« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月の7件の記事

2007年8月25日 (土)

新車購入契約

  070825crown_2 本日、新車の購入契約をしました。いままで乗っている車はクラウンですが、満11年になります。車はまだまだ乗れる状態ですが、このあとの10年を考えますと、年齢的には今回が車購入の最後の機会と思って実行することにしました。
       (写真は今まで乗っていた車です)
 新しく購入する車はマークXにしました。1ヶ月先になるそうです。9月の末か10月の初めにまたこのブログページで紹介できると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

市民夏期大学第4回目講座

 桔梗丘公民館・市民夏期大学第4回目の講座は8/24(金)13:30~15:30に開催でした。講座のテーマは「テレビ技術の誕生からデジタル放送の時代まで」。
講師:元読売テレビ・放送技術局長 神島 治美氏。
講座参加者:80名
講座の内容は、
・まず通信とはどのように始まったかということで、原始的なものとしての「狼煙(のろし)による通信」、18世紀にナポレオンが活用した「腕木通信」、19世紀になって考案された「モールス通信」などの説明。
・電波の発見から人工衛星を使った現在までに至る放送通信の過程。
・そして、現在日本が進めている「デジタルテレビ放送」が衛星を使った放送から、地上デジタル放送に発展してきた過程。世界のデジタル放送の規格の比較。更に、日本独特の地上デジタルの仕組みと、ワンセグについて。
・これらの進歩によって私達がデジタル放送からどのような恩恵を受けることになるか。

 というようなことを極めてわかりやすく講義していただけました。一般の方にはチョット難しい内容のものもほんの少しはありましたが、時代の先端技術が私たちの生活にどのように便利さをもたらせてくれているかを知っていただけたと思います。熱心に記録をとる方もおられる中、全員の方が講師の話と前面に映し出されるパワーポイント画像に釘付けの1時間30分でした。
 講座終了後は身近な疑問や知りたいことの質問がいくつかなされ、大変盛り上がりのある講座でした。

 実は、今回の講師の神島氏は私・水無月生の大学時代の友人です。そんな関係で、今年の夏期大学の講座の一つを受け持っていただくことをお願いしたという経緯です。本当に、素晴らしい講座で、今年の夏期大学を締めくくれましたことに大きく満足しています。
講師の神島氏には改めてお礼申し上げます。
 また、講座には同じ大学時代の友人二人も聴講に駆けつけてくれました。終わった後は、久しぶりの同期の会を行ったのは勿論です。よもやま話であっという間に時間が過ぎてしまいました。
(以下の講座の写真をご覧ください)
070824_s_colege_1
(公民館玄関の講座案内)

070824_s_colege_2 (講座の開始)

070824_s_colege_3 (講師の神島治美氏)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月19日 (日)

桔梗が丘夏祭り

 昨日8/18(土)は桔梗が丘夏祭りでした。この日は夕方までゴルフでしたが、夜になってから夏祭り会場へ行ってきました。地区の方々、子供たちがたくさん集まって楽しく騒いでいました。いくつかの写真をご覧ください。
070818s_festival_1 (夜店の前は人だかり)

070818s_festival_2 (呼び込みのうどん屋さん)

070818s_festival_3 (おでんやさん)

070818s_festival_4 (ゲーム代100円です)

070818s_festival_5 (メインイベントの盆踊り)

070818s_festival_6 (ちびっ子も見よう見まね)

070818s_festival_poster

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月18日 (土)

3ヶ月ぶりのゴルフ

 酷暑の今日は名張カントリークラブで「新友会ゴルフ例会」の日でした。このところゴルフに出かける機会がめっきりと少なくなってしまっています。実は、5月に一度「新友会例会」でラウンドしたきりでした。6月も例会でラウンドしましたが大雨でハーフで切り上げの不完全ラウンド、7月は台風で中止。結果的に3ヶ月ぶりのゴルフになってしまいました。
 一週間ほど前から、こんな状態では満足なプレーが出来ないと思い、チョット練習ということで、1日おきに練習場に通いました。
 今日は、スタートのティーショットは緊張の中でまずまずのショット。しかし、1番ホール(パー5)はダボのスコア。チョットいやなムードで始まりました。2番ホール(パー4)はボギー。3番(パー3)はパートなりました。
 その後の調子は上向。上がってみればOUTは41でした。今日は80台が期待できそうでした。午後のINは45。トータル86のラウンドとなりました。久しぶりの80台で、今年度では初めてになります。満足の一日になりました。1週間、練習場に通った成果もあったということでしょうか。そんな単純なことではないと思いますが、まあそのようにしておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月15日 (水)

ゴルフ練習場/お盆はガラ空き

 久しぶりのゴルフ練習でした。世間はお盆休みの真っ最中ですので、皆さんあちこちに出かけたのでしょう、ゴルフ練習場はガラ空きの状態でした。
 今週の土曜日に久しぶりのラウンドをしますので、チョットばかり練習しないと思って出かけました。結果、写真のようにボックスはほとんど人はなしでした。
070815dorivingrange

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 5日 (日)

名張市民囲碁大会開催

 毎年行っています「名張市民囲碁大会」を、今年も8/5(日)に桔梗が丘公民館で開催しました。名張市内の公民館でサークル活動をしています「囲碁サークル」が集まって行っている大会です。この囲碁大会は今年で22回目になります。私・水無月生は桔梗が丘公民館で「桔梗が丘囲碁同好会」に所属しています。桔梗が丘囲碁同好会は大会事務局を担当していますので、今年もこの大会の裏方を引き受けています。他の公民館サークルの方々もたくさん手伝っていただけますので、皆さんで協力して今年も無事終了できました。
 今年の大会には61名の参加を得まして、四段以上の「高段者グループ」が3リーグ、「二・三段グループ」が4リーグ、「初段・級位グループ」が4リーグで、それぞれのグループ内で予選リーグ戦を4局の対局を行います。予選を勝ち上がったそれぞれのグループのリーグ1位者で、次に決勝トーナメントを行います。
 今年も1名の少年棋士が参加してくれました、見事、「初段・級位グループ」で4位を獲得しています。
 大会は、朝8:45から受付。9:30より大会開始、17:00過ぎに全てを終了しました。結果は次のようにしています。
 ・高段者グループ:優勝者には優勝カップと副賞、準優勝者、3位には副賞
 ・二・三段グループ:優勝者には優勝カップと副賞、準優勝者、3位、4位には副賞
 ・初段・級位グループ:優勝者には優勝カップと副賞、準優勝者、3位、4位には副賞
     (少年棋士はこのグループで4位、健闘をたたえて努力賞も獲得でした)

 囲碁を楽しんでおられる名張市の公民館サークルの皆さんは、1日をたっぷりと過ごしていただきました。来年もまた、同じ時期に開催する予定です。今年同様多くの方々の参加を期待しています。
・毎年の囲碁大会の状況はホームページ「シニア青年・水無月生」内にある『桔梗が丘囲碁同好会』ページに掲載していますので、こちらもご覧ください。
(名張市民囲碁大会会場風景)
070805siminigo1 (大会全景)

070805siminigo2 (おじいさんを相手に少年棋士の奮闘)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月 3日 (金)

市民夏期大学第3回目講座

 桔梗丘公民館・市民夏期大学の第3回目の講座が8/3(金)開講しました。今日の講座は「豊なシニアライフを求めて-私の介護体験から」という演題で、細見 三英子氏(元産経新聞大阪本社編集委員)が講演していただきました。
 細見三英子さんは産経新聞で文化部編集員、経済部編集委員等を歴任。また、大阪市男女共同参画懇話会委員、文化庁国語審議会委員、関西大学講師、武庫川女子大講師等の公職を歴任。著書は、「20世紀特派員」、「明日を切り開く女たち」その他食生活や家族、親子、女性等に関する出版をたくさんされています。また、新作著書の紹介もありました《「中国女性担保」(新潮社より出版)¥1,300》
 今日の講座は、講師が自身の両親の介護に関わった経験よりの話でした。1990年父親が脳出血で左半身麻痺。以後8年間の介護。病院の対応の悪さ、家族の協力の大切さ等の話。教訓として、倒れないようにするには毎日血圧測定と記録をしてトレンドを把握しておくことが大切と。
 そして次は2002年頃から母親が認知症になり始めたこと。そして症状は次第に進行して、数年前からは連日の幻想と幻聴が激しくなってきたこと。家族とのいさかい、深夜の電話、徘徊に悩まされる日々が続いていること。このような母親をいろんな手を尽くしながら介護を行っている苦労話や得た知識を一つ一つ紹介していただいてきました。
 この話に中でも大切なことは「プロの目で見てくれる優秀なケアマネージャー」に恵まれることであるということでした。

 聴衆しているものはそれぞれ大なり小なり介護に縁がある年代ばかりです。聞くこと一つ一つが他人事と思って聞くことが出来ないものばかりでした。わが身に置き換えて自身が当事者になって介護をする立場になるのが現実でもありますが、他方、介護を受ける立場にも必ずなっていくことも間違いないわけです。今日の話をいい教訓にいざという備えを怠らないようにしたいと思いました。
(講座風景の写真です)
070803_summercolege

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »