« コーラス競演を楽しむ/公民館行事・パート3 | トップページ | 番外編/裏方稼業報告(1)・公民館行事 »

2008年10月10日 (金)

山田法胤薬師寺副住職の講演/公民館行事・パート4

081005yamadahouin_kouen3  桔梗が丘公民館改修記念行事報告・パート4、2日目の10/5(日)午後は記念行事のメインイベントです。薬師寺・山田法胤 副住職をお招きして『名張の里と白鳳文化』と題した講演です。日ごろ多忙な中の山田法胤氏ですが、桔梗が丘公民館の改修記念イベントに快く講演を引き受けていただきました。講堂には椅子を当初200席準備しましたが、結局50席増やし超満員の盛況でした。

 講演のテーマの『名張の里』は天武天皇の皇女「大来皇女(おおくのひめみこ)」ゆかりの地であり、白鳳時代とは深いかかわりのあるところです。また、薬師寺は天武天皇が後の持統天皇である鵜野讃良皇后(うののさらら皇后)の病気平癒を祈願し飛鳥の地に創建され、その後、平城遷都でいまの地に移されています。

 白鳳時代に関しての文献からの話を、興味深く面白く聞かせていただきました。話の中身はこのことが全体の約1/3、残りの2/3はその時代の出来事を今の社会情勢に照らし合わせて、私たちの日頃の生き方や考え方に対して、仏の道、お釈迦さんの教典から見てどのように生きていったらよいかの話しを、約2時間の講演で面白おかしく私たちを笑わせながら聞かせていただけました。
その中の数例を紹介しますと、
●勝つ者は恨みを受ける、負けるのは夜も眠られず、勝つと負けるを離れると安らかになる
●他人のよこしま(邪ま)を見るなかれ、彼が何をなさざるかを言うべからず、我が何をなすべきかを思うべし
●福は徳をもって招く。貪(どん・むさぼる)はよろずのものを欲しがる。貧(ひん・まずしい)はお金を分ける

 その他にも興味の尽きない話がたくさんありましたが、省略いたします。それにしても、偉いお坊さんという方は、当然ですが博識そのものですね。朝は4時に起床してお参りされるそうです。そして夜は早く就寝されるとか。忙しい毎日でこのような日課の中、いつ勉強されるのでしょうか。そして世間の雑学や他愛のない話題や情報もたくさんお持ちになっている。私にとっては、感心することしきりでした。

★これにて「公民館改修記念行事報告パート1~4」を終えます。この次に私たちが活躍しました、「裏方稼業・番外編(1)~(3)」を投稿いたします。引き続きご覧になってください。

081005yamadahouin_kouen1
【会場は超満員の講演会風景】

081005yamadahouin_kouen4
【山田法胤副住職の入場】

081005yamadahouin_kouen2
【演壇の山田法胤副住職】

081005yamadahouin_kouen5 081005yamadahouin_kouen6
左:【名張市長も駆けつけて開演前の挨拶】
右:【公民館長の開会挨拶】

|

« コーラス競演を楽しむ/公民館行事・パート3 | トップページ | 番外編/裏方稼業報告(1)・公民館行事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山田法胤薬師寺副住職の講演/公民館行事・パート4:

« コーラス競演を楽しむ/公民館行事・パート3 | トップページ | 番外編/裏方稼業報告(1)・公民館行事 »