« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月の10件の記事

2007年7月30日 (月)

鳥羽水族館で童心に戻って

 7月の末近く、鳥羽水族館へ妻と行ってきました。水族館に行くのは何年振りになるでしょうか、チョット思い出せないぐらいになります。名張から車で出かけて、約2時間。鳥羽駅前で昼食をとってから12:30頃に入場しました。夏休みなので、子供連れの家族で満員の館内でした。
 13:00から「アシカショー/ライブパーフォーマンス』が始まるとのことでしたので、まず最初にパーフォーマンススタジオへ向かいました。開演の30分前でしたのに観覧席は2/3ほど埋まっています。人気の程が推し量れます。中ほどより少し後の席に座って時間を待つことにしました。どんどん観衆は増えてきて開演時間間近になると、座り席の後ろにある立ち席まで一杯になって、私たちの横の通路にも溢れてきます。
 いよいよ開演。かわいいアシカが調教師のお姉さんと一緒に登場。しぐさがななんとも可愛いです。たる乗り、輪くぐり、ジャンプ、挨拶その他いろんなパーフォーマンスを楽しませてくれました。することすることに爆笑と大喝采の時間でした。
 その次は、13:30より「セイウチ/パーフォーマンス笑」。急いで館内を移動してショーのところに行きましたが、既にいす席は満席。人垣の後の方からの観覧になりました。アシカと違って動作は鈍いですが、一生懸命に調教師のお兄さんの言うことを聞いてやっているのがいじらしいです。
 2つのショーを観覧後、たくさんある水槽を見い歩いて、本日の童心に戻って楽しんだ水族館の一日が終わりました。
・こちらから鳥羽水族館へリンクします
(たくさん写真を撮りました。全てを掲載できませんがいくつかをご覧ください)
  ・・・クリックして拡大して下さい/全部で16枚あります
0730tobasuizokukan_01 0730tobasuizokukan_02
(鳥羽水族館)      (水族館/大水槽)

0730tobasuizokukan_03 0730tobasuizokukan_04_2
(アシカショー/たる乗り)  (アシカショー/演技を終えて挨拶)

0730tobasuizokukan_05 0730tobasuizokukan_06
(アシカショー/輪くぐり)  (アシカショー/水中ジャンプ)

0730tobasuizokukan_07 0730tobasuizokukan_08
(セイウチショー/ミルクのみ) (ペンギン)

0730tobasuizokukan_09 0730tobasuizokukan_10
(ジュゴン)    (亀が一生懸命泳いでいる)

0730tobasuizokukan_11 0730tobasuizokukan_12_2
(スナメリ)    (グロテスクなコブダイ)

0730tobasuizokukan_13 0730tobasuizokukan_14
(熱帯魚/名前不明)  (熱帯魚/クマノミ)

0730tobasuizokukan_15 0730tobasuizokukan_16
(左:ブルージェリー/ユーモアな動きのくらげ)

(右:ゴマアザラシ/水中で逆さまになってカメラに急接近してきて直近でUターンして向うへ行った。遊びながら楽しんでいるような動きをする)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

中学・高校の同期会「三三会」

 7/22(日)13:00より天理中学・高校の同期会「三三会」を三輪神社ニノ鳥居前にある「福神堂」2階座敷で開催されました。昭和30年天理中学卒、昭和33年天理高校卒の仲間です。毎年この時期に集まって食事をして楽しく語り合います。会ってガヤガヤ喋るだけ、ただそれだけです。でも、少年少女時代のことを思い出しての話題や、今の健康状態とか、家族や孫のことなど等限られた時間では話は尽きることがありません。それが昔の仲間の集まりでしょうか。今年は20名が集まりました。
 一次会は3時間をかけて食事をしてから、そのあと、三輪神社を参拝しました。その後はお決まりのコース、カラオケで二次会です。夜の8時までそれぞれ皆さんご自慢の歌ののどくらべでした。
 家には21時過ぎに帰ってきましたが、騒ぎすぎて、歌いすぎて、喋りすぎて・・・、で声がかれていました。まあ、そんなものでしょうね。
(三三会の写真3枚です)
0722_33kai_1_1 (まずは一次会の食事)

0722_33kai_2_1 (三輪神社参拝)

0722_33kai_3_1 (二次会のカラオケルーム)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月19日 (木)

まちづくり委員会HP整備完了して引渡し

 4月中頃に受託した「桔梗が丘まちづくり委員会HP」は、5月連休から順次既存システムの再構築を行いながら整備を進めてきたが、7月初めにほぼ引渡しのできる段階に達した。今日7/19(木)公民館事務局のHP担当者に終日をかけて引渡し作業と、IBMホームページビルダーの操作実習を行った。
 今日は、基本的な操作実習とページ更新のいくつかの実例を行ったのみなので、今後も継続してのフォローは必要と思っている。何はともあれ、一つの大きな課題が一段落したので肩の荷が下りた感じを持っている。
(「桔梗が丘まちづくり委員会」ホームページは次からご覧になって下さい)
『いいまち桔梗が丘』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

なつきの「櫻の会ししゅう展」/ホームページにアップしました

 6月に開催しました、なつきの「櫻の会ししゅう展・時の記念日に」を、ホームページにアップしました。
 今年の時の記念日に合わせて2年前から計画を立てて作品作りに励んできました櫻の会の会員の皆さんの晴れの発表会でした。刺繍は時計の文字盤に刺しています。色とりどりの刺繍と時計が21点勢揃いでした。
 刺繍に興味のある方は次からどうぞご覧ください。
なつきの刺繍
展示会20007(時計刺繍展)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月14日 (土)

大型台風でゴルフは中止

 7/14(土)大型で強い勢力の台風4号が九州から日本列島を縦断して襲来となった。この日は毎月楽しんでいる「新友会・ゴルフコンペ」の例会日だった。先月は雨でハーフでやめて、今月は台風で中止。2ヶ月連続で不運なことになってしまっている。
  明日・7/15(日)は、橿考研・友史会の7月例会で、京都の田辺市から八幡市にかけての古墳を散策することになっていたが、多分、例会も中止だと思うのでこれも止めにしようと思っている。
 これで丸々2日間の予定が狂ってしまったが、それはそれでやることが一杯あるので時間をもてあますことなく過せると思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月13日 (金)

2007年市民夏期大学第1回目

 桔梗丘公民館の2007年市民夏期大学第1回目の講座が本日開講。今日の講座は同じ桔梗丘に在住されていますソプラノ歌手・波多野みち子さんの「ドイツ民謡について」という演題でした。
 波多野みち子さんはウイーン国立音楽大学、ドイツデトモルト国立音楽大学留学。ヨーロッパ各地で多くのコンサート出演、音楽学校講師、コンクール審査員として活躍された方です。
 講演は、「ドイツ民謡」を通じてドイツの季節の移り変わりと四季折々の人々の生活の姿、習慣のお話とそれに密接の結びついている民謡を歌っていただきました。また、子供たちへの家庭教育や学校の情景、働く人の社会システムのお話とその中で歌われる民謡も歌っていただきました。民謡を通じてドイツの人々の生活が大変よくわかり、ドイツ文化に触れることができるひと時でした。
 また、聞かせてもらったドイツ民謡の中に、私たち日本人が子供の頃から歌っている唱歌のいくつかがドイツ民謡だったという新発見をしました。
(ドイツ民謡だった日本の唱歌)
・蝶々・・・ちょうちょう ちょうちょう 菜の葉にとまれ なのはにあいたら 桜にとまれ ~
・霞か雲か・・・霞か雲か はた雪か とばかり匂うその花ざかり 百鳥さえも歌うなり
・夜汽車・・・いつもいつも通る夜汽車 静かなひびき聴けば 遠い町を思い出す ~
 この中の「霞か雲か」は明治16年小学唱歌第1号だそうです。

 この後の市民夏期大学講座は次の予定になっています
・7/20(金) 「黒田の悪党」 黒田荘史跡顕彰会 森本弘一氏
・8/3(金)  「介護報告・母と私の5年間」 ジャーナリスト 細身三英子氏
・8/23(金) 「テレビ技術の誕生からデジタル放送の時代まで」 元読売テレビ 神島治美氏

(本日の夏期大学の講座風景写真)
070713summercollege1
【波多野みち子氏の講演】
会場はぎっしり満員でした

070713summercollege2 【ドイツ民謡を歌う波多野みち子氏】
美しいソプラノで歌っていただいています

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年7月 9日 (月)

夏の花がたくさん咲きました

 我が家の庭に夏の花がたくさん咲きました。朝から涼しい日でした。庭に出てチョット撮影しました。夏空に向かってさわやかに咲いている花たちから元気を一杯もらった感じでした。一緒にご覧ください
0709kuchinasi 【くちなし】

0709rudobekia_1 【大輪のルドベキア】

0709rudobekia_2 【小さいルドベキア】

0709impatiens_1 【八重のインパチエンス〈赤〉】

0709impatiens_2 【八重のインパチエンス〈白〉】

0709largelingdaisy 【ラージリングデージー】

0709cherryseiji 【チェリーセイジ】

0709pechinia_1 【ペチニア〈ピンク〉】

0709pechinia_2 【ペチニア〈紫〉】

0709pechinia_3 【ペチニア〈赤〉】

0709ageratamu_1 【アゲラタム〈あか〉】

0709ageratamu_2 【アゲラタム〈むらさき〉】

0709gibosi 【ギボシ】蟻が蜜を吸いにきています

0709rantana 【ランタナ】

0709marrygold 【マリーゴールド】

0709salvia 【サルビア】

0709gazania 【ガザニア】

0709koebiso 【コエビ草】

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

万葉の会例会/伊勢の海・答志島

 万葉の会7月例会(7/5・木)は「伊勢の海~答志島~」でした。天候に全くツキのある日になりました。前日までは雨、この日は朝からすっきりと晴れ上がった梅雨の晴れ間の日、そしてこの日の翌日からはまた雨、という予報になっています。
 桔梗が丘8:00発の電車に乗り、伊賀神戸で特急に乗換、鳥羽着9:08。鳥羽港から貸切フェリーに乗船、答志島・和具港9:38着。本日の参加者53名。
 島での学習は、九鬼嘉隆に関する遺跡、人麻呂の歌碑、西行の歌碑、八幡神社等を歩きました。また、歩きながら答志島の人情、風習に触れることが出来ました。

 昼食は答志港の前の「定洋」という宿でみんな揃っての食事でした。食後、NHKが6/17に1時間のドキュメンタリ放送をしました「特集・里海の四季」のビデオを観賞。NHKがこの宿に何日間も泊まって答志島の1年を撮影したものでした。
午後は、島の中の細い道の集落を散策して答志港から帰途に着きました。
・詳しくはしばらく後になりますが、ホームページ「シニア青年・水無月生」の「万葉の会・歩き録」に記載します。
【答志島のスナップ】
0705kubiduka (九鬼嘉隆の首を埋めた首塚)

0705amagoya (海人〈あま〉小屋)

0705ama_1  (元は海人〈あま〉だったという老人たち)
・・・答志島では昔から男も海人として海に潜っているとのこと。そういうことで海女
〈あま〉ではなく海人〈あま〉という。

0705maruhachi (まる八)
八幡神社の神事でもらった墨で魔よけとして家々のいたるところに書かれている

0705takotubo (たこつぼ)海岸に干してありました
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

帯解寺で安産祈願

 娘の懐妊に当たって「帯解寺」で安産の祈願をしてきました。我が家にとっての初孫です。出産予定は12月17日ですが、昔から妊婦は安産のために5ヶ月目の犬の日にお腹を冷やさないように腹帯を巻くことにしています。
 奈良・平城京の南端にある帯解には「本尊帯解子安地蔵菩薩」をお祀りする「子安山・帯解寺」があります。このお寺は、今から1000年ほど前の昔に、55代文徳天皇の皇后が帯解子安地蔵菩薩に懐妊祈願されてお生まれになったのが清和天皇といわれています。それ以来、帯解寺と勅命されたとのことです。
 徳川時代にも将軍家の祈願にて、めでたく第4代家綱公を安産されたこととか、都の公家衆の祈願も多くあるとのことです。
 現在でも、美智子皇后陛下のご懐妊をはじめ、雅子妃殿下、秋篠宮紀子妃殿下の安産法要はこの帯解寺にて執り行われています。

 この日は、朝から家を出発しまして、10時過ぎにお寺に到着。持って行った「さらしの腹帯」を仏前に置いて祈祷をしていただきました。ちょうど若い夫婦が2人目の出産ということで来ておられて、私たち老夫婦と二組の祈祷でした。帰宅後、妻はその帯をさっそく横浜の娘宅に送りました。7月15日の犬の日に巻く始めることにしています。
0702obitokedera

「帯解寺」へのリンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

水無月生ホームページ7月更新

 シニア青年・水無月生ホームページの7月更新をしました。概ね、月1回の更新を行うことを基本に取り組んでいます。
7月更新は、「西国三十三ヶ所の旅」ページの「お気に入り西国PhotoAlbum」の中に『善峰寺』を追加しました。
それぞれのページへは次よりご覧ください
「シニア青年・水無月生」
・今回追加しました「善峰寺」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »