【さわやかな歌声を楽しむ聴衆の方々】
右:【出番待ちの出演者】

081005chorus_sawayaka
【男女混声コーラスの「桔梗南さわやか」】

081005chorus_sakuranbo
【フルートの伴奏も加わって「さくらんぼ」 】

081005chorus_cosmos
【数段上の腕前の「桔梗秋桜(コスモス)の会」 】

081005chorus_guri
【男性コーラスの「グリークラブ」】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

中学生のブラスバンド演奏/公民館行事・パート2

081004kichu_ongaku_1  桔梗が丘公民館改修記念行事報告・パート2です。『青少年が語るこころの思い発表会』の後に続いては、中学生による演奏会です。桔梗が丘中学は音楽部の演奏、北中学はブラスバンド演奏です。  081004brassband_2_2

 いずれも、1,2年生ばかりの演奏です。3年生はこの時期はみんな引退だそうです。部活動6カ月ほどの1年生でも、私たちにはみんな上手な演奏に聞こえます。専門の方にはいろいろミスや下手くそなところが分かるらしいのですが、そんなことは私たちには問題外のこと。健やかに育って一生懸命に部活に打ち込んでいる姿を見るだけでうれしいものです。

 そんな子供たちのひたむきな演奏を、デジカメやビデオカメラを持った親たちもかわいい音楽会を楽しんでいました。2校それぞれ3曲ずつの6曲は30分ほどでしたが、爽やかなひと時でした。

081004brassband_1
【ブラスバンド演奏の会場風景】

081004brassband_3 081004brassband_4
左:北中学ブラスバンド部・キャプテンの演奏前の挨拶
右:北中学ブラスバンドの演奏

081004brassband_5
【ブラスバンド・トランペット奏者が立ち上がって独奏】

081004brassband_6
【ブラスバンド・真剣な眼差しで大太鼓奏者が】

081004kichu_ongaku_2
【桔梗中学音楽部の演奏 】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

青少年が語るこころの思い発表会/公民館行事・パート1

 三重県名張市・桔梗が丘地区の青少年の健全な育成を願って毎年行っています、『青少年が語るこころの思い発表会』を10/4(土)桔梗が丘公民館で開催しました。この発表会は地区内のまちづくり委員会・教育文化部主催で今年で12回目になります。

 今年の桔梗が丘公民館は3月より改修工事を行いまして、7ヶ月間休館していましたが、10月より活動再開しました。その改修記念行事を10/4(土)・10/5(日)の2日間執り行うことにしました。その模様をシリーズでお知らせします。

081004kodomohapyo_1  「改修記念行事報告・パート1」はまず『青少年が語るこころの思い発表会』です。桔梗が丘地区内の3つの小学校より9名、2つの中学校より6名の合計15名の生徒が元気いっぱい発表です。日ごろ子供たちの目から見たいろんな出来事や、経験を素直な気持ちで発表してくれます。心温まる話、子供の目から見た社会の問題、友達付き合いから感激したことや読書で得た事柄、等々です。

 これから次の社会を担ってくれるこれらの子供たちが、健全に成長していってくれることは、本当にうれしいことです。そのためにも地域社会の大人たちが、温かく育てていく環境をみんなで創っていくことが、私たちの責務であることを改めて痛感するひと時でした。

081004kodomohapyo_2
【始まる前の小中学生。発表練習する子、リラックスしている子、それぞれが様々】

081004kodomohapyo_3 081004kodomohapyo_4
写真左:【開会にあったって教育委員長より励ましのことば】
写真右:壇上で発表してくれています小学生と、聴衆の方々

081004kodomohapyo_5
【壇上で紹介されて、深々とお辞儀の小学生3名】

081004kodomohapyo_6_2 081004kodomohapyo_7
写真左:【小学生の発表テーマにひとつ、「がんばった運動会」 】
写真右:【発表中の小学生 】

081004kodomohapyo_8
【発表後、まちづくり委員会会長から記念品贈呈】

●ブログはこの後、これ以降のイベントの模様をパート4まで、番外編(1)~(3)では私たちの裏方稼業の模様をシリーズでお知らせしたいと思っています。どうかよろしくお付き合いください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 2日 (木)

デジカメ・高機能機を買いました

 デジカメの「高機能タイプ」を買いました。いま使っているデジカメは、いわゆる「コンパクトタイプ」で1000万画素のものですが、もう一段階上の「高機能タイプ」を買いました。
10年程前までは昔のフィルム写真でしたが、そのときは「ペンタックス・一眼レフ」を使っていましたが、パソコン時代になってデジカメが登場、手軽なコンパクトデジカメを愛用するようになりました。
 そして最近はデジカメの「一眼レフタイプ」も使い勝手がよくなり、そろそろと食指が動いていました。しかしよく考えてみると、一眼レフはどうしても機動性に欠ける、そして交換レンズも含めると重量がありすぎる。そんなことで、躊躇する日が続いていました。
そんな折、「コンパクトタイプ」と「一眼レフタイプ」の中間を行く「高機能タイプ」が最近になって結構使いやすく進化してきました。

 そんなこともあって、コンパクトにないマニュアル撮影ができて、より機能が豊富な高機能機をあれこれ選定しました。ソニー、パナソニック、ニコン、オリンパス等の機種を調べ、最終的にソニーの「サイバーショット/DSC-H50」とニコンの「Coolpix/PS-80」に絞込み。丸1日迷った末、可動モニターを搭載しているのが決め手になって、ソニーにしました。
一眼レフより重量も1/2の500g強。たまには三脚を使ったある程度の望遠撮影も可能だし、機動性がほぼ保てると判断しました。

 季節もよし。コンパクトタイプとこの高機能機の2つを携えてのこれからのお出かけ。果たしてうまく使い分けてそれなりに身動きが軽快にいけるだろうか。使う前から楽しさに一人で夢を膨らませています。

081002cybershot_1
ソニー・CyberShot/DSC-H50本体及び付属品一式。メモリーカードは1Gbと2GB

081002cybershot_2_2
CyberShot本体機。1000万画素。Net重量410g、バッテリー・ストラップ他含むGross重量540g

081002cybershot_3
今まで使っているコンパクトタイプ機。Casio・EXILIM/1000万画素

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »