« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月の13件の記事

2008年2月28日 (木)

携帯の機種変更しました

 2年余り使っていた携帯の機種変更をしました。今度の機種は優れもの。携帯会社はKDDI(au)で機種はカシオの「W53CA」という代物。昨年8月発売だったのが、半年経った今はなんと機種代金0円也で変更できた。有料の新機種はもっといいのだろうなと思いつつ、目移りするといけないので見向きもしませんでした。
 その優れモノの一端を紹介しますと、カメラ機能がいい。500万画素なので、通常のデジカメ並みの性能。また、使い方もモニター部分をぐるっと回して折りたたむと、デジカメと同じような使い方ができる。
 そんなことで、今使っている2つのデジカメ(1000万画素と500万画素)と共に、これからの撮影に大きく活用できると思っています

080228keitai1 新旧一緒に(左がお別れの旧機、右が新機)

080228keitai2 080228keitai3 モニター部をくるっと回して、モニターを前にして折りたたむ

080228keitai5 折りたたんだカメラ前面

080228keitai4 カメラ背面(モニターは2.8型で大きい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

障害者施設でパソコン教室

 今日は精神障害者授産施設でのパソコン教室のボランティア講師を行ってきました。この施設でのパソコン教室は毎月2回、開講していまして、私・水無月生がこの教室の指導を始めて3年余りになります。080227hibiki_pc_2 
 教室はこの施設に通所して生活指導相談やその他の各種相談を受けに来られます精神障害者の方の生活指導の一環として開設されています。
 受講される方はWordの入力が全くの初歩の段階の方とか、イラストを挿入して案内書を作成できるレベルの方まで巾広くありますが、指導は一人ひとりの操作技量に応じて個人指導するやり方で行っています。今日は3名の方に行いました。多い日は6名ほど集まることがあります。今日は3名でしたので、1人当たり2時間をじっくり勉強していただけました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

Excel研修会の講師やりました

 2/25(月)はSITAネット東海のExcel・IF関数の研修会で2008年の始まりの日でした。この研修会はパソコンインストラクターばかりが集まって、お互いの技量向上と親交を図る為に開いている研修会です。この研修会は、インストラクター各人のそれぞれの得意分野を担当するのですが、このExcel研修会は私・水無月生が担当していまして、今まで数カ月に1回の開催をしてきましたが今回で7回目になりました。
 今日の研修会は名古屋地区のパソコン講師の方々を対象として開催していまして「愛知県生涯学習情報センター内のパソコン研修ルーム」を借りて行いました。

 このIF関数研修会はシリーズで行っていまして、今回は第7回目になります。Excelと言いましても操作を勉強する幅は大変広いのですが、今やっていますのは「IF関数を使っていろんなデータ処理をしよう」というテーマーで、シリーズ講座でやっています。あと2回ほどで一段落する予定です。
  Excelは馴染みの少ない方もたくさんおられることでしょうが日常生活に結びつけて使いますと、結構、用途はいろいろあるのですよ。そのへんのところはまた追い追いに書きます

(名古屋地区のパソコンインストラクターの方々。IF関数操作で画面とにらめっこです )
080225snt_kenshukai

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

確定申告の提出しました

 本日、確定申告の提出をしてきました。ここ数年は、国税庁のWebsiteで提出資料を作って、申告会場へ持っていっていますので、待つことなくすんなり受理してもらっています。今年も同じようにしました。このやり方でしたら計算間違いないということでしょうか、ノーチェックで受理されているように思います。
 今年の分は昨秋に病気入院しました関係で医療控除がたくさんありましたので、還付金もそれなりに戻ってきます。なんだか得したように気分です。
 来年からはe-taxを使っての申告にしたいと思っています。最大で5000円の税額控除がありますので、住基カードをもらう費用がこれで埋め合わせできそうです

080221taxpaper 080221taxbox (提出して受理印をもらった申告書) (申告書収受箱)

080221taxroom  左手奥の申告相談室に入りきれなくて、ロビーまではみ出て並んでいる申告者(待ち時間の長い1日仕事になりそうな雰囲気でした・・・お気の毒!!!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

わが家の庭にも春は間近か

 わが家の庭にも春が間近になってきました。寒かった冬の冷たい土の中から水仙の芽が頭を出てきました。毎年3月末ごろから咲き始め、4月の初めには満開になります。水仙も種類があって早く咲くのと遅いのがりますが、わが家のは何という種類か知りません。あと1ヶ月余りほどで、庭のあちこちに咲き乱れて楽しませてくれます。
 そんな中、白梅はまだしっかりと瞼を閉じて、眠ったままの振りをしています。この子ももう少しでしょうね
080225suisen1 080225suisen2 土の中から可愛く芽を出した水仙

080225suisen3_2 昨年4月初めの満開の水仙(この種類ご存じの方は教えてください)


080225ume まだ眠った振りしている白梅

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

蘇民祭騒動関連/三重発版

 今週初めからマスコミで騒ぎ出した、岩手県水沢市の黒石寺「蘇民祭」について、関連することを書かせていただきます。
 岩手県のこの祭り、1000年ほど前からの伝統行事とか、たかが男の裸でこのような騒ぎになるとは、時代も変わったということか、それとも融通がきかなくなった世の中というべきですかね。

 話は、そのことを議論するつもりはありません。この「蘇民祭」の発祥について触れてみたいと思います。「蘇民祭」とは「蘇民将来子孫護符」を持つことで災厄を免れるという信仰から来たことですが、この護符の起こりは三重・伊勢なのです。
このことの言い伝えはホームページ「シニア青年・水無月生」内の「万葉の会・歩き録」/「伊勢の海・答志」ページに記していますが、ここより関連部分を抜粋して、以下に転記いたします。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
答志島まちなかを散策。独特の狭い道筋を歩いて島の風物、情景を見て回った。家々の入口には「蘇民将来子孫家門」の護符のしめ縄が飾られ、また、壁や入り口、船等いたるところに墨で「まるはち」の神紋が書かれているのが興味深い。
【蘇民将来子孫家門】その昔、素盞嗚命(すさのおのみこと)が伊勢の地に旅したとき、貧しい暮らしをしている蘇民の家で一夜の宿の恩を受けた。翌日の出立の時に「後の世に疫病あらば、汝、蘇民将来の子孫と云いて、茅の輪(ちのわ・茅やわらを束ねて作った大きな輪)を以ちて腰に付けたる人は免れなむ」と言って去った。こうしたことからか伊勢では「蘇民将来子孫」と書いた注連縄(しめなわ)を飾ると家中に邪霊が入らないということのようです。
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = =
というようなことで、「蘇民将来子孫」の護符は2000年以上の昔の話が今に至るまで伝わっていることで、その伝統的なものにはそれなりの意味合いがあるということを考えてみたいですね。

このことの起こりにつきまして別の見解をお持ちの方がおられましたら、教えていただけますでしょうか。よろしくお願いいたします。

(伊勢・答志島の家々の入口に飾られている「蘇民将来子孫」護符のしめ縄 )
080215somin_gohu
080215somin_gohumaruhachi

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年2月14日 (木)

シニア青年・水無月生ホームページ追加更新(万葉の会・歩き録ページ)

 シニア青年・水無月生ホームページの「万葉の会・歩き録」ページの追加更新をしました。昨年9月例会で「近江・蒲生野」を訪ねて勉強しました記録です。半年近くの遅れでの掲載になってしまいました。
 昨秋は水無月生の体調異変で秋から冬にかけての更新が途絶えていましたが、今年になって順次作業を進めてきています。遅ればせながら、この後も時間の取れる範囲で少しずつ進めていきたいと思っています。
 今回の更新内容の概要と写真の一部を下記します。面白いのは近江商人屋敷で展示のあった「妻女心得條」なるものです。ご覧ください。ご覧になられた方はいかがお感じになりますか
 興味を持たれた方で、その他の詳しいことにつきましては、最下行のページリンクよりお進みください

また、いつもホームページをご覧いただいています方は、どんな進行状況かをこれからも時々覗いてみてください。よろしくお願いいたします

(今回の更新しましたページの概要)
五個荘・近江商人屋敷の見学、市神神社/額田王万葉歌、船岡山・万葉の森/額田王万葉歌・大海人皇子万葉歌、山部神社/赤人万葉歌を学んで歩くでした

(HP掲載写真の一部紹介)

080214oumishouninmachi 080214oumishouninmachi_tonomurahous(五個荘/近江商人屋敷まち)  (近江商人/外村宇兵衛邸)

080214oumishouninyasiki_saijokokoro (近江商人/外村繁邸展示の「妻女心得條」)
・この時代の商家の奥方は、日々の事柄が厳しかったのですね。しかし、この心掛けは、今の時代でも通じることがありますですね

080214nukatanoookimi 080214nukatanoookimi_kahi (市神神社/額田王立像)    (額田王万葉歌碑)

080214gamouno_relief 080214gamouno_kahi (蒲生野/薬猟を描いた陶板レリーフ)(額田王・大海人皇子万葉歌碑)

080214gamouno_murasaki 080214gamouno_akane (万葉歌で詠われた「むらさき草」と「あかね草」

今回更新しましたページへは次よりお進みください)
「万葉の会・歩き録/近江・蒲生野」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

名張の八日戎/賑わい報告

 2月7日、8日は名張の蛭子(えびす)神社・八日戎でした。戎さんの福を授かって商売繁盛・家内安全を祈る参拝者でにぎわいました
 水無月生は宵宮と本宮の2日間の戎さんの風景を追って歩きました。2/8の本宮の今日は「千人鍋」といって千人の方に「ハマグリ入りの粕汁」を振る舞っていました。水無月生も列に並んでいただきましたが、既に1000人を過ぎた頃でしたので、ハマグリなし、具は少しだけでしたが、ネギは入れていただきました。 このネギが『残り福』というものでしょうか、きっといいことがあると思っています
 沿道には屋台が賑わっていました。名物の蛤を買い求める人が跡を絶ちませんでした。なぜ山国の名張に「ハマグリ」かといいますのは、その昔は「海の幸」と「山の幸」の交換が「八日戎」だったということらしいです

(えびっすさんの賑わい風景をご覧ください)
  
・・・写真はクリックで拡大します
080208ebisu_jinja (名張の蛭子神社)

080208ebisu_maturiposter 080208ebisu_sanpai
(八日戎ポスター)           (戎さんにお参りの列)

080208ebisu_hukusasa1 080208ebisu_hukusasa2
(福笹)                 (福笹売り場)

080208ebisu_kodomo2 ( お母さんに買ってもらって/沿道の子供)

080208ebisu_kodomo3 080208ebisu_kodomo1
(3人そろってお参り)         (何が面白いのか)

080208ebisu_yatai 080208ebisu_hamaguriuri
(賑わう沿道の屋台 )         (ハマグリ売り)

080208ebisu_yakihamaguri 080208ebisu_yokan
(良い匂いが立ち込める焼きハマグリ) (老舗の水羊羹を買う列)

080208ebisu_kasujiru1(千人鍋の「ハマグリ入り粕汁」に並ぶ参拝者)

080208ebisu_kasujiru3_2  080208ebisu_kasujiru2
(粕汁で温まりました)   (水無月生がいただいたハマグリなし粕汁)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

「万葉の会」/桔梗が丘公民館サークル活動

 今日は桔梗が丘公民館サークル活動の「万葉の会」2月例会でした。毎年1~3月は公民館長から万葉の時代の講座を聴講します
 今年のテーマは「持統天皇の世界」と題して勉強しています。天武天皇の妃であって天武の死後「持統天皇」として即位。古代史上の重大事件が勃発する時代であり、藤原京造営という偉業を成し遂げ数々の業績を残した女帝の生涯を、万葉集に詠われた歌から時代背景を考察する講座です
 4月からは野外講座になります。各地の「万葉歌碑」を訪ね歩いて万葉の世界を味わっています。サークルメンバー80名は興味深く、楽しく面白く勉強しています
(「万葉の会」の訪ね歩いた活動記録は、ホームページ「シニア青年・水無月生」/『万葉の会』からご覧いただけます)

(万葉の会2月例会)
080207manyonokai

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

いまどき「トラック野郎」

 いまどきの「トラック野郎」を見かけました。トラック野郎が流行していたのは久しいことで、最近はほとんど見かけなくなりました。そんな折、日課のウオーキングをしているときに住宅地の片隅の駐車場に、こんなトラック野郎を見つけました。空車状態でしたから、多分、何かの用事で来たのだろうと思います
 ぴかぴかに飾った運転席まわり、荷台に描かれた豪壮な不動明王、お金もかかっていることでしょう。ほほえましく、楽しいい雰囲気の光景をご覧ください
 勝手に写真撮影しましたこと、お詫びします。また、Blogに掲載したことも、どうかご勘弁のほどお願いします

(いまどきの「トラック野郎」)
080205truck_guy1_2 
080205truck_guy2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

無残にも

今朝、起きると世間は真っ白。今年2回目の雪景色でした。雪国の人には何だそれぐらいと言われますね。我が家の庭の木々は真っ白の綿帽子です。
 そんな中で、庭の片隅のゴルフ練習ネットは無残な姿になりました。べた雪の重みに耐えかねて『あぁ~っしんど!!』といっているようです

080203snow_morning1(無残な姿の ゴルフ練習ネット)

080203snow_morning2 080203snow_morning3
(綿帽子の庭木)           (街中の雪屋根)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

わが家のお嬢さん/10歳になります

 わが家のお嬢さん、実は猫です。今年、10歳を迎えます。名前は「はるひ(春日・はるちゃん)」です。人間で言えば年寄に相当する年令ですが、私たち家族にとりましてはまだまだ可愛いペットです。
 猫でも長く一緒に住んでいますと、人間の言葉の意味が理解できるのですね。自分の名前はしっかりとわかっていて、呼ぶと返事をします。
 また、毎朝、庭を散歩したいといってきます。そのときに「散歩に行くか?」と問いかけますと、急いでガラス戸の方へ走っていってロックを外すのを待ちます。はるちゃんが外に出た後は、一旦ガラス戸はロックをせずに閉めますが、帰ってきたときは自分で開けて部屋に入ってきます。上手に足を突っ張って2本の腕でガラス戸を引っ張って開きます。

【10歳になる「はるちゃん」です】
080202haru10sai_1 080202haru10sai_2

それからHP「シニア青年・水無月生」に、「はるちゃん」のページを設けてほんの少しですが書いています。どうぞご覧ください
(「はるちゃん」へはこちらから)
http://homepage2.nifty.com/kys/kys.wagaya_haru.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

シニア青年・水無月生ホームページ/定期更新

 「シニア青年・水無月生」HPの定期更新をしました。今まで滞っていた記事をこれから一つ一つずつ、気を入れて追記・増ページ等の更新を進めていきたいと思っています
 今回のものは、次のページの更新を行いました
(1)『水無月生のパソコンライフ』に『2007年(2)編』を追記更新
(2)『桔梗が丘囲碁同好会』に『定期大会/2007年秋季大会写真』を追記更新

 どうぞご覧になって下さい。お立ち寄りをお待ちしています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »