« 帯解寺で安産祈願 | トップページ | 夏の花がたくさん咲きました »

2007年7月 5日 (木)

万葉の会例会/伊勢の海・答志島

 万葉の会7月例会(7/5・木)は「伊勢の海~答志島~」でした。天候に全くツキのある日になりました。前日までは雨、この日は朝からすっきりと晴れ上がった梅雨の晴れ間の日、そしてこの日の翌日からはまた雨、という予報になっています。
 桔梗が丘8:00発の電車に乗り、伊賀神戸で特急に乗換、鳥羽着9:08。鳥羽港から貸切フェリーに乗船、答志島・和具港9:38着。本日の参加者53名。
 島での学習は、九鬼嘉隆に関する遺跡、人麻呂の歌碑、西行の歌碑、八幡神社等を歩きました。また、歩きながら答志島の人情、風習に触れることが出来ました。

 昼食は答志港の前の「定洋」という宿でみんな揃っての食事でした。食後、NHKが6/17に1時間のドキュメンタリ放送をしました「特集・里海の四季」のビデオを観賞。NHKがこの宿に何日間も泊まって答志島の1年を撮影したものでした。
午後は、島の中の細い道の集落を散策して答志港から帰途に着きました。
・詳しくはしばらく後になりますが、ホームページ「シニア青年・水無月生」の「万葉の会・歩き録」に記載します。
【答志島のスナップ】
0705kubiduka (九鬼嘉隆の首を埋めた首塚)

0705amagoya (海人〈あま〉小屋)

0705ama_1  (元は海人〈あま〉だったという老人たち)
・・・答志島では昔から男も海人として海に潜っているとのこと。そういうことで海女
〈あま〉ではなく海人〈あま〉という。

0705maruhachi (まる八)
八幡神社の神事でもらった墨で魔よけとして家々のいたるところに書かれている

0705takotubo (たこつぼ)海岸に干してありました
 

|

« 帯解寺で安産祈願 | トップページ | 夏の花がたくさん咲きました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 万葉の会例会/伊勢の海・答志島:

« 帯解寺で安産祈願 | トップページ | 夏の花がたくさん咲きました »